イタリア男に学べ!ジローラモ式★コミュニケーション術
気さくでフレンドリーなイメージのイタリア人。彼らのコミュニケーション術の秘訣を探るべく、先月「イタリア人式楽観思考法」を著作されたジローラモさんに突撃インタビュー! ジローラモさんご自身がプロデュースする東京中目黒にある「ジロモンドキッチン」でお話をうかがってきました。

【取材・文・編集:愛子 撮影:西村 法正 制作日:2012/5/14】


ジローラモさん

六本木ヒルズの「Andiamo」、赤坂の「蕎麦JIRO」、京都の「こけこっこ京都」をプロデュースするなど経営者としての顔ももつ。

“ジローラモ式”対人の心得はコレだ!!

その1.HAPPYは万国共通♪『笑顔であいさつ』

その2.相手の長所を認めよ★『ほめる』

その3.なんとかなるの精神で!『ガンガン話す』

その1.笑顔であいさつせよ!
小さい頃のぼくはとっても恥ずかしがり屋だった。でもイタリアでは大学入試が筆記試験より口頭試験の方が重視されるくらい、コミュニケーション下手だと評価されない社会なんだ。だからなんとか自分を変えるために最初にやったのが「笑顔であいさつをすること」。笑顔は内にあるハッピーな気持を外に伝えるとってもわかりやすいもの。だからハッピーな気持ちを自然と伝えられて人間関係がスムーズになり、ぼくはどんな人でもどんどん話せるようになった。バイト仲間やお客様に対しても同じだと思う。初めて会ったときに笑顔であいさつするだけで相手が気持ちよくなり、コミュニケーションがスムーズにいくはず。とくに接客業では大事だよね。日本は“いらっしゃいませー”の声は大きいけど、笑顔じゃなかったり人の顔をみてなかったり…。それだとハッピーは伝わらないよ。あいさつこそ誰にでも簡単にできて、コミュニケーションを円滑にするはかり知れない効果がある。今日からさっそくバイト仲間やお客様に、笑顔であいさつのコミュニケーションを始めてみよう!
その2.相手をほめよ!

コミュニケーションを円滑におこなうためには、相手をほめることも重要。ただしほめることとお世辞をいうことはまったく違う。お世辞は相手の調子をよくさせることで、ほめるというのは相手を尊敬して長所を認めていること。ほめる行為は、自分に自信があって心に余裕のある人しかできない。つまり自分も理想の精神状態で、相手もほめられて気持ちよくなって、お互いがハッピーになっている状態。これがほめることでコミュニケーションがうまくいくメカニズム! バイトではほめることだけではなくアドバイスもすることで、より円滑にコミュニケーションがとれると思う。「これすごくよかったね。だけど今後はこうするとよりGOOD!」というようなコミュニケーションをすると、自他ともに成長することができる。それにほめると相手が自分に興味をもってくれることにより、バイトで大切なチームワークもうまれるんだ。いいことだらけだろ? ほめるというコミュニケーションが苦手な人は、日頃から人をよく観察して長所をみつける練習をしておこう!

その3.完璧じゃなくてもガンガン話せ!
ぼくが誰とでもコミュニケーションができるようになったひとつのきっかけに“旅”があった。イタリアでは英語を学ぶために学生時代から海外旅行をするのが普通で、ぼくもよく一人旅をした。慣れない環境で必至に自分を伝えようとすることで、コミュニケーション力を磨くことができた。その際に大事なのが、失敗をおそれず完璧じゃなくてもガンガン話すこと。海外で会う日本人は「Can you speak English?」と聞かれると「No.」という人が多い。面白いのはイタリア人のほとんどは「Yes!」と答えちゃうこと。実はあまり話せないんだけど(笑)、カタコトでも大丈夫と思っているからなんだ。よくないのは最初からダメだと思ってなにもしないこと。自分に能力がないんじゃくて、誰だって最初はうまく通じないものと割り切ることが大事。コミュニケーションを磨くトレーニングとして旅はオススメだけど、もっと身近なバイトや部活もオススメ! とくにバイトは年齢層も幅広くいろいろな人がいるから、社会にでる前のいい訓練になるはず。もしバイト先で店長とか話したことがない人がいたら、ガンガン話しかけてみてほしい。そのちょっとした行動が将来の自分の人脈や自信につながるから。さっそく今日から“なんとかなる”の精神でガンガン話してみよう!
パンツェッタ・ジローラモ パンツェッタ・ジローラモ

1962年9月6日イタリアのナポリにて建築一家の三男として生まれる。ナポリ建築大学在学中に亡き父の後を継ぎ、おもに政府からの依頼を受け、歴史的建造物の修復にたずさわる。1988年から日本在住。以降、多数雑誌、番組などで祖国イタリアについて紹介。2006年、本国より騎士の称号「カバリエレ~イタリア連帯の星勲章」を贈られる。現在「イタリア人式楽観思考法」(アスコム社)、「一生に一度は経験したい極上の旅」(主婦と生活社)が絶賛発売中。

※2012年5月14日現在の情報です。
※制作物に関わる著作権その他の知的財産権のほか一切の権利は株式会社インテリジェンスに帰属するものとします。
編集後記
見たこともないかっこいい白のオープンカーで現れたジローラモさん!! TVでお見かけするとおり非常に気さくでダンディーな方でした♪ 取材を終えて感じたことは、ジローラモさんのコミュニケーション術は非常にシンプルだということ。最近忙しくてピリピリ仕事していた私は、“相手を敬って基本的なことをきちんとする”という大切さに改めて気づかされました。さて取材させていただいた「ジロモンドキッチン」は5月にリニューアルオープン☆ 気軽なイタリアンのお店ですので、みなさまもぜひ中目黒にお越しの際には足を運んでみてくださいね♪

おすすめコンテンツ