未経験職種、人間関係、遅刻や欠勤…etc.根本から断つ!プロが解決★働くママの初パート不安
 子供ができて仕事を辞めて数年…。そろそろ働き出したいけど、ブランクがあるから不安。うまくコミュニケーションがとれるか不安。
そんな不安をかかえている主婦必見! プロのキャリアカウンセラーが、初パートへの不安を解決する方法をアドバイスしてくれました。

【取材・文:馬渕ともこ 構成:ちょめ子 更新日:2010/8/23】

仕事を辞めて○年…専業主婦に聞いた初パートにかかえる4大不安
未経験職種への不安

★仕事をおぼえることができるか不安。(めいさん 専業主婦歴:8ヵ月)
★自分にできるかどうか、きちんとこなせるかどうかで不安になる。(さららさん 専業主婦歴:20年)

人間関係

★さまざまな年齢層、さまざまな価値観をもった人達がいる中、うまくやっていけるかどうか。(みんみんさん 専業主婦歴:14年)
★人間関係については、協調性があるほうだが、年齢差によるみぞは埋められないため少し不安です。(ゆうまさん 専業主婦歴:12年)

子供の体調で遅刻・欠勤が急に発生する

★子供が急に熱を出した場合近くに預ける親などがいないので、急な欠勤となると職場の人に迷惑をかけてしまう。(みほちびさん 専業主婦歴:8年)

ブランク

★の差を感じると迷惑になると考えてしまう。(Pauljunさん 専業主婦歴:3年)
★いろいろな仕事内容を覚えられるか、皆さんについていけるか、不安です。主婦業を活かせる仕事を見つけたいのですが…。(プラティさん 専業主婦歴:10年)

未経験職種への不安:32% 人間関係:29% 子供の体調で遅刻・欠勤が急に発生する:21% ブランク:14% その他:4%
【参考】調査概要について
調査方法:メルマガアンケート
調査会社:パーソルキャリア株式会社(旧社名:株式会社インテリジェンス)(旧社名:株式会社インテリジェンス)
調査対象者:結婚してから働いた経験が一度もない専業主婦の方
 
初パートへの不安解決法をプロに聞いてきました!

キャリアカウンセラー:美咲 朱里さん
 実体験に基づいた幅広い職業知識を活かし、現在子育て中の女性を中心とした職業支援を行い、数多くの成功実績をもつ。 より輝く人生を送るための長期スパンを視点にしたキャリアカウンセリングには定評がある。(blooming コンサルティング)
未経験職種への不安

 不安には大きく分けて2種類あると思います。ひとつは、不安や心配の原因が“ばくぜん”としている不安です。対応方法がわからないため、過度に不安が募ってしまいます。もうひとつは、「自分にできないのではないか」という“自信のなさからくる不安”です。どちらの不安も、誰もが多少はかかえるもの。まずは、自分の不安がどちらのタイプなのか見極めてみてくださいね。


不安の原因をはっきりさせるのが先決!
 “ばくぜんとした不安”には、まずなにが不安なのかを具体化するのが解決の近道です。未経験の職種がどんなものか情報を集めたり、キャリアコンサルタントなどに相談するのもひとつの解決策。行政やハローワークの相談窓口を訪ねてみるのもいいですね。また、“自信のなさからくる不安”は、プラス思考で対応を。今までやったことがなかった仕事が、実は自分にあっていて世界が広がったという先輩ママは大勢います。不安や失敗などマイナスの面ばかりに目を向けていると、自信も薄れがち。自分の可能性というプラス面にも目をむけて不安を乗り越えてください。

人間関係

 仕事を辞める理由の上位を占めるのが「人間関係がうまくいかなくて」というもの。つまり、人間関係のトラブルは特別なものではなく、誰にでも、どこにでも起こりうるということです。内閣府が行った調査では「人間関係が難しくなった」と感じる人は6割以上にものぼっているとか。いろいろな人が一緒に働く職場では、トラブルもさまざま…。上司や同僚、サービス業などではお客さまとの間で起こる可能性もありますね。


笑顔は人間関係トラブルの予防薬!
 人間関係のトラブルは起こらないように予防するのが得策です。もしかしたら自分が無意識にとっている行動や態度が、人間関係のトラブルの原因になっていることも少なくありません。ご近所とのあいさつなど最低限のマナーはできていますか? また、相手を変えることはできないので、自分が変わるのが原則。人間関係のベースであるコミュニケーション力をUPさせましょう。たとえば、笑顔は人間関係をスムーズにする特効薬。毎朝、鏡に向かってほほえむだけでも効果大ですよ!

子供の体調で遅刻・欠勤が急に発生する

 働くママにとって、子供の体調不良による欠勤や早退は悩みの種。「働きたいけど育児と家事の両立が不安で…」、「子供が急病のときに休める仕事を探すと、なかなか希望の仕事がなくて…」と、仕事を始めることを躊躇してしまう方も多いですね。また、働きだしてからも、「会社は急な欠勤を認めてくれているけど、やっぱり職場の仲間に気まずくて…」と悩む方も少なくないですね。


自分ひとりで解決しようと思わず協力体制で解決を!
 この不安は、働くママの一番の悩みの種。それだけに先輩ママ達も、いろいろな解決法で乗り越えてきました。参考にしたい例としては、子供の様子を見て病気の症状が軽いようなら、近くに住む両親や友人、ご主人などに、子供を預かってもらえるよう体制を整えておくというもの。そのためにも日ごろからお願いをして、いざというときに慌てずにすむよう連絡先などをリストにしておきましょう。さらには自治体のサポート機関などで地域の育児サービスについての具体的な情報を収集しておくのもいいですね。また、同じ仕事を何人かでやっていて、急に休んでも職場の仲間同士でフォローしあえるような仕事先を選ぶのもひとつです。

ブランク

 以前はバリバリ働いていた人でも、何年も働いていないことに不安を覚えるのは当然です。パソコンはどのくらい使えればいいの? 体力的には大丈夫? 昔の資格やキャリアは今でも通用するの? などなど…働くママの悩みはつきませんね。人によっては1年ぐらいのブランクでも、「なんだか社会から取り残された感じがして不安」と思う人もいるくらい。あせりから、不安だけが独り歩きしているのかもしれませんね。


経験よりもやる気をアピールして!
 会社側は、経験よりもやる気をみます。ブランクの長さが気になるときは、やる気をアピールすること。そのためには、まず自分の好きなことや得意なことをみつけるのがポイントです。話すのが好き、料理が好き、手先が器用など…、自分のいい所や過去の経験を書き出してみると上手に整理できます。そこから仕事の分野や職種を探すといいですね。好きなことはやる気につながり、おのずと相手に伝わるものです。また専業主婦期間をブランクと考えないこと。毎日の主婦業の中で、仕事に結びつくスキルが自然と養われているもの。主婦のスキルを高評価する企業もありますよ。

※2010年8月23日現在の情報です。
※制作物に関わる著作権その他の知的財産権のほか一切の権利はパーソルキャリア株式会社に帰属するものとします。

編集後記
 初めてじゃなくても働くことはいろいろと不安がつきないと思いますが、それが数年専業主婦をやっていたのならなおさらですよね…。ちょめ子は将来結婚したら近くのスーパーでパートをして奥さん仲間とおしゃべりするのが夢なんですが、人間関係や子供のことで悩んだりするんですかね。それも独身の今では想像がつかない悩みです…。