未経験からの美容業界デビュー| バイト・シゴトのなんでもガイドan(アン)
研修、スクール、年齢の壁…実際はどうなの? 私、ゼロからはじめました!」未経験からの美容業界デビュー

石井晃子さん
表参道の人気サロン「foot&nail emu」にて活躍中。ネイル技術はもちろん、訪れた人をリラックスさせてくれる笑顔のサービスも評判。


30代、スキルゼロからネイルの世界に飛び込んだ体験者に、美容業界未経験からの道のりを教えてもらいました!
「働きながらプロに教えてもらえる環境が良かったと思います」

  もともと旅行会社で働いていたんですが、お客様とより親しくなれるシゴトがしたいと思い接客業に転向。「foot&nail emu」に入ったときは、まったくのネイル未経験者でした。けれどココは研修制度がしっかりしていて、ベテランの先輩スタッフにマンツーマンで指導を受けることができました。今では一人前のスタッフとして、お客様に施術を行っています。

ちなみに…
石井さんはこんな道のりでスキルを身につけました

 ネイルの基礎技術を細かく15種に分け、ひとつ技術を覚えるごとに試験するのがウチのサロンの研修システムです。先輩スタッフの手が空いている時に指導を受け、実践します。試験に合格し、ひとつ技術をマスターしたら、実際にお客様に施術できるようになるんですよ。ひとつひとつ着実に覚えていき、全技術をマスターすれば、一人前のスタッフになれます。

1 新しいスキルを研修で覚える サロンでアシスタントとして働きながら、先輩スタッフに指導を受ける。まずはお客様のペディキュア落としなど、簡単な作業から練習。試験に合格すれば施術できる2 実務で経験を積む 技術をひとつ習得するごとに、実際にお客様に施術し接客に慣れていく。お客様の体に直に触れ、会話も交えながら施術をするので、最初はかり緊張するそう3 新しいスキルを研修で覚える 簡単な作業を覚えたら、次は爪の甘皮処理など中級のネイルケア技術を習得。やがてジェル(人口爪)など、爪をおしゃれに演出するネイルアートの技術を身につけていく4 実務で経験を積む どんなペイントがいいかお客様の意見を聞き、実際に施術。ジェルを作り長時間の作業になるので、お客様をリラックスさせるホスピタリティも大切
Q.未経験でもうまくやれた秘訣はなんだと思いますか?
A.「スクールに行けばかなりの費用がかかるけれど、ココでは一対一でプロの実技を学ぶことができました」
  ネイルスクールに通おうかと考えたこともありましたが、費用を聞いてビックリ。学校によっては100万円かかるところもあるそうです。一方、このサロンでは、アシスタントとして働きながらプロの技術を学べるんです。第一線で働いている先輩スタッフにマンツーマンで指導してもらったこと、それが未経験からの挑戦で成功できた理由だと思いますね。
Q.学んでいる間、お給料や仕事時間はどうなっていましたか?
A.「アシスタントとして、月給は完全保証。その上で、技術をひとつ学ぶごとにインセンティブをGET!」

  研修中で施術ができない間でも、アシスタントとして月給は保証されていました。その上で研修を受け、技術を習得するごとに予算が上がり、達成すると昇給するんですよ。一方、指導を行う先輩スタッフも、新人の教育を担当すると教育手当てが支給されます。金銭面がきっちりしているサロンだと、スタッフ全員気持ちよく働けますよね。

研修にかかった所要時間

  私はだいたい3ヵ月ほどでひと通りの技術をマスターしました。先輩に『習得が早い』と褒められ嬉しかったですね。人によって違いますが、普通は半年~1年ぐらいかかるそうです。

研修が充実したサロンを見極めるコツは?

  お店に足を運んでみることが一番だと思います。私が訪れたサロンの中には、面接志望者への接し方が非常にぞんざいなところもありました。『これは研修もしっかりしていないかも』と思い、敬遠しましたね。

研修を受けた仲間は経験者?年齢は?

  未経験からスタートする子は20代の子が多いですが、私のように30代スタートの人も結構います。ネイルは未経験でも、過去に接客業をやっていた、という人が多いみたいです。



一般的に…
未経験から研修が充実したサロンを見極めるには?

「多くの企業が乱立する業界。研修や教育制度の確認をしてほしい」

  求人広告に記載された教育制度を確認するだけでなく、実際にお客さんとしてお店を訪れてスタッフに話を聞いたり、雰囲気をつかんだりしておくといいと思います。また、ネイルサロンはお店によってスカルプを得意とするところやジェルネイルに定評のあるところなどさまざま。自分が身につけたい技術を提供しているサロンを選ぶことも大切ですよ。

研修のスタイルはサロンによってどう違う?

  お店が混雑していない時間帯に先輩スタッフの指導を受けるところや、併設のスクールでの研修を受けられるところなどがあります。けれどサロンの中には、研修中のスタッフを無給で働かせたり、多額のスクール費用を請求したりする悪質なところも。就労時間中の最低賃金が保証され、働きながら学べるサロンを選びましょう。

仕事につく前に学校は必要かどうか?

  まったく何も知らない状態でこの業界に入るのは不安、という人は、スクールに通ってみるのもいいかもしれません。ただし、教えている技術が古いスクールや教育がしっかりしていないスクールなどもあるので、複数の学校から資料を取り寄せて、入念に検討を重ねることが大事。実技の練習ができない通信教育は避けたほうが無難ですね。

今までの経験では、どんなことが役に立つ?

  ネイルサロンをはじめとする美容のお仕事はお客様と接する時間がとても長いもの。接客業を経験していると、なじめるまでの時間が短くて済むようです。特にリフレクソロジーやアロマセラピーなど、お客様を癒すサロンでの就労経験がある人は、おもてなしが上手な人材としてネイルサロンでも歓迎されることが多いそうです。


取材協力:foot&nail emu 03-3400-5966

編集後記
 日々スキルアップに努めながら、お仕事の範囲を広げることを楽しんでいらっしゃった石井さん。自分の好きな分野で情熱を持って取り組む気持ちがあれば、未経験からでも活躍できる場はたくさんある、と改めて感じた取材でした。



おすすめコンテンツ