記事検索

人気記事ランキング

集計期間:10/1~10/31

最新VR研修を体験!「塚田農場」がアルバイトの研修に力を入れる目的とは?(前篇)



 国内に241店舗(※)ある「塚田農場」。おいしい料理に加えて随所に細かで丁寧なサービスが盛り込まれているため、学生から社会人にまで人気のお店です。最近では、2017年8月に塚田農場公式アプリをリリースして認知度がより一層高まっているため、あの名刺( “主任” “課長” などの肩書き入り)を持っているという方も更に増えたのではないでしょうか。

 そんな「塚田農場」ブランドをはじめ数多くの飲食店を経営する【株式会社エー・ピーカンパニー】では、“食のあるべき姿を追求する”というミッションのもと、食産業の活性化を図っています。

             生産者・販売者・消費者の相互関係を表したグラフ。
             生産から加工、流通、販売までを手掛けています。



 特徴的なのは、関連会社・子会社として生産・加工の機能を持っており、養鶏場や加工センターと連携することで、生産から加工・販売までを一気通貫して自社内で完結している点です。一連の流れを自社内で行えることで、生産者は安定した収入が得られ、生産に専念でき、さらには雇用拡大にもつながっています。

 具体的には、2004年時点では宮崎県での生産・雇用者数が24農家・6名だったのに対し、2014年時点ではそれぞれ、55農家・110名まで雇用の拡大につながっています。それに伴い、みやざき地頭鶏出荷数も増加し、2014年時点では地頭鶏の生産量が全国3位になっています。



 【株式会社エー・ピーカンパニー】では、アルバイトスタッフの教育にも力を入れていることが様々なメディアで取り上げられています。

 店舗に訪れたことがあるお客様の中には、スタッフの気遣いやサービスを見て「どういった研修を行っているのだろうか?」と興味を持った方もいるのではないでしょうか。そこで今回、an report編集部がその秘密に迫るべく、どのような教育・研修制度があるのか広報の彦坂さんにお話を伺いました。


“宣伝大使”のアルバイトスタッフに、もっと生産者のことを知ってもらいたい


――【株式会社エー・ピーカンパニー】ではアルバイトスタッフ向けに豊富な教育・研修制度があるそうですが、どういったものがあるのでしょうか?

彦坂「細かな研修制度はたくさんあるのですが、代表的なものとしては、生産者とアルバイトをはじめ店舗スタッフが一同に会す“AP万博”や、社内コンペの賞品としての産地研修旅行などがあります。

“AP万博”は、宮崎や鹿児島の地鶏農家や野菜農家、酒蔵などを東京に呼んでアルバイトスタッフの方と実際に交流をしてもらう場です。どういった想いを持っているのか、どのように鶏(ひな)と接しているか、といった生産者の生の声をスタッフに伝えてもらうという内容です。

交流の場を定期的に設けることで、生産者とのつながりを強固なものにするとともに、アルバイトスタッフの口から生産者の伝えたい想いやメッセージを消費者へ送ることができています。

 

研修旅行は、産地を実際に見学、体験できる研修です。店舗運営力を競う社内コンペの最優秀店舗に与えられる賞品としてプレゼントされます。

アルバイトスタッフに実際に宮崎や鹿児島に行ってもらい、養鶏場や加工場、酒造、野菜農家を訪問し、実際の様子を体験してもらっています。実際に現地へ訪れ、産地の様子を体感することで、実店舗の接客に役立てています。




こうした研修を実施する背景には、アルバイトスタッフに“生産者のことをもっと知ってもらいたい”という考えがあります」


――アルバイトスタッフに“生産者のことをもっと知ってもらいたい”と考える理由は何なのでしょうか?

彦坂「お客様に最も多くの時間接しているのは、アルバイトスタッフです。いわばアルバイトスタッフが塚田農場の宣伝大使なのです。

まず、塚田農場で提供しているメニューが “新鮮” で “美味しい” 理由を、アルバイトスタッフ自らの口で伝えることで、お客様の満足と安心につながります。そしてそれが店舗の売上へとつながり、ひいては、 “食産業の活性化” にもつながると考えています」



臨場感のあるVR動画なら“食べる”ことの意味を深く理解してもらえる


――【株式会社エー・ピーカンパニー】では、VR(仮想現実)技術を用いて研修を始めることにしたそうですが、その理由は何でしょうか?

彦坂「今までは、宮崎に研修に訪れた店長・料理長が中心となって、写真などを用いながら現場で感じたことを他のスタッフに伝えてもらっていました。また、一部のアルバイトスタッフはプライベートの旅行でわざわざ産地を見学してくれています。しかし、すべてのアルバイトスタッフに産地での体験を臨場感もって知ってもらうために、2017年7月より、VR(仮想現実)技術を用いた研修を始めることにしました。

現実に限りなく近いかたちで生産加工の場を体験してもらうことで、“誰がどのように生産・加工をしているか”、“生き物が食べ物になる瞬間”を知ることで“食べる”とはどういう行為なのか、ということを体感してもらっています。

実際にVRを体験したことでモチベーションアップにつながったというアルバイトスタッフもいました。接客時や調理時の想いや心遣いに変化が出たと言っていました。自分の口からお客様に伝えたいことが増えるようです」



実際に編集部がVRを体験してみた


彦坂「VR研修は3編に分けて映像を収録しています。せっかくなので実際に体験していただければと思います」

 

          an report編集部が実際にVR動画を体験させていただきました。


 (後篇に続く)

 次週掲載予定の後篇では、実際にan report編集部が最新のVR研修を体験している様子をお送りします。そして、更にその目的や意義について深掘っていきたいと思います。


まとめ

 
 今回は、「最新VR研修を体験!「塚田農場」がアルバイトの研修に力を入れる目的とは?」の前篇として、エー・ピーカンパニーのいくつかの取組みについてご紹介しました。

 エー・ピーカンパニーは、 “食のあるべき姿を追求する” というミッションのもと、食産業の活性化を図るために、いくつかの具体的な取り組みを行っています。

【取組み1】生産 ⇒ 加工 ⇒ 販売を一気通貫に
・(生産者)販路が確保されているので、生産者は安定した収入が得られる
・(販売車)販売価格を抑えられるので店舗の競争優位性が上がる→売上UP
・(消費者)通常6,000円はする料理を3,800円程度で食べられる

【取組み2】宣伝大使のアルバイトスタッフを教育
アルバイトが生産者の声を知ることで、接客の質が上がり、お客様の満足に繋がる
・(AP万博)養鶏場の生産者を東京に呼んで交流する
・(研修旅行)一部のアルバイトを2泊3日の宮崎研修旅行に連れていく
・(VR研修)すべてのアルバイトに産地での体験を臨場感を持って知ってもらう

 読者の方々にも活かしていただけそうな情報がたくさんあったのではないでしょうか? 本稿がきっかけで、新たな取り組みの導入などに繋がれば幸いです。


 ※ 2017年3月31日現在 ライセンス店舗を含む

 


メールマガジンにご登録いただくと記事の更新をタイムリーに受け取ることができます。
ご登録はこちらからどうぞ

 

「anレポート」に掲載されている記事・図表の著作権は、全てパーソルキャリア株式会社または正当な権利を有した第三者に帰属しています。
当該著作物を利用する場合には、出所の記載をお願いします。
また、編集・加工等をして利用する場合には、上記出所に加え、編集・加工等を行ったことをご記載ください。
WEBサイトに掲載される場合はこちらからお問い合わせください

 

 

 

「an」「LINEバイト」など求人のご掲載、料金のお問い合わせ窓口0120-393-350 [サポート時間]9:30~18:00 土日・祝日及び弊社指定休業日を除く WEBからのお問い合わせ・ご相談はこちら

anに安定的な人材確保をお任せください。

「an」「LINEバイト」など求人のご掲載・料金のお問い合わせ

メルマガ登録

メルマガ限定コラムやサイト最新情報など、採用活動に役立つ情報満載のメルマガをお届けします。

登録する

サンプル・バックナンバーはこちら

メルマガ登録(登録無料)

アルバイトの採用や育成に役立つサイト「an report」から、メルマガをお届けします。
サイトの最新更新情報や、求職者の動向をタイムリーにお届けいたします!

メルマガに登録する(毎月 第1、3火曜に配信)

関連記事はこちら

2017年11月20日 専門家コラム <専門家コラム>

『an』の元カリスマライターに聞く! 人手不足時代の求人原稿作成に役立つコツ(前篇)

2017年11月13日 企業事例集 <企業事例集>

最新VR研修を体験!「塚田農場」がアルバイトの研修に力を入れる目的とは?(後篇)

2017年10月31日 求職者データ <求職者データ>

選ぶ面接だけじゃダメ!企業は面接で求職者に選ばれている!?

企業事例集の最新記事

ページトップへ

  • 2017 (2件)
  • 2015 (10件)
  • 2014 (3件)
  • 2013 (5件)
  • 2012 (6件)
  • 2011 (6件)
  • 2010 (3件)
  • 2009 (6件)
  • 2008 (9件)
  • 2007 (6件)

メディアパートナー

HRpro

HITO総研Report