記事検索

人気記事ランキング

集計期間:11/1~11/30

『an』の営業が考える「超・バイト採用難時代」に今すぐすべき対策(前編)

 今年6月の有効求人倍率は1.51倍を記録し、バブル期を超える水準にまで到達しており大きく話題になっています。
各企業は「何か対策を講じなければならない」として時給アップや外国人積極活用などに踏み切っているものの、十分な人員を集めるには至っていないケースも多くみられます。仕事を探す求職者にとってアルバイト先の選択肢が増えていくなかで、他社と差別化し、求職者に選んでもらえる企業になるにはどうすれば良いのでしょうか。
 そこで今回は『an』の営業として採用の最前線に携わる、関西営業部 エキスパートの畑中正さんと同営業部 ゼネラルマネジャーの川人真次さんに登場いただき、「採用成功に向けて現場・経営陣それぞれが今すぐすべきこと」というテーマで語っていただきました。
 前編では多くの企業が採用に関して直面している課題について触れています。


                 畑中正さん(写真左)、川人真次さん(写真右)


 

採用現場で起きている課題とは


時給アップや外国人活用だけではもう人が採れない!

                  畑中正さん/20年以上求人広告に携わる採用のプロ


――アルバイトの採用難と言われて久しいですが、多くの現場・経営陣が抱える悩みとは具体的にどんなものなのでしょうか?

川人:現場の人事部や店舗は上から「コストを抑えて効率良く、一定数以上のアルバイトを必ず採用しろ!」と言われ困っていますし、経営陣はサービスの維持・向上のために、良い人材が採用できるなら多少コストはかかっても良いと感じる反面、「これ以上採用コストや人件費をアップすると減益になってしまう。事業の拡大を一度ストップする、あるいは計画を下方修正する必要があるかもしれない」とやはり困り果てています。

畑中:2016年度の人材業界の市場規模は前年比110%ほどと言われています。つまり、それだけ皆さんが採用に悩み、関連予算を増額しているということです。
加えて①採用対象を広げる、②就業条件(勤務日数・時間・シフトの組み方など)を柔軟にする、③時給を上げる、といった取組みも多くの企業で行われているのではないでしょうか。ですが多くの企業が行っている分、差別化しきれず、その拡大には限界があるのも実情です。


――そうしたなかで、採用担当者が着手すべきこととは何でしょうか?

畑中:短期的には「貴重な応募者と確実に連絡を取ること」、中長期的には「求職者の価値観に対し訴求すること」2つが重要ではないか考えています。
どちらにも共通で言えるのは、「求職者を尊重する企業姿勢」が非常に重要ということです。


重要ポイントその1:「応募者の取りこぼし」をゼロに近づける
――それではまず「貴重な応募者と確実に連絡を取ること」について、詳しく説明してもらえますでしょうか

畑中:まず、応募があった場合、出来る限り面接に繋げる工夫です。有効求人倍率が上昇し、採用競争が一層激しくなる中で、1件の応募は大変貴重です。特に意識せず、今まで通りの連絡の仕方や対応で、採用できなかったら「仕方がない」「縁が無かった」という企業様もあるかもしれませんが、1件の応募の取りこぼしに課題認識し、意識的に取り組みを行わない限り、採用に至るまでの歩留まりは改善しません。有効求人倍率が上昇し続けている中、今後ますます面接に至るまでの“取りこぼし”をゼロに近づける取り組みが、一連の採用活動の取組の中で重要になります。

当社のグループ企業ではコールセンター業務も行っているため、採用担当者の代わりに応募者対応を行う提案をしたことがあります。私が担当したケースですと、ある1件の応募に対して、連絡がつくまで丁寧に連絡しようということで、応募のあった当日に3回、翌日に2回、3日後に1回、4日後に1回と計7回の電話をかけました。


その際、以下のような細かい改善策も実施しました。

・不明な電話番号からの連絡に不審がられない工夫
→ 電話をして繋がらなかった場合は「応募の御礼」と「再度掛け直す」旨もメールする

・繋がる確率を上げ、集中的に連絡する
→ 連絡した時間の履歴を残し、繋がりやすい時間の傾向を把握する(例えば、10時、12時、15時、16時の時間帯繋がりやすい、など)

 

その結果、それまで応募に対して約50%しか求職者と連絡がつかなかったところ、代行の受託後はそれを8090%にまで高めることができました。例えば月間100件の応募であれば、3040名の面接増加ですから、劇的な改善です。

当初は「そんなに何度も連絡して嫌がられないか?」といった懸念もありましたが、応募者の方も「たまたま授業中で電話に出られず、折り返せずにそのままで」や「知らない電話番号だったけど、何度か連絡が合ったので安心した」などの意見もあり、その心配は杞憂に終わりました。

企業姿勢として応募いただいた方には丁寧に対応する。繋がらない場合もメール等でサポートする、そういった一つ一つの姿勢が求職者の印象に繋がり、結果として面接が増える、という事例だと思います。

価値観や働き方が多様化してきている今、必ずしも条件だけが求職者にとって魅力に映るのではなく、従業員を大切にしてくれる会社か、多様な働き方や考え方を受容してくれそうか、といった点も重要視されてきているのかもしれません。
そういった中で、応募者対応1つとっても、企業姿勢が問われる世の中に変わってきている気がします。

(後編に続く)


まとめ

畑中さん・川人さんの話を伺うなかで「減益や事業拡大にストップをかける、場合によっては計画を下方修正する、といった人手不足の及ぼす影響に経営陣が困り果てている」という話が非常に印象的でした。

現場も経営陣も疲弊し、困り果てているなか、これから一体どのような施策を実行していけば良いのでしょうか。

8月28日公開予定の後編では、次の重要ポイントである「求職者の価値観に対し訴求すること」の具体的な内容について語っていただきます。お楽しみに!


 

取材・文:神保勇揮(INCLUSIVE株式会社)

 

 

営業担当紹介

畑中正さん
大手の派遣会社と、物流関連企業の2社を担当。どちらのお客様とも20年以上担当している。主な業務としては「an」や「DODA」といった自社求人媒体活用の提案・出稿と、採用業務の改善提案。他にも、採用管理システムの提案や運用フォロー、採用代行業務の提案、といったものがあり、担当企業様の課題に応じ、様々な業務に取り組んでいる。

川人真次さん
主に採用数の多い全国規模の顧客を担当する部署の営業責任者。現場の店舗・人事部から経営陣に対して様々なソリューション提案を行っている。

 

 


メールマガジンにご登録いただくと記事の更新をタイムリーに受け取ることができます。ご登録はこちらからどうぞ

「anレポート」に掲載されている記事・図表の著作権は、全てパーソルキャリア株式会社または正当な権利を有した第三者に帰属しています。
当該著作物を利用する場合には、出所の記載をお願いします。
また、編集・加工等をして利用する場合には、上記出所に加え、編集・加工等を行ったことをご記載ください。
WEBサイトに掲載される場合はこちらからお問い合わせください

 

 

 

「an」「LINEバイト」など求人のご掲載、料金のお問い合わせ窓口0120-393-350 [サポート時間]9:30~18:00 土日・祝日及び弊社指定休業日を除く WEBからのお問い合わせ・ご相談はこちら

anに安定的な人材確保をお任せください。

「an」「LINEバイト」など求人のご掲載・料金のお問い合わせ

メルマガ登録

メルマガ限定コラムやサイト最新情報など、採用活動に役立つ情報満載のメルマガをお届けします。

登録する

サンプル・バックナンバーはこちら

メルマガ登録(登録無料)

アルバイトの採用や育成に役立つサイト「an report」から、メルマガをお届けします。
サイトの最新更新情報や、求職者の動向をタイムリーにお届けいたします!

メルマガに登録する(毎月 第1、3火曜に配信)

関連記事はこちら

2017年11月13日 企業事例集 <企業事例集>

最新VR研修を体験!「塚田農場」がアルバイトの研修に力を入れる目的とは?(後篇)

2017年11月6日 企業事例集 <企業事例集>

最新VR研修を体験!「塚田農場」がアルバイトの研修に力を入れる目的とは?(前篇)

2017年09月11日 専門家コラム <専門家コラム>

面接手法の見直しに! 今すぐチェック。「3つの面接テクニック」(後半)

専門家コラムの最新記事

ページトップへ

  • 2017 (11件)
  • 2015 (11件)
  • 2014 (11件)
  • 2013 (6件)
  • 2012 (5件)
  • 2011 (11件)
  • 2010 (10件)
  • 2009 (3件)

メディアパートナー

HRpro

HITO総研Report