アパレル業界の志望動機の書き方|未経験でもOK!履歴書に書ける例文

「アパレル業界ではたらきたいけれど、志望動機をどう書けば良いかわからない」と悩んでいませんか?特に業界未経験の場合は上手く書けずに苦しんでいる人も多いのではないでしょうか。たとえ未経験であったとしても、洋服が好きな気持ちや、仕事で活かせる経験・スキルなどをアピールすることで、採用される可能性はアップします。今回はアパレル業界経験者と未経験者それぞれの場合について、採用されやすい志望動機の書き方を例文付きでご紹介します。

受かる志望動機のポイントとは?

志望動機の書き方にはコツがあり、書く内容や順番を工夫すると相手に伝わりやすくなります。まずはアパレル業界経験者・未経験者にかかわらず、志望動機を書く際に押さえておいたほうが良い基本的なポイントを知っておきましょう。

●志望ブランドが欲しがっている人材の把握

自分が志望するアパレルブランドがどのような人材を欲しがっているのか、きちんと把握しましょう。志望動機を考えるうえで、Webサイトの求人情報などをチェックし、ブランドコンセプトや求める人材像について知っておくことは欠かせません。企業によって「チャレンジ精神のある人に来てほしい」「コミュニケーションをしっかり取れる人に来てほしい」など、求める人物像は異なります。
 
また、「ブランドが好き」という思いだけではなく、「ブランドの未来を一緒につくりたい」と伝えることも大切です。ブランドの将来的なビジョンをリサーチし、「自分が携わり、さらに良い方向へ一緒に変えていきたい」という積極的な姿勢をアピールしましょう。

●「結論」を先に伝える

志望動機を書く際は「結論」を先に伝え、簡潔にすることが重要です。志望するようになった「きっかけ」を先に書くのではなく、なぜ志望したのかという「理由」から書くように意識しましょう。
 
・例文
「私がアパレル業界を志望する理由は、ファッションを通じて人に喜びを与えることができるからです。ピアノの発表会の前に上手く演奏できず落ち込んでいたときに、私に元気をくれたのが貴社の一着のワンピースでした。あのときに自分が元気をもらったように、ひとりでも多くのお客さまに貴社のアイテムの魅力を伝えたいと思い、志望いたしました。」

●競合他社との差別化

志望するブランドならではの情報を織り込むのもポイントです。競合他社と比較し、そのブランドならではの特徴を取り上げ、魅力に感じている理由を書きましょう。当たり障りのない内容だと、「なぜこのブランドを選んだのか」が相手に伝わりません。

●具体的なキャリアプランの設計

自分自身がキャリアプランを設計していることも書くと良いでしょう。たとえば販売員に応募する場合、「5年後には店長になりたい」といった目標を書くと、相手に具体的なイメージを持たせることができます。

接客業の経験あり!という人の志望動機の例

アパレル業界ではたらく際に必須となるのが接客のスキルです。アパレル業界以外の接客業ではたらいていた場合でも、その経験を存分に活かすことができます。接客業での経験をしっかりアピールしましょう。

●接客業の経験がある場合の志望動機のポイント

どのようなことを心がけて接客していたかなど、前職の具体的なエピソードを織り交ぜて、接客業が向いていることをアピールします。
 
・例文  
「私が貴社を志望するのは、シンプルかつ洗練されたアイテムを通じてお客さまの暮らしを豊かなものにしたいと思っているからです。他社に比べて貴社の商品は素材に徹底的にこだわり、生産工程を簡略化することでシンプルながらも美しい商品を実現しており、魅力を感じています。私は学生時代にファミリーレストランで4年間はたらいていた経験があり、年齢や性別を問わず、さまざまなお客さまに合わせた接客対応に自信があります。この経験を活かし、貴社においてもお客さまがどのようなアイテムを求めているのか常に意識し、満足いく買い物をするためのサポートをしたいと考えております。」

●アパレルの経験がある場合の志望動機のポイント

前職の具体的なエピソードを書くのに加え、アパレルに関する専門知識をアピールします。経験者ならではの強みを前面に出しましょう。
 
・例文  
「貴社は最新のアイテムをリーズナブルに提供されており、男女問わず幅広い世代に愛されているという点に魅力を感じ、志望いたしました。私は前職で○○○というアパレルブランドの接客販売に3年間携わっていました。お客さまに合うコーディネートの提案を積極的に行うほか、接客以外ではVMDの勉強をし、ブランドの魅力が伝わるような店頭ディスプレイにも力を入れました。その結果、店舗の売上目標達成に大きく貢献した経験があります。貴社では3年後までに店長就任を目指し、より魅力的な店舗づくりの役に立ちたいと考えております。」

未経験の人の志望動機の例

アパレルではたらいた経験がない場合、書類選考を通過するためにはどのような志望動機を書けば良いのでしょうか?

●志望動機のポイント

未経験の人は実務経験のなさをカバーできるよう、「即戦力として活かせるスキル」をアピールしましょう。「ファッションや業界について勉強している」「大学や短大の授業でマーケティングを専攻していた」「ほかのアルバイトで店舗運営や販売業のノウハウを学んだ」などが良いでしょう。アパレル業界ではたらきたいという熱意だけではなく、業界やマーケティングのことなどを勉強し努力している姿勢や、仕事で使える知識やスキルがあることを伝えるのがポイントです。
 
・アルバイト経験がない人の例文
「私はファッション業界における貴社の進化し続ける姿勢に共感し、今回応募いたしました。中でも『レンタルファッション』という新しいシステムは、若い世代に合ったこれまでにない革新的なサービスです。私は子どものころからファッションが好きで、アパレル関係の仕事に就きたいと思っておりました。現在も雑誌や書籍などでファッション業界に関する勉強をしており、大学ではマーケティングの授業を専攻しています。現在学んでいる知識を活かして、『レンタルファッション』を超える新たなサービスを生み出していきたいです。」
 
・アパレルや接客業以外のアルバイト経験がある人の例文  
「私が志望する理由は、貴社のスタッフの行き届いた接客に感動し、自分も一緒にはたらきたいと思ったからです。他店に比べて貴社の接客は顧客とのちょうど良い距離感を保っている点が魅力だと感じました。私は学生時代に通信販売のコールセンタースタッフのアルバイトに2年間携わり、どのような電話にも対応できるよう、商品の情報は漏れなく暗記していました。その際に取り扱っていた商品が服だったため、将来は実際にお客さまと接しながら服を販売できる職業に就きたいと思うようになりました。アルバイトでの経験を活かし、貴社でもお客さまの要望に耳を傾け、ちょうど良い距離感の接客対応ができると考えています。」

はたらきたい熱意と仕事で活かせる経験やスキルを伝えよう!

アパレル企業の場合は、未経験であってもはたらきぶりが評価されてバイトから正社員に登用されたり、店長やエリアマネジャーに昇進することも珍しくありません。そのブランドではたらきたいという強い熱意や理由、仕事で活かせる過去の経験、勉強している姿勢などを志望動機でしっかりと書き、書類選考通過を目指しましょう。

職種カタログ(アパレル)へ

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > 職種カタログ >  アパレル業界の志望動機の書き方|未経験でもOK!履歴書に書ける例文