VMDとは?面接で高評価されるアパレルのマーケティング知識

VMDという言葉をご存じでしょうか?アパレル業界で仕事をしたいと考えている人なら覚えておきたい用語の1つで、商品を売るために重要なマーケティング手法のことです。VMDの知識があれば、バイトや就職の面接で高い評価を得ることも可能でしょう。 今回は、これからアパレル業界を目指すという人のために、VMDの基本的な知識をご紹介します。

VMDとは?ディスプレイとはどう違う?

よくある間違いで、VMDをディスプレイのことと混同している人がいます。ディスプレイとは何が異なるのでしょうか?初めにVMDという言葉の意味を押さえておきましょう。

●VMDとは?

VMDは「Visual Merchandising(ビジュアル・マーチャンダイジング)」の略です。
直訳すると「視覚による商品計画」となりますが、視覚的に訴えかけてお客さまの購買意欲を上げるマーケティング手法やそのシステムを指します。
お客さまにどうやって注目させて入店してもらい、店内を見て回ってもらうのか?また、そこからどのようにして購入に結びつけるのか?そうした観点を踏まえて売り場の仕組みをつくる手法のことです。

●ディスプレイとの違い

一方、ディスプレイとは、商品の魅力が伝わるように陳列や装飾することです。商品自体の見栄えが良くなるように、商品以外の小物をセッティングすることも含みます。
 
先ほど説明したVMDという仕組みや手法において、売り場で実行されるのがディスプレイです。お客さまの呼び込みから購買行動までを考えた大きな仕組み(=VMD)の中に、それを実現するための表現方法としてディスプレイがあると考えると、イメージしやすいでしょう。

●職種としての「VMD」

VMDは「ビジュアル・マーチャンダイザー」という職種を指す言葉としても用いられます。商品が売れるように店舗のレイアウトやディスプレイを考える「プロデューサー」のような人のことです。ここまで説明してきたマーケティング手法のVMDと混同しないように気をつけましょう。

時期によってVMDはどう変化する?

VMDは実際にどのように展開されるのでしょうか?アパレル業界の商品はシーズンごとに入れ替わっていきます。1つのシーズンを3つの時期にわけ、それぞれの時期で変化するVMDの手法についてご紹介します。

●シーズン初めの「紹介期」

新しいシーズンのテーマや主力商品を紹介する時期が紹介期です。新たなシーズンのテーマやコンセプトが明確に伝わるようにし、お客さまに印象づけるために強くアピールします。

●シーズン最中の「実売期」

シーズンの商品を本格的に売り込む時期で、「拡販期」とも言います。主力商品に絞り込み、ボリューム展開することが大切です。アイテムやデザインのバリエーションも見せていきます。

●シーズン終盤の「処分期」

商品を値下げして売り切ろうとする時期にあたり、いわゆる「セール」の時期です。値下げ商品をまとめたセール品コーナーを設け、商品の売切を目指します。また、次のシーズンの商品コーナーもあわせて設置します。

店舗のVMDを構成する3つの要素とは?

VMDでは実際に店舗をつくる際、「VP」「PP」「IP」という3つの要素を組み合わせていきます。これら3つの要素で、お客さまを購入へと誘導します。

●VPとは

VPとは「ビジュアル・プレゼンテーション」のことです。
店舗のコンセプトやブランドイメージ、あるいはシーズンの主力商品や新商品を視覚的に表現してお客さまに印象づけます。店舗の顔でもあるショーウィンドウや入り口近くなど、通りかかったお客さまの目に入りやすい場所で展開され、店内へと誘導する役割を持ちます。
商品を売るためには、まずお店に立ち寄ってもらわなければならないので、VPはとても重要な要素と言えるでしょう。

●PPとは

PPは「ポイント・ブレゼンテーション」のことです。新商品や主力商品など、売りたい商品のディスプレイを指します。柱まわりや壁面、棚の上、あるいはお店の奥などで展開され、VPを見て入店したお客さまが長く店内に滞在してくれるようにします。

●IPとは

IPは「アイテム・プレゼンテーション」のことです。アイテム別、デザイン別、サイズ別などで商品を分類し、お客さまにとって見やすく、手に取りやすいように陳列します。IPが展開されているのは、棚やハンガーラック、ガラスケースなどが置かれている場所です。PPを見て関心を持ったお客さまが商品をすぐ手に取れるよう、IPはPPの近くで展開されます。
 
VPで店内に入りPPで商品を見て回ったお客さまに、最終的に立ち寄ってもらいたいのはこのIPが行われている場所です。商品を購入してもらうため、「気になる商品が手に取りやすい」「ほかの商品と比較して選びやすい」といった点に注意して陳列する必要があります。

VMDを効果的に実施するためには?

売り場でVMDを効果的に行うためには、空間デザインのセンスやテクニックが必要です。また、ディスプレイの方法やマネキンの置き方には、いくつか基本的な構成があります。

●ディスプレイの基本構成

見る人にどのように感じてほしいか、商品のどのようなイメージを打ち出したいかを意識してディスプレイするのがポイントです。1つのコーナーを構成するディスプレイの方法にはさまざまなパターンがありますが、今回は覚えておきたい4つの基本構成をご紹介します。
 
・三角
正面から見て三角形になるように商品や装飾品を配置する方法です。たとえば、真ん中に高さのある商品を置き、両脇にそれよりも低い商品を置けば三角構成が出来上がります。頂点が中心に来る正三角形や二等辺三角形は安定感や落ち着いた雰囲気を演出し、頂点をずらした不等辺三角形は、動きのある軽快な雰囲気を演出する効果があります。  
・シンメトリー
シンメトリーとは、左右対称の構成のことです。左右対称に並べられた状態は見る人に好感を与え、安心感を抱かせるとされています。クラシカルな雰囲気やフォーマルな雰囲気を演出したいときなどに使われます。  
・アシンメトリー
アシンメトリーとは、左右非対称の構成のことです。シンメトリーの美しさをあえて崩すことで、変化のある雰囲気を演出します。躍動感が出るので、カジュアルな商品やスポーツウエアなどに向いています。  
・リピート
リピートはテーマが同じ商品を規則的に並べたり、同じデザインの商品を色違いで並べるなど、繰り返し配置する方法です。商品の特長やコンセプトなど、視覚的に強いインパクトを与えることができる構成で、フェアやキャンペーンといった特別な演出に向いています。
商品を売るためには、まずお店に立ち寄ってもらわなければならないので、VPはとても重要な要素と言えるでしょう。

●マネキンの基本構成

マネキンの置き方にも、意味や意図があります。2体の場合と3体の場合があり、マネキンの向きや視線もVMDでは大切な要素となっています。基本の構成を利用して、お客さまの視線を上手に集めましょう。
 
マネキンを2体で構成する場合は、次のような方法があります。
・お客さまを誘導したい方向に向けて、2体揃えて並べる方法
・歩いてきたお客さまと目線が合うように2体揃えて並べる方法
・2体の視線を左右にずらし、お客さまがどちらから来ても目線が合うように置く方法
 
お客さまの多くはマネキンが着ている服やコーディネートに目を留めたあと、自然とマネキンの視線を追います。マネキンの視線を店舗の入り口に向けることで、お客さまを入り口へと誘導することができます。
 
同じように、マネキンを3体で構成する場合には、以下の方法があります。
・ポーズの同じ3体を並べてリピートと同様の効果を生み、インパクトを与える方法
・ポーズの異なる3体を、体は外側、目線は中央に向けて、真ん中に注目させる方法
・2体と1体にわけて、前後に空間をつくることで立体感を生み出す方法
3体のマネキンがあると、ビジュアル的に広がりのある世界を演出することができます。どこに視線を集めたいのか、どのような印象を与えたいのか、意識して構成してみましょう。

VMDの知識があればスキルアップにもつながる!

お客さまを商品購入へと導くためのVMDは、アパレル業界必須の知識です。VMDの知識を身につけておけば、実際に仕事に就いた際のスキルアップにもつながります。
自分の好きなブランドや、働きたいと思っている店舗の売り場を思い出してみてください。そのお店では、どのような売り場が展開されていましたか?VMDを意識して実際にお店をチェックするのも、良い勉強になるでしょう。

職種カタログ(アパレル)へ

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > 職種カタログ >  VMDとは?面接で高評価されるアパレルのマーケティング知識