外国語 or 本場レシピが学べちゃう!?いつもの街で!海外気分★満喫バイト
英語が話せたらかっこいいかも…、海外に行きたいなぁ…、外国人の友達できたらいいなぁ…
それならバイトしながら海外留学気分を味わってみませんか?
バイト探しのとき、「勤務地」「シフト」「高時給」にこだわって探すのもいいけれどそれ以外にもっと働くことを楽しめるメリットつきのバイト先選びをしてみましょう♪ 
海外を感じながらバイトしたらいつもより楽しく働ける!?かも☆
(取材・文:KAWAKAMI 編集部:しずかねぇ 制作日:2008/08/18)

日本なのに海外!?外国語が身近にとびかう職場!留学気分で働く

【プロフィール】
鈴木知里さん(21歳) バイト歴:5ヵ月

【現在の仕事・シフト】

ホールでの接客 勤務シフト:週5日

【バイトを始める前の海外への憧れや思いについて】

高校時代からアメリカやオーストラリアに興味があり、留学にも憧れアリ。ホテルスクールで簡単な英会話を習ったが、旅行で海外に行くと「もっと英語を話せたら、もっと楽しめるのに!」と思うことも多かったそう。

英語を話すことが自然…そんな職場に魅せられて

一歩店に入れば、そこはウエスタンな酒場!外国人スタッフも多く、英語を学びたい私にピッタリ☆

 ココで働き始める前、一度お店の様子を見学しにきたことがあるんです。アメリカ南西部の酒場をイメージした店内や、スタッフがイキイキ働いている様子に惹かれましたね。ウエスタンなブーツやスカートなど、かわいいユニフォームもすごく魅力的! すぐにでもココで働きたい!と思いました。銀座という場所柄、周りにはホテルが多く、外国人のお客様がたくさん訪れます。スタッフにはロシアやスリランカ、そのほか、いろいろな国出身の人がいて。まだカタコトでしか話せない私の英語力を磨くにもぴったりの環境だと感じました。

海外のお客様はオーダーが独特!最初はコミュニケーションに自信がもてなくて…

 ホールに立って最初のうちは、どうしても自分の英語力に自信がもてなくて。「うまくいかなかったらどうしよう…」と心配になって、外国人のオーダーを積極的に取りにいくことができませんでした。外国人のお客様は、「ベジタリアンだからお肉を抜いてほしい」というリクエストをはじめ、メニューに関して細かな要望をされることが多いんです。それらを紙に書き留め、間違えないようにするのは苦労しました。他にも、混雑で30分待ち、という状況をうまくお客様に伝えられず、ご迷惑をかけてしまったことも…。


仕事中もオフのときも英語が飛び交う環境がうれしい!

ZEST CANTINA(ゼストキャンティーナ)
G-Zone銀座店
住所:東京都中央区銀座1-2-3
場数を踏んで積極的に話しかけられるまでに成長

 当初はミスをしてしまうこともあったけれど、何度もお客様と接し、わからないことは頼れる先輩スタッフに尋ねることで、少しずつお客様とのコミュニケーション力を身につけていきました。外国人のお客様は、料理がおいしかったときやサービスに満足したとき、とてもオーバーなリアクションで「おいしかったよ!」と言ってくれるんです。それがうれしくて、だんだん外国人のお客様とも積極的に会話できるようになっていきました。今では、料理のおいしい食べ方や観光地の紹介などを、自分から話しかけられるようにまでなりましたよ。

仕事・プライベートを通してアメリカンスタイル体感中!

 全部の料理をいちどにテーブルに並べたり、チキンにぴったりのつけあわせを用意したり。接客方法からも日本のレストランとは違うアメリカンスタイルを常に感じています。また、一緒に働く外国人スタッフとは、プライベートでも遊びに行ったりするほど仲良しなんです。外国人がたくさん来るバーやクラブに行くこともあるんですよ。仕事以外の時間でも、英語に触れるチャンスがあったり、彼らと一緒に過ごす時間をもつことで海外を身近に感じられるのは、すごく楽しいです。英語への苦手意識も遊んでいるうちになくなっていくのを感じています。

編集部が提案★バイト先選びのPOINT
●見学してスタッフを知る
スタッフ同士のコミュニケーションはどうかを知ることで働きやすさを体感。
●語学をはじめ、接客スキルなどを学べる環境か確認
英会話を始め、初めてでも教育、指導してくれる環境かどうかは面接前に確認を。
●英語を磨くなら場所も要チェック
観光地や主要駅など、外国人のお客様が多い街を狙って働こう。


ここはイタリア!?異国情緒満喫!海外文化を学びながら働く

【プロフィール】

小谷 泰介さん(24歳) バイト歴:1年1ヵ月

【現在の仕事・シフト】

バリスタ、カウンターでの接客、キッチンでの調理など。勤務シフト:週5日

【バイトを始める前の海外への憧れや思いについて】

大の洋画好きで、映画関連の仕事を通してイタリア映画祭の企画にも携わった経験アリ。

実際にイタリアへ旅行して、ローマやフィレンツェなどを観光。そこで訪れたイタリアンバールに惹かれ、働いてみたいと思うように。

働きながらイタリア文化が学べる環境がうれしい!

イタリアでなじみの深い、憩いの場“バール”そこで味わったエスプレッソが、仕事選びのきっかけ

 もともと僕は外国映画が大好き。イタリアに旅行した経験も何度かあるんですよ。イタリアの街角には、必ず「バール」と呼ばれる、朝・昼・夜にドリンク、フード、アルコールを楽しめるスタイルのお店があります。そこで味わった一杯のエスプレッソがとてもおいしくて。あのイタリアの雰囲気を感じられるバールで働きたいと思うようになりました。そうして訪れたのがこの店「セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ」。一番に惹かれたのが、長くて開放感のあるカウンターでした。お客様とスタッフとのちょうどいい距離感が心地いい。この店で働きたい!と強く思いましたね。

未経験からスタートして、エスプレッソの知識や淹れ方の技術を少しずつマスター

 働き始めた当初はまったくの未経験だったけど、研修を通して、イタリアンバールの歴史からエスプレッソの淹れ方まできっちり学びました。コーヒーに注ぎいれるフォームドミルクの泡のきめ細かさに気を配ったり、カクテルの作り方を覚えたり。バールならではの品揃え豊富なビールやフードメニューに関する知識も、働きながらどんどん身につけていきました。お客様に、常に一定のクオリティでエスプレッソを提供するのはなかなか難しいもの。だけど経験を重ねるごとに、少しずつできるようになっていく達成感は、この仕事ならではの喜びだと思いますね。


同じ想い、目的をもった仲間に出会えたことで得られた充実感

セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ・ワールドワイド・ジャパン(株)
同じイタリア好きなスタッフたちやお客様との交流がなにより楽しい!

 職場には僕と同じでイタリア映画が好きだったり、車が好きだったり、イタリアの文化に興味のあるスタッフがたくさん。共通の話題で盛り上がれておもしろいですよ。お客様とのコミュニケーションも楽しさのひとつ。本場イタリアのエスプレッソが味わえるとあって外国人のお客様が多く、「ボンジョルノ(こんにちは)!」と声をかけることも。お客様から「チャオ!(またね!)」の言葉を聴けたなら、自慢のエスプレッソと店の雰囲気を楽しんでいただけた証拠。お客様の喜びの声を聞くたび、この仕事のやりがいを感じてうれしくなりますね。

本格的なエスプレッソ知識を学べたのは本場イタリアの味をもつ店だからこそ

 未経験から始めて、研修や実際の仕事を通して本格イタリアンバールならではのエスプレッソの淹れ方やメニューの知識を習得。「エスプレッソの知識を身につけたい」「バールの活気ある雰囲気の中で働きたい」というはっきりした目的があった僕にとって、本場イタリアのエスプレッソを提供する「セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ」に出会えたことはなにより良かったと思っています。現在バイトを探している人も、自分がなにを目的としているのか、どんな環境で働きたいのか見つめなおしてみると、自分にぴったりの職場が見つかると思いますよ。

編集部が提案★バイト先選びのPOINT
●目的をはっきりさせること
学びたい、身につけたいと目的が明確であれば自分にあった職場選びがスムーズに。
●実際に店を訪れて雰囲気をつかむ
実際に店を訪れ、自分の求めている雰囲気かどうか確かめるのがオススメ。
●技術を学べる環境か確認!
研修制度がある職場だと、未経験でも安心して働けるのでポイント高!

編集後記
 外国人のお客様が多かったり、本格レシピが学べるバイト先はいかがでしたか!? 取材していて、スタッフさんたちがみなさん、イキイキ働いていて、こちらまで楽しい気分になっちゃいました♪ 実は私も海外留学…憧れていたんですよね。お金を稼ぎながら、英語を学べたり、本場の歴史や文化を感じられるこんな働き方を知っていたら、バイトしていただろうなぁ。あぁ○年前に戻りたいっ!なんて思ってしまいました(笑)。これを読んでいるみなさん、今からでも遅くはありませんよ! 気になった方は、ぜひこんな楽しいバイト先を探してみてくださいね~。

おすすめコンテンツ