ヒマがなくてもバイトで年収200万円稼ぐ方法| バイト・シゴトのなんでもガイドan(アン)
サークル、夢… やりたいこと優先!ヒマがなくてもバイトで年収200万円稼ぐ方法
「いつもまとまった時間がとれるわけじゃないから、たくさん稼ぐなんてムリだよ」そんな風に思っている人は必見です。今回は、まとまった時間がとれない中、短期バイトを利用して年収200万円超えしたツワモノバイターの“稼ぐポイント”を紹介しちゃいます!! やりたいこと、ほしいものがあっても、やっぱり先立つものはお金…。今までお金がないからとあきらめていたアナタ、2009年はもっとワガママになって、たくさん稼ぐ年にしませんか?【構成:たけお 文:長谷川あや 撮影:横間 公緒 更新日:2008/12/22】
齋藤忍さん
“やりたい”を譲らず年収200万円!短期専門バイターに聞いた
齋藤忍さん
今回、お話を聞いたのはこの方
名前
齋藤忍(26歳)
稼いだ金額
1年で200万円以上
働き方
「夢」を優先しながら、
空いている時間はできるだけバイトに入りました
やりたいことを優先しながら、気づいたら短期バイトで200万円超え

 齋藤さんは、いわば俳優の「卵」。現在、映像系の芸能事務所に所属し、映画や舞台に出演している。これが齋藤さんの「本当にやりたいこと」だが、常時、その俳優の仕事があるわけではなく、ほかの時間帯はイベントや展示会などのスタッフとして、単発バイトで稼いでいる。

齋藤忍さん 仕事によって違いはありますが、たとえば舞台に出演する場合、本番は1週間でもその前に約1ヵ月の稽古期間があります。稽古期間は日当が出ない場合がほとんどなので、お金を稼ぐことを考えたら、普通のバイトに入っていたほうが効率がいい。でも、やっぱり本当にやりたいことを優先させたいので、俳優の仕事のない期間は徹底的に短期のバイトに入るようにしています。その結果、気づいたら1年の収入は200万円超え! 別に、よし200万円を稼ぐぞ! と思って稼いだわけではなく、本当に気づいたらという感じ。僕のような不定期な働き方でも、わずかですが貯金もできるようになりました。これで、いつ俳優の仕事が入っても大丈夫! やりたいことを妥協せず、その上でしっかりと稼ぐのは決して難しいことじゃないんです。
ヒマがなくても稼げる秘密はココに!! 短期バイトで稼ぐ3つのポイント
ポイント1.空いている日はすべてバイト! の勢いが大事

 俳優の仕事が入ると、丸々1ヵ月、バイトに入れないこともあります。となると、がたんと収入が落ちてしまう……。俳優の仕事がないときは、“蓄えの期間”と割り切って、スケジュールが空いている日は基本的にはすべてバイトに入るようにしています。少し大げさですが、収入の面ではもちろん、そのくらいの勢いがあったほうが日程を選んで働くよりもずっと気楽に働くことができるんです。


ポイント2.こまめにスケジュール確認。ムダな時間を作らない

 俳優の仕事が半日で終わる日も、残りの時間はバイトを入れるなどムダな時間をつくりません。今のバイトは、基本的に前日に電話をして仕事をもらうスタイル。ぽっかり時間が空いたときにもバイトを入れることができるので、積極的にバイトに入るようにしています。夜勤などの勤務の短期バイトもあるので、空いた時間にバイトを入れやすいんですよ。


ポイント3.綿密な情報収集で“おいしい”バイトをゲット
こうやって稼ぎました!!
1~3月:俳優の仕事はなく月に20日ほどのバイトで72万円GET!!
4月:5月の舞台の稽古が忙しく最小限のバイトで8万円GET!!
5月:オペラ公演にエキストラ出演 合い間の週2日ほどのバイトで10万円GET!!
6、7月:単発で俳優の仕事をこなす 残りの日のバイトで22万円GET!!
8~12月:月2、3回、CMや時代劇などの撮影 それ以外の日のバイトで100万円GET!!

 僕が、現在のイベントのバイトを始めたのは俳優仲間から紹介してもらったことがきっかけ。似た環境にいる仲間からの情報はやはり参考になります。当時は出版社の倉庫でアルバイトをしていたのですが、シフト制だったので突然休むとほかの人に迷惑をかけてしまうことになるので気をつかっていました。そんなとき、前日に入れることができる現在のバイトのことを教えてもらって飛びついたんです。現在も、芝居やバイトの現場で、『何かいいバイトはないか』と、こまめな情報交換は欠かしません。

友達づきあい、休養もおそろかにはしていません!
齋藤忍さん 時間が空いたら、とことんバイトするようにしていますが、週に1度は仲間達とタップダンスの稽古をしたり、友達と遊んだりと、プライベートも大切にしています。今、やっている短期バイトは仕事をするか、しないかは前日に決めればいいので、自分の予定も優先しやすいんですよ。俳優の仕事もバイトも体力勝負なので、体調管理にも気を配っています。食べられるときにしっかり栄養価の高いものを食べ、体調が悪いなと感じたら、無理をせず、休むようにしています。
友達づきあい、休養もおそろかにはしていません!
 人生は1度だけ! 僕の場合、まだ俳優の仕事1本で生計を立てていくのは難しい状況ですが、自分のスケジュールを優先することができる短期バイトなら効率よく働くことができます。まとまった時間が取れなくても、スケジュールが不規則でも、しっかり稼げるのが短期バイトのメリット。僕も、稽古と撮影の合い間などの時間にムダなく稼いでいます。これからも自分を信じてがんばっていくつもりです。信念をもって夢を追っていれば、なんとかなるもの。一緒にがんばっていきましょう。
【取材協力企業】 株)ユニティー新宿支店 電話番号:03-3374-7771(担当/尾山)
編集後記
 僕が大学生のときは、サークル活動が忙しくて「まとまった時間がとれないから、バイトでたくさん稼ぐなんてムリだ!」と決めつけてあんまりバイトをしていませんでした。今回の取材で、齋藤さんのお話を聞きながら昔の自分を振り返ってみると、まとまった時間はとれなかったものの、短期バイトでなら働ける時間はあったと思います。そのときにたくさんのお金を稼いでいたら、できたことはもっと増えていたのかもしれないですね。 「2009年こそ稼ぎたい!」 そんな風に思っている人は短期バイトをうまく活用してがんばってくださいね。

おすすめコンテンツ