レポート公開!



2018年2月17日(土)に開催された映画『サニー/32』の舞台挨拶で北原里英さんが、
“拉致・監禁”されないよう見守った“ボディガード”の活躍をレポートいたします!
今回の「an超バイト」に採用されたのは、埼玉県在住の野澤さん(左)と、東京都在住の松山(右)のお二人です!

レポートの最後には、プレゼントキャンペーンもあるのでお見逃しなく♪


まずは、北原さんの楽屋まわりの確認をして、記念に一枚。


北原さんと挨拶を交わし、しっかりと警備することを誓います。


いよいよ、ボディガードとして、始動!
舞台挨拶の会場に向かう北原さんを見守ります。


舞台挨拶中も気を抜かず、見守ります。


舞台挨拶終了後も、気を抜かずに見守ります。


会場から移動車の間で、拉致・監禁されないよう、最後まで気を抜かずにしっかりと見守ります。

ボディガード、お疲れ様でした!


「an 超バイト」体験を終えて


松山さん(大学生/東京都)

採用決定の通知をいただいた時は、まさか自分が選ばれるとは夢にも思っていなかったので、とても嬉しかったことを覚えています。
アルバイト当日、会場に向かうとまず初め、なかなか見ることができない北原さんや白石監督の楽屋を見学させていただき、改めて身が引き締まる思いがしました。また、普段テレビや映画でしか見ることができない撮影所も案内していただき、大変貴重な体験をさせていただきました。
舞台挨拶直前には、北原さんと白石監督ご本人とご挨拶させていただく時間も設けていただきました。お二人を目の前にして、とても緊張しましたが、気さくに話しかけていただいたおかげで、緊張も和らぎました。 本番は、最前列で拝見させていただきましたか、登壇するお二人だけでなく、多くのスタッフの皆さんが様々な持ち場でお仕事を全うされている姿に深い感銘を受けました。
今回のアルバイトを通して、改めて北原さんの人柄の良さを感じることができ、また1つのイベントを成功させるために多くの方々の努力が詰まっていることを肌で感じることができました。貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。


野澤さん(高校生/埼玉県)

今回この「an超バイト」に、まさか自分が採用されるとは思ってもいなかったのでとても驚きました。採用の連絡を頂き、嬉しくて泣いてしまいました( 笑 )。あまり実感がないまま当日を迎えました。本番は緊張していましたが、スタッフさんが優しく教えてくださり、とても貴重な経験ができました。普段は見れない舞台裏には、沢山の方々の支えがあって華やかな舞台が完成するんだと実感しました。北原里英さんにお会いした時はオーラに圧倒されました。お話ができてとても嬉しかったです!大好きな北原里英さんの主演映画「サニー/32」の初日舞台挨拶を、支える側として携われたこと光栄に思います。たくさんの応募者の中から選んでいただき、今回夢のような一生忘れない素敵な経験ができました!本当にありがとうございました。


プレゼント企画


この「an超バイト」のレポートをTwitterでシェアしてくれた方の中から

抽選で3名様に、“北原里英さんサイン入りプレスシート”をプレゼント!



①「an」公式Twitterアカウントをフォロー!


②応募ツイートをリツイート!


【応募期間】

2018年3月6日(火)~2018年3月19日(月)23:59

 

【当選通知】

当選者の方には「an」公式Twitterアカウント(@weban)より

ダイレクトメッセージにてご連絡致します。

尚、当選連絡の際に、「an」へのフォローがされていない場合には、

当選が無効となりますので、ご注意ください。


募集要項

内容 2018年2月17日(土)の舞台挨拶にて、北原里英さんが“拉致・監禁”されないよう、“ボディガード”として、身辺警護をお願いいたします。
報酬 ・日給50,000円
・交通費全額支給
・北原里英さんサイン入りプレスシート
募集人数 2名
応募資格 経験、年齢、性別など一切不問です。
・バイト当日、黒系スーツ・白ワイシャツをご持参いただける方。
・北原さんを拉致・監禁しない方。
実施日時 2018年2月17日(土)
※詳細は採用者のみにご連絡いたします。
実施場所 東京都内某所
※詳細は採用者のみにご連絡いたします。
募集期間 2018年1月25日(木)~2018年2月7日(水)23:59
採用通知 2018年2月9日(金)までにメールまたは、お電話にて連絡をさせていただきます。

※本募集はパーソルキャリア株式会社により実施されますが、雇用元は株式会社allfuzとなります。

応募方法

応募受付は終了しました。
たくさんのご応募
ありがとうございました。

作品紹介

“サニー”……それは「犯罪史上、もっとも可愛い殺人犯」と呼ばれた11歳の女の子

 来春、人気アイドルグループ「NGT48」から卒業することを発表、主演を務めた“きたりえ”こと北原里英は自らのTwitterにこう書き込んだ。「これはわたしの人生で事件です」と。そう、事件の映画であり、映画の事件! その名は『サニー/32』。先読み不可能、サスペンスフルな感情のジェットコースタームービーとして姿を現した本作は、現在の日本映画界をリードする監督・白石和彌と脚本・髙橋泉の『凶悪』タッグによる完全オリジナル作品だ。

■作品紹介:冬の新潟の或る町。仕事も私生活も振るわない中学校教師・藤井赤理(北原里英)は24歳の誕生日を迎えたその日、何者かに拉致された。やったのは二人組で、柏原(ピエール瀧)と小田(リリー・フランキー)という男。雪深い山麓の廃屋へと連れ去り、彼女を監禁。柏原は「ずっと会いたかったよ、サニー……」と、そう赤理のことを呼んだ。
“サニー”とは――世間を騒がせた「小学生による同級生殺害事件」の犯人の通称。そのいたいけなルックスゆえに「犯罪史上、最もかわいい殺人犯」とネットなどで神格化、狂信的な信者を生み出すことに。
この“サニー事件”から14年目の夜、二人の男によって拉致監禁された赤理。赤理は正気を失っていきながらも、陸の孤島と化した豪雪地帯の監禁部屋から脱出を試みるが、それは驚愕の物語の始まりにすぎなかった――。

■タイトル:『サニー/32』
■公開日:2018年2月17日(土)全国ロードショー、2018年2月9日(金)新潟・長岡先行ロードショー
■配給:日活
■出演:北原里英、ピエール瀧、門脇麦、リリー・フランキー
■監督:白石和彌



※外部サイトへリンクします。