営業

事務・オフィスワーク・営業

提案力と話術で信頼と契約を勝ち取る!

平均時給
1090

平均年齢
33

男女比率
6:4

シフト自由度

3ポイント

未経験OK度

9ポイント

学生歓迎度

2ポイント

オシャレ自由度

1ポイント

特典充実度

6ポイント

社員登用度

3ポイント

an流 データで見る職種
※2016年「an」調べ※グラフは最大値10ポイント

営業のシゴトとは
プレゼンテーションやコンペを通して、自社の商品を売ったり企画を提案するのが、営業のシゴトです。営業をする上で大切とされるのは、一方的に自社の商品を売りつけようとするのではなく、お客さまの要望に沿う姿勢です。そのためにも、悩みや必要としているものを聞き出していくコミュニケーション能力は不可欠です。自社(自分)の提案でお客さまの悩みを解決できると、大きな達成感があるはずです。給与には、頑張って結果を残した人にはインセンティブが加算される場合も多く、やりがいも大きいシゴトです。先輩や上司にはベテランの経験者がいるため、未経験からのアルバイトでもしっかりとサポートをしてくれます。
営業の特徴
・成績を給与に反映する企業も多く、実力主義
・勤務スケジュールを自分で管理できる場合も
・商品やサービス内容を伝える提案力が必要
・とびこみ営業、既存顧客の営業などさまざま
・企業の重役や社長と交渉をする機会も多い

営業のシゴトの詳細

シゴトの基本は外回りの営業活動

アポを取ってからの商談、飛び込み営業など、営業のアプローチは企業によってさまざま。どんな営業方法であっても基本は外回り。移動時間はどういう提案を行うか戦略を考える貴重な時間。信頼をつかむには、どんな話法やプレゼンテーションが効果的か考えます

印象に残るプレゼン資料を目指す

顧客に対してコンペティションやプレゼンテーションを行って、自社商品・サービスを売り込むという機会も多くあります。その際に使う資料を「パワーポイント」を使ってわかりやすく作成するのも、営業スキルの一部。興味を惹き、購買欲をそそる資料を目指します

プレゼンテーションで心をつかむ

企業の社長や重役を前にプレゼンテーションをする機会も。商品だけでなく、営業担当の魅力も売り込める、大きなステージです。作成したこだわりの資料をもとに、メリハリのあるプレゼンテーションを行えば、クライアントの心もつかめるはず

営業のグッドポイント

  • 成績が給与に反映されるから、努力次第で給料UPが期待できる!
  • たくさんの人と出会えて、コミュニケーションができる
  • 人と人とのつながりが重要。シゴトをするほど人脈も増える♪
  • 営業目標をクリアできた時の達成感は最高★
  • 正しい言葉遣いが身に付くほか、パソコンのスキルも上達する

営業の業界用語辞典

  • 飛び込み/事前のアポイントなしにいきなり訪問する営業活動
  • タコ/契約やアポイントが1件も取れなかったこと
  • 新規/初めて取引するお客さまのこと
  • プレ/お客さまに商品を説明すること。プレゼンテーション
  • インセンティブ/営業成績に応じて支給される報奨金

取材協力

株式会社シンカ

東京都港区海岸2-2-6 プレミア海岸ビル2F

http://www.shinka.com/

履歴書&面接アドバイス
「営業」

履歴書にも面接にも
志望動機のいち例

学生
人と話すことが好きで、営業のシゴトが向いているのではないかと思い応募しました。学生時代にはサークルの部長を務めていましたが、そこでメンバーそれぞれの要望を聞き取り、まとめるというシゴトにおもしろみを感じたのも理由のひとつです。
経験者
以前はメーカーでルート営業をしていました。ただ、既存顧客に一定期間ごとの必要数をうかがって回るシゴトだったこともあり、もっといろいろな商品やサービスを、新規顧客に売り込めるような営業活動がしてみたいと思い、貴社に応募させていただきました。

よく聞かれる質問Q&A
面接の答えかた例

Q1営業職の経験はありますか?
質問のワケシゴトへの習熟度、スキルをチェック
A1営業職の経験はありません。以前のバイトは居酒屋の接客担当です。そこではお客さまの好みをうかがって、おすすめの料理を提案するという接客をしていて、そのスキルが活かせると思ったのが、応募のきっかけです。
営業スタイルは企業によってさまざま。共通して重要なのは、話す・聞く双方のコミュニケーション能力。類似の経験があるのであればアピールしてみよう(an編集部)
Q2読める・話せる外国語はありますか?
質問のワケ海外製品の営業などの場合、外国語を使うこともあるため
A2英語とドイツ語は読むことはできます。簡単な会話であれば可能ですが、電話での会話や専門用語が頻出する会話は今後の勉強が必要ですね。
海外の製品を扱う企業の場合、取扱説明書が外国語で書かれていたり、製品製造企業の担当が外国だったりすることもある。その際には外国語のスキルが必要とされたり、あるいは営業の武器になることも(an編集部)

この記事を読んで、どうでしたか?

  • 0

    疑問や不安が
    解決した

  • 0

    参考に
    なった

  • 0

    気付きは
    なかった

  • 0

    共感でき
    なかった

新規「an」会員登録はコチラ
あなたにピッタリのバイト・シゴト情報や
お役立ちコンテンツをメールでお届け!
自分に合ったシゴトサクサク見つかる!!「an」アプリ 今すぐダウンロードしよう!

おすすめコンテンツ

トップ >  アルバイトニュース・プラス > 職種カタログ >  営業