日給50,000
交通費全額支給
+
原作者&キャストサイン入りパンフレット

世界累計2,500万ダウンロードを突破したマンガ・ノベルサービス「comico」で連載中の少女マンガ『爪先の宇宙』が、2017年11月に実写映画化されることが決定!『爪先の宇宙』は、高校生の時に親友の放った一言で心を閉ざしてしまった吉河亜紀が、自分を変えたいと小さなカラオケボックスでバイトをすることで、バイト仲間と共に成長していく再起物語。
今回「an超バイト」では、桐嶋ノドカ、北村諒がダブル主演を務める映画『爪先の宇宙』の初日舞台挨拶でカラオケ店員のようにキャストにマイクを渡したり、ドリンクを運んだり、キャストのお手伝いをするバイトを大募集します!
物語主人公の亜紀のように、人と話すのが苦手な方も大歓迎!一歩踏み出して応募してみよう!バイト先を舞台に仲間と共に成長していった亜紀達のように、バイトを通して人生が変わることを「an超バイト」でも感じられるかもしれません。沢山の方からのご応募お待ちしております!

 

募集要項

内容 2017年11月17日(金)に行われる映画『爪先の宇宙』初日舞台挨拶で、カラオケ店員のようにキャストにマイクを渡したり、ドリンクを運んだり、キャストのお手伝いをしていただきます。
報酬 ・日給50,000円
・交通費全額支給
・原作者&キャストサイン入りパンフレット
募集人数 2名
応募資格 ・経験、年齢、性別など一切不問です。
~こんな方にお勧めです~
・『爪先の宇宙』が好きな方歓迎!
・挫折して立ち直りたい方、自分を変えたいと思う方歓迎!
・人と話すのが苦手な方歓迎!
実施日 2017年11月17日(金)4時間程度
※時間は変更となる可能性があります。
実施場所 東京 TOHOシネマズ上野(今秋開業予定)
※詳細は採用者にのみお伝えいたします。
募集期間 2017年10月17日(火)
~ 11月6日(月)23:59
採用通知 2017年11月10日(金)までにメールまたは、お電話にて連絡をさせていただきます。
 

応募方法

応募受付は終了しました。
たくさんのご応募
ありがとうございました。

作品紹介

「いつだって本当は、伝えたい事がたくさんあるの。」
親友の朋子が発した一言で他人と接する事が出来なくなってしまった吉河亜紀は高校を卒業してから一年間自宅に引きこもる日々を過ごしていた。
このままじゃダメな事は自分でも良く分かっていた。
けれど他人を前にすると親友の言葉が頭の中を駆け巡ってしまう。苦痛が亜紀の心を支配していく。

携帯電話の電源はあの日から切れたままだった。

そんな時、ふと目に入ったアルバイト募集のチラシ。
亜紀はそんな自分を変えるため一歩踏み出す決意をする。

カラオケボックスでバイトを始めた亜紀。
そして、バイト仲間を通じて、少しずつ変わっていく―。

キャスト・スタッフ:
■タイトル:『爪先の宇宙』
■原作:manni「爪先の宇宙」(comico)
■出演:桐嶋ノドカ 北村 諒
    加村真美 美沙玲奈 名塚佳織 廣瀬智紀
■監督:谷内田彰久
■脚本/芸術監督:中野裕太
■脚本協力:野村伸一
■主題歌:桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」(キングレコード)
■挿入歌:桐嶋ノドカ「夜を歩いて」(キングレコード)
■公開:2017年11月公開
Ⓒ「爪先の宇宙」製作委員会・manni/comico


※外部サイトへリンクします。

TOPへ戻る▲