アパレルのバイトに受かりやすい!面接時の服装・マナー・注意点のまとめ

アルバイトの応募に面接はつき物ですが、アパレルの場合はどのようなことに注意すれば良いのでしょうか?服装や身だしなみが大切なことはわかっていても、具体的にどうしたら好印象を与えられるのか、悩んでしまいますよね。
今回はアパレルのバイトへの応募を考えている人を対象に、服装や質問に対する受け答え、マナーなど、面接攻略法をご紹介します。

アパレルのバイト面接に受かるための服装

服装や身だしなみは、面接官に与える印象を大きく左右する重要なポイントです。特にアパレルの面接においては応募者のファッションセンスを見ているため、気が抜けません。

●前提となるのは「清潔感」

まず面接官にチェックされるのは、自分がアパレル販売員としてふさわしい清潔感のある人物かどうか、ということです。いくらセンスのいいコーディネートをしていても、シミや汚れ、シワのついた服を着ていたら台無しです。新品を用意する必要はありませんが、きちんと洗濯やアイロンがけをして、面接の際に身につけるバッグや靴なども含めて、しっかり手入れをしておきましょう。

●志望ブランドのコンセプトや個性を意識

面接を受けるブランドのアイテムにこだわるよりも、「ブランドイメージに合ったファッションかどうか」ということのほうが重要です。そのためにも、あらかじめブランド研究をしてテイストやコンセプトを理解し、どのような服装が求められるのかイメージしておきましょう。ただし、応募しているのがカジュアルブランドの場合でも、デニムのショートパンツやスニーカーなど、ラフすぎる服装にならないよう注意が必要です。ラグジュアリーブランドなら派手なアクセサリーは避け、スーツスタイルやワンピースなどの服装にしたほうが、面接官にも好印象でしょう。

●季節感に合ったコーディネートで

気をつけたいのが、アパレル業界ならではの「ワンシーズン先取りの季節感を押さえる」という点です。夏には秋服、冬には春服というように、店舗スタッフは常にワンシーズン早い服を身につけています。素材や色味などでさりげなく季節感を先取りすれば、ほかの応募者と差をつけられるでしょう。

●髪型やメイクも大事

服装や持ち物だけでなく、女性の場合は髪型やメイクにも注意が必要です。派手な髪色やメイクは避けましょう。髪を染めている場合は、根元まできれいに染まっているかどうかも見られる場合があります。髪型は清潔感を意識して、表情がよく見えるようにまとめるのもおすすめです。男性の場合は寝癖を連想させる無造作ヘアではなく、清潔感のある落ち着いたヘアスタイルにセットすると良いでしょう。
 
志望しているブランドの店舗を訪れ、実際にはたらいているスタッフを参考にして、ブランドイメージに合う雰囲気を出せるように心がけましょう。

面接官に好印象を与える態度・マナー

服装や身だしなみが完璧でも、面接中の態度が悪ければ台無しになってしまいます。入室から退室まで、面接官に好印象を与えられるコツをご紹介します。

●入室時

ドアをノックし、中から「お入りください」「どうぞ」と声をかけられたら、「失礼します」と言って入室します。次に「◯◯と申します。本日はよろしくお願いいたします」と笑顔であいさつします。

●まっすぐな姿勢で椅子に座る

荷物は椅子の隣に置き、置く場所について指示があれば従いましょう。椅子には「おかけください」と言われてから座ります。浅めに腰かけて膝を閉じ、姿勢を正して両手は膝の上に置きます。あごを上げて、目線はまっすぐ面接官の目を見ましょう。入室から質問が始まるまでの段階で与える第一印象が合否にも大きく影響します。何度か練習しておき、当日慌てないように準備しておきましょう。

●面接中は笑顔やアイコンタクトに気をつける

面接官は、あなたが店舗で接客するときにどう振る舞うか、一緒にはたらく仲間としてスムーズにコミュニケーションが取れるかなどを想像しながら面接をしています。笑顔や返事、アイコンタクトなど、接客の基本にも気をつけましょう。緊張すると表情が硬くなってしまいがちですが、口角を上げると明るい表情をキープすることができます。

●言葉遣いにも注意

正しい日本語を話すことができているかどうかも面接の際にチェックされます。特に接客業において、尊敬語や謙譲語、丁寧語の使いわけは重要です。はたらきだしてからも必要な知識となるので、敬語の基本をおさらいしておくと良いでしょう。

●退出時

「これで面接を終了します」「退出いただいて結構です」など面接終了を告げられたら、「はい」と答え、面接官にお礼を言います。「本日はお忙しい中、お時間をいただきありがとうございました」と座ったまま一礼し、立ち上がって椅子の横に立ち、お辞儀をします。そのあと、ドアに向かい、ドアの前で再び面接官のほうを向き、「失礼します」と言ってから最後にもう一度お辞儀をします。姿勢を正してから45度くらいのお辞儀を1秒間保ち、再び姿勢をまっすぐに戻すのがポイントです。大きな音を立てないように、ドアは静かに閉めて退出しましょう。

「一緒に働きたい」と思わせる受け答えのポイント

面接時の服装やマナーを押さえたら、次は受け答えをマスターしましょう。合格するためにはどのような受け答えをすれば良いのか、評価されるポイントを解説していきます。

●ハキハキと元気よく話す

接客業に就くということを意識して、ハキハキと元気よく話すようにしましょう。しっかりと口を動かして発声し、早口にならないように答えます。表情や目線も、明るい印象になるようキープします。

●短く簡潔に話す

基本は「一問一答」を心がけ、質問されたことに簡潔に答えてから補足するようにしましょう。たとえば「あなたの長所はなんですか」と聞かれたときは、「はい。私の長所は、やると決めたことを最後まで続けられる根気強さです」と簡潔に答えます。相手が興味を持てば、「なぜそう思うのですか?」など質問が返ってきます。一方的に話し続けるのではなく相手から質問を引き出し、より自分に興味を持ってもらえるような受け答えにしましょう。簡潔に答えたほうが、より自分のアピールポイントを相手に印象づけることができます。

●具体的に話す

質問されたことには曖昧に答えず、具体的に話すようにすることもポイントです。 たとえば「弊社のブランドについてどう思いますか?」という質問の場合、「シンプルで上質なデザインと機能性を併せ持ち、『良いもの』を身につけたいという大人のためのブランドだと思います。実際に私も御社のハンドバッグを愛用させていただいておりますが、長く使っても飽きの来ない魅力があります」と答えるなど、自分の体験談を取り入れると良いかもしれません。将来のキャリアプランについても、「3年後には副店長になっていたい」など具体的な数字を入れて答えると、相手に伝えたいビジョンがより明確になります。
 
以上のような受け答えによって、自信があり、前向きな人物だと思わせることが大切です。

アパレル面接時のNG言動

マナーや受け答えがどんなに完璧も、残念な点が1つでも目立つと大きなマイナスになってしまう可能性があります。以下に挙げる言動は避けましょう。

●リクルートスーツを着ていく

バイト面接の場合、私服かスーツかを選べる場合でも私服で臨みましょう。リクルートスーツを着用していくと没個性的でファッションに興味がないと捉えられる可能性があります。ラグジュアリーブランドの面接などでは、男性はスーツ着用が好ましい場合もありますが、季節感や素材に気を配りシンプルなカラーでまとめ、ネクタイやベルトなど小物遣いでブランドの雰囲気に合わせられると良いでしょう。

●競合ブランドの服を着ていく

競合ブランドの服をコーディネートに取り入れていても、テイストが合っていれば問題はありません。しかし、ロゴが前面に出ていたり、見ただけで競合ブランドとすぐわかってしまうような代表的なデザインのアイテムはNGです。「なぜ、うちのブランドを希望したの?」と思われてしまい、志望理由にも説得力がなくなってしまいます。

●質問に対して漠然とした答え方をする

面接の質問でとっさに「特にありません」と言ってしまった経験はありませんか?「会社に対して興味がない」「面接に対しても熱意がない」と取られてしまい、印象を悪くするNGワードです。予想外の質問に慌ててしまったときは、多少時間をかけてでも自分の言葉で質問に答えるようにすれば、熱意は伝わるはずです。また、面接の最後に「何か質問はありますか?」と聞かれる場合もあるので、あらかじめ質問を考えておくとスムーズです。給料や残業、休日についてなど、待遇面に関する質問はし過ぎないように注意しましょう。「入社までに準備しておくべきことはありますか?」など、勤務に対しての意欲が伝わるような内容にすると、評価されるでしょう。

●間違った日本語を使う

間違った言葉遣いも、面接官に良い印象を与えません。「スマホ」や「バイト」などの略語は使わず、「スマートフォン」「アルバイト」と言うように気をつけましょう。また、「全然大丈夫」「やばい」「逆に~」といった若者言葉も、ふとした瞬間に出ないよう注意が必要です。

前向きな姿勢と笑顔が成功のカギ。自分の魅力を最大限に伝えよう

面接は、限られた時間の中でいかにあなたの魅力を伝えられるか、興味を持ってもらえるかが勝負です。大勢の応募者がいる中、模範回答だけでは面接官の印象に残らない可能性もあります。基本的なマナーや言葉遣いなどに注意しながら、服装や受け答えで自分の魅力をアピールしてください。あなたの熱意や前向きな姿勢が、きっと面接官の心に届くはずです。

職種カタログ(アパレル)へ

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > 職種カタログ >  アパレルのバイトに受かりやすい!面接時の服装・マナー・注意点のまとめ