レポート公開!

2019年8月11日(日)にアメリカ・ロサンゼルスで実施した、カーリー・レイ・ジェプセン“カリー差し入れバイト”の模様をレポートいたします!今回の「an 超バイト」に採用されたのは、東京都にお住まいの女子大学生、松田さんです!ロサンゼルス到着から、カーリーにカレーを差し入れするまでの様子の他、松田さんご本人によるライブレポートもお届けします!





東京の羽田空港から約10時間の長時間フライトをへて、ロサンゼルスに到着です!



ライブは夜の開始で、バイトのお仕事も夕方からということで、少しの間ロサンゼルスの街を散策することに!



大学のサークルでは様々な洋楽で歌やダンスのパフォーマンスをするサークルに属しておられるという松田さん。エンターテインメントの本場、ハリウッドの街並みにもテンションUP!




夕方からのバイト本番に向けて、本場のハンバーガーでエネルギー補給!




そして…、ついに本番の会場となる、「ウィルターン・シアター」に到着です!
1931年に建てられたアメリカでも最も歴史ある劇場のひとつである「ウィルターン・シアター」。アール・デコ調に装飾された建物の雰囲気に、カーリーとの対面が近づく松田さんの気分も一層高まります!





会場に入ると、現地でライブを取り仕切るスタッフの皆様に温かく迎え入れていただき、その後の流れについて一通りの説明を受けた後、まずは最初のお仕事として、オフィシャルグッズの物販スペースで、在庫管理のお仕事をさせていただくことに。
物販担当のスタッフさんに丁寧に指導いただきながら、ミスをしないように丁寧に在庫チェックをする松田さん。憧れのカーリーのライブをサポートするお仕事に、真剣に取り組んでいただきました!



物販エリアでのお仕事を終えると、いよいよ今回のお仕事のメインとも言える、カレーの差し入れをさせてもらえることに!
ずっと憧れてきたカーリーに直接会えるということで、緊張を隠しきれない松田さん。
ついに、カーリーとご対面!






「Hi~!」と素敵な笑顔で迎えてくれたカーリーに、緊張しながらも自己紹介をして、日本から持ってきたカレーの差し入れをお渡しすると、その場で包装を開けて、喜んで受け取っていただくことができました!
カーリーからの「Thank you very much!」の言葉と笑顔に、松田さんからも嬉しい笑顔がこぼれます。


今後はカーリーからお返しに、と、サイン入りのオリジナルTシャツをプレゼントしていただきました。
「これ、ちょうど欲しかったTシャツなんです!!」と感激の松田さん。
最後は嬉しいツーショット撮影とハグで、ライブ本番まで一時のお別れ!




と、ここで、ライブ本番を待つ松田さんに驚きのサプライズが!
なんと、通常は一般の観客には公開されない、サウンドチェック(リハーサル)の様子を見学させてもらえることに。
今にもカーリーに直接手が届きそうな距離で、一足先にカーリーのパフォーマンスを見ることができ、本番に向けてより一層気持ちが高まった松田さん。



ここからは、松田さんご本人によるライブレポートをお届けします!!





Carly Rae Jepsen ライブレポート(LA公演)

最新アルバム『Dedicated』を掲げ、6月末から始動したThe Dedicated Tourアメリカ公演。
これまで30都市を周ってきたアメリカツアーの締めくくりとなる公演が、ロサンゼルスで行われました。
会場はアールデコ調の装飾が特徴的なウィルターン・シアター。芸術的で歴史的な場内は、まさに90年代のような世界観でした。ライブを心待ちにしているたくさんのファンが続々と集まり、最前列から2階席までシアターを埋め尽くします。


そしてついにその時が…!
会場が暗くなりバックミュージックが鳴り響くと一気に大歓声が沸き起こり、ステージに彼女の影が映った瞬間観客の熱気がさらにヒートアップ。
1曲目No Drug Like Meで幕が上がり赤い衣装をまとったCarlyが登場すると、みんなも一緒になって歌い始めました。

Photo by @alexkaneperkins


Julienではディスコサウンドに合わせてステージのミラーボールがキラキラ光り、まさにディスコに来たような気分!曲中MCでもこの曲には特に思い入れがあると語っていました。
そしてCall Me Maybeが流れると観客の興奮が最高潮に!ファンも思い思いに歌ったり飛び跳ねたりしていて、みんなから愛され続けている曲であることを実感しました。


Photo by @alexkaneperkins

Photo by @alexkaneperkins

Feels RightではサプライズでElectric Guestが登場し、会場は大盛り上がり。Carlyもノリノリでとっても楽しそうでした。
11曲目For Sureは雰囲気をがらりと変えてしっとりと歌い上げ、後半はコーラスシンガーの2人だけで素晴らしい歌声を披露していたのが印象的です。
そして12曲目What You In My Roomで衣装チェンジ!グレーのジャケットとスカート、ベレー帽のセットアップで登場です。公演ごとに変化する衣装やヘアアレンジには彼女のこだわりがつまっていて、ツアーを通して見どころの1つです。


Photo by @alexkaneperkins

Storeでジャケットを脱ぐと、中に着ていた黒いシースルーのシャツになんと漢字やカタカナのネオンサインがデザインされていました!そしてなんといっても、Carlyはライブ中にたくさんファンサをしていて、ファンとの距離がとても近いなと感じました!
今回のセットリストの中で一番感動したのがWhen I Needed Youです。サビで観客にマイクを向けると、ファンたちは大合唱!最後のサビではバックミュージックがなくなり、みんなでアカペラの歌声をCarly に届けました。あの時の場内の一体感がとってもアツかったです。



感無量といった様子のCarlyが”I really really really really really really like you!” と叫ぶと、I Really Like Youが始まり観客も大興奮!

17曲目Everything He Needsでは、アイコニックなダンスが特徴的でみんなも真似して踊り、Carlyの可愛らしさも全面に溢れていました。ライブが終盤にさしかかると、エモーショナルな曲の1つであるReal Loveを披露。歌詞1つ1つに特別な思いを込めながら歌っていることが感じられました。

そして最後のMCではアメリカツアーが終わってしまうことに触れ、ファンに感謝を伝えていました。
フィナーレのCut to the Feelingが流れ始めると、観客みんなジャンプして歌って手を振って、Carlyとの残りの時間を全力で楽しみます!
そしてラストは場内に紙吹雪が舞い、最高潮の熱気に包まれながら幕を閉じました。


Photo by @alexkaneperkins


終演後もファンの興奮は収まらず、シアターのロビーで大合唱が巻き起こっていたのもアメリカならではだなと感じました。8月28日から始まるカナダ公演、そして10月に行われる来日公演も楽しみです。



■カーリー・レイ・ジェプセンの楽曲のご試聴はこちら
https://open.spotify.com/playlist/37i9dQZF1DWTPXrXVSEvR9

■来日情報
https://www.creativeman.co.jp/event/carlyraejepsen19/





「an超バイト」体験を終えて



松田 彩 さん(大学生/東京都)

今回の企画に参加させてもらえると知ったときはすごく驚きました。中学2年生の時からファンであるCarlyにずっと行ってみたかったロサンゼルスまで会いに行くことができて、本当に夢のようです。Q&Aセッションやカレーの差し入れといった交流を通して、改めてCarlyの人柄の良さやみんなから愛されているということを実感し、ずっと好きでいてよかったと思いました。アメリカのファンの方たちもパワフルで熱気があって、ライブも最高に楽しかったです。企画が進むにつれ、こんなにも幸せな機会をいただいていることにプレッシャーを感じることもありましたが、一生忘れない思い出になりました!貴重な経験と幸せな旅をありがとうございました。

募集要項

内容 8月11日(日)(現地日付)開催のカーリー・レイ・ジェプセンのツアーライブ会場で、カーリー本人に差し入れをお届けいただく他、ライブを鑑賞いただき、その盛り上がりをレポートしていただきます。
報酬 ・日給50,000円
・往復渡航費全額支給(※宿泊費含む)
・サイン入りグッズ
待遇

・カーリー・レイ・ジェプセンとの記念撮影
・ライブ本番の鑑賞

募集人数 1名
応募資格

・年齢性別不問
・経験不問
・パスポートをお持ちの方(実施期間中に有効期限内)
・実施期間中に渡航可能な方

~アイ・リアリー・ライク・ユー(こんな方歓迎します)~
・カーリーが大好きな方
・カリーも大好きな方


【諸注意】
※英語力は問いません。
※通訳出来るスタッフが同行します。
※空港までの交通費は実費となります。
※空港からの渡航費及び渡航先での宿泊費以外の費用(国内交通費、超過手荷物運搬料金、渡航先での移動費、個人的な飲食費等)はご当選者様のご負担となります。
※海外旅行保険には必ずご加入ください(ご自身でご加入いただくようお願い申し上げます)。
※ESTA(エスタ)は事前にご自身で申請してください。
https://esta.asia/kinyurei.php
※20歳未満の方のご応募には、保護者の同意が必要となります。
※本ツアー期間中は団体行動をお取りいただけること。
※ご当選者様のご希望による日程変更、延泊、減泊、途中参加、離脱や交通手段のご変更はできません。
※当選者のみの招待となります。当選者以外の方の追加の本ツアー参加申し込みはお受けできません。
※キャンセルをした場合、当選の権利は失効します。なお、当該キャンセルによって当社に損害等、追加費用が発生するなどの場合、キャンセル料を請求する場合がございます。
※本ツアー中にご当選者様の責めに帰すべき事由により、当社又は第三者に損害を与えた場合、ご当選者様はその賠償の責任を負います。

実施日時・場所 8月11日(日)(現地日付)/アメリカ・ロサンゼルス
The Wiltern - Los Angeles, CA(3790 Wilshire Blvd, Los Angeles, CA 90010 アメリカ合衆国)

【スケジュール(予定)】
8月10日(土)成田空港発~現地到着
8月11日(日)ライブ本番
8月12日(月)現地出発
8月13日(火)帰国

※詳細は当選者の方へご連絡いたします。
※スケジュールは変更になる場合がございます。
募集期間 2019年5月30日(木)~ 2019年6月12日(水)23:59
採用通知 2019年6月19日(水)までにメールまたは、お電話にて連絡をさせていただきます。

※本募集はパーソルキャリア株式会社により実施されますが、雇用元はイーストアイプランニング株式会社となります。
※諸般の事情により急遽企画内容が一部変更となる可能性がございます。

応募方法

応募受付は終了しました。
たくさんのご応募
ありがとうございました。

【カーリー・レイ・ジェプセン】について

カナダ生まれのシンガー・ソングライター。ジャスティン・ビーバーのレーベルと契約後、「コール・ミー・メイビー」が2012年最長全米No. 1シングルに。またアウル・シティーとの「グッド・タイム」も全米ダブル・プラチナムを獲得。第55回グラミー賞では最優秀楽曲賞を含む2部門にノミネートされることとなった。2015年には、この年洋楽最大級のヒット曲となった「アイ・リアリー・ライク・ユー」を収録したアルバム『エモーション』をリリースし、サマーソニック出演、そして11月東名阪ジャパン・ツアーは完売となった。2017年9月には『エモーション』に収録しきれなかった楽曲集にCMでもお馴染みの大ヒットシングル「カット・トゥ・ザ・フィーリング」を追加収録した『カット・トゥ・ザ・フィーリング〜エモーション・サイドB+』を発売。そして、2019年5月17日に約4年ぶり3作目のアルバム『デディケイティッド』が発売。このアルバムを引っさげたツアーが6月からスタート。

※外部サイトへリンクします。