60歳以上のシニアが希望する人気アルバイト職種・店舗ランキング ~シニアが就きたい仕事とは?~

前回のanレポートでは、60歳以上のシニアでアルバイトを行っている人がどういった志向性があるのかを調査・分析しましたが、今回はそれらの人がどういった「仕事」に興味をもっているのかを詳しく見ていきます。就きたいと思う職種の裏にはどのような理由があるのか、また、魅力的(働きやすそう)だと感じる具体的なアルバイト先はどこで、どういった特徴があるのでしょうか。人手不足を解消するためにも、シニアの志向性を理解し、採用ターゲットとして是非検討してみてください。

INDEX

調査概要

【調査地域】全国(インターネットリサーチ)
【調査対象】60歳以上で、現在アルバイト・パートに従事している人
【有効回答数】844サンプル(うち、60代680サンプル、70代164サンプル)
【調査期間】2016年12月12日~12月14日

「やってみたいアルバイト全年代」における調査サンプル

【調査地域】全国(インターネットリサーチ)
【調査対象】15歳~69歳のアルバイト就業者および希望者
【有効回答数】7,845サンプル
【調査期間】2016年08月05日 ~2016年08月15日

シニアが「やってみたい」職種ランキング

はじめに、シニアがどのような職種に就きたいかのかについてアンケートをとりました。上位にランクインしている職種と、それを選んだ理由について見てみましょう。

_

1位から10位まで全体の傾向としては、全年代における順位(表右端参照)とそう大きく変わらないものの、その職種を選んだ理由を見ていくとシニアならではの特徴が浮かび上がりました。

1位の「事務・入力・受付」では男女ともに人気職種となっていますが、選ばれた理由を見ると「半世紀以上経験したので若い人には負けないスキルがある」「PC作業はサラリーマン時代の仕事で慣れている」という意見が見られたように、長年の就業経験や相応のスキルを保有しているという理由が中心です。「座り作業で体力的に楽だから」という意見も見られていますが、多数意見ではありません。

3位の「専門・技術職など資格を有するもの」において具体的な内容を見ても、「精神保健福祉士」「電機制御装置の設計」「ボイラー技士」「学校図書館の司書」など多岐にわたる保有資格が挙がっています。また、5位の「医療・福祉・介護」では、「介護福祉士等の資格を活かせる」「薬剤師免許を持っている」という意見や、6位の「講師・インストラクター」では「今まで塾を経営していた」「以前、教師をやっていた」「スキーの指導員資格がある」というように、全体的にシニアの経験・スキルの幅の広さや専門性の高さが伺えました。8位となった「厨房、キッチン」は女性に人気となっていますが、「主婦なので自信あり」「調理には自信がある」という意見が見られており、自宅での長年の料理経験のキャリアと自負が伺えます。これらのような意見は、決して若者には見られない、人生経験の豊富なシニア独自の特徴です。

この他シニアにおいて人気なのは、軽い運動の代わりになって作業的に自分にもできそうというイメージの「軽作業(梱包・仕分け)」(2位)、「清掃」(4位)です。「重労働ではない体を動かす仕事は魅力」という意見も見られているように、シニアでは健康維持のためにアルバイトをする人は多いのです(シニア全体の約1/4)。就業時間は4~5時間というやや短時間で、身体を動かす単純作業を意識的に選ぶ人がいることが分かっており、他の年代には見られない特徴だと考えられます。
このタイプのシニアの詳細はこちらの記事をご覧ください

また、シニアにおいて突出した順位となっているのが7位「スーパーマーケット」と10位の「警備員」です。これらの職種は過去に就業経験がある人が多く、仕事内容が慣れている、自分にもできそうという意見が共通して見られています。しかし「警備員」においては「年齢的にこういう仕事しかない」という意見も多いのが実情です。

年齢的な点から採用が敬遠されがちなシニアですが、個々に長年の仕事経験や得意な分野があり、採用ターゲットとして大きな魅力があると言えます。採用側はシニア一人ひとりの経験や志向性を理解し、能力を発揮して活躍できる場を提供できるかどうかが今後の人手不足解消の鍵になるでしょう。

シニアが「働きやすそう」だと思うアルバイト先ランキング

それではこのように経験が豊富なシニアに対し、魅力的な仕事として認知されているアルバイト先はどういったところがあるのでしょうか?今度は少し切り口を変えて、シニアが「働きやすそう」だと思う具体的なアルバイト先を聞き、ランキング上位のブランドが選ばれた理由から、シニア採用のヒントを探っていきましょう。

「働きやすそうかどうか」は、テレビやニュースによる情報ではなく、日常で実際に店頭などに行き見聞きした経験をもとに回答がなされた傾向が見られました。アンケートの結果、「自宅から近い」という理由に加え、「様々な年代の人が働いている」「年配が働いてそう」といった理由で1位となったのは「イオン」。2位の「セブン‐イレブン」や3位の「ヤマト運輸」などが選ばれた理由を見ても「実際に高齢者が働いている」という声が見られていることから、「働きやすそうか」どうかは、「年齢に対する理解があり、実際に採用を行っているかどうか」という点に関係があると言えます。シニアに対し求人原稿などで募集する上では、実際に働いているシニアのエピソードを掲載できればベストですが、難しい場合は、学生だけでなく主婦も実際に活躍している職場であることが、年齢に対して理解がある点のアピールポイントになりそうです。

また、2位の「セブン‐イレブン」では「近くのお店の店員さんが生き生きとしており、定着しているように感じる」という声や、3位の「ヤマト運輸」では「毎日配達に来る人たちの感じが良い」という声が挙がっており、実際に働くスタッフから受けた印象で働きやすいのではと感じたようです。シニア採用に限った話ではありませんが、スタッフの働きぶりや職場の雰囲気が見られているという意識を持ち、日頃から活気のある職場を作っていくことが、後々の採用に活きてくると言えます。

この他、「誰にでもできるような仕組み」があると見られているブランドがランクインしています。同率3位の「役所」では「あまり頭を使って考えなくてもできそう」、8位の「ユニクロ」では「マニュアル化されていると感じる」、同率8位の「イトーヨーカドー」では「高齢者に合った職種がある」という意見が見られました。分かりやすいマニュアルが整備されていたり、仕事内容が定型的であったりすることは、年齢的に衰えを感じた層に対して大きな安心感をアピールすることができるでしょう。

ランキング外のアルバイト先を選んだ人の理由も見てみると、ここでも「幅広い年代の人が働く(年齢に対する理解)」「スタッフの印象が良い」「誰にでもできそう」という3つのポイントが挙げられます。シニア採用において念頭に置くべき3点だと言えるでしょう。

フリーコメント ~アルバイトを始めた理由~

【ダイソー】主婦もいて働きやすそうだなといつも買い物をしていて思っています
【万代】レジの人達が笑顔で挨拶してくれる
【モービル】スタッフや店の雰囲気が和やかだから
【日立物流】システムが確立していて、作業がシンプルだと思う
【サンドラック】店がきれいで大混雑がなく、余裕を持って仕事ができる。

※【】内は選ばれたアルバイト先ブランド名

一方で今回、「特になし」「分からない」のように、回答が想起できなかったものが約半数(47%)を占める結果となっています。比較材料として、若者を対象にしたanレポートの以前の「やってみたいアルバイトは?」というアンケートで、特定のアルバイト先ブランド名を想起できなかった人の割合は25%でしたので、この割合はやはり高いと言えるでしょう。

シニアに対し、魅力あるアルバイト先としてブランド作りできている店舗・企業はまだまだ少ないということは、裏返せばシニア採用において競合他社に対し採用で優位に立てるチャンスです。シニア採用を前向き捉えていくことが、人手不足の現状を先んじて打破していく重要な鍵となってくるのではないでしょうか。

シニアが「働きやすそう」だと思うアルバイト先フリーコメント 1位~5位

1位 イオン

  • 様々な年代の人が働いている。
  • 年配が働いてそう。
  • シフトがしっかりしていそうなので。

2位 セブン‐イレブン

  • 年配の人もやっているから自分もできそう。
  • 近くのお店の店員さんが生き生きとしており、定着しているように感じる。
  • 近所で歩いて行けるしレジが好きなので

3位 ヤマト運輸

  • 高齢者が配達しているので。
  • 毎日配達に来る人たちの感じが良い。
  • 勤務時間帯を選べるから。

4位 役所

  • 時間が決まっているから。
  • あまり頭を使って考えなくてもできるのでは。
  • 制度がしっかりしている。

5位 マクドナルド

  • 高齢者がすでに働いていて、環境が整っている。
  • 実際に家族が働いているから。
  • 誰でもできそうだから。

※あくまで回答者のコメントであり、実態と異なる場合があります

まとめ

  • シニアには個々に長年の仕事経験や得意な分野があり、高い専門性を持つ人も多い。採用側はいかに活躍できる場を提供できるかが鍵になる。
  • シニアが働きやすいと考えるアルバイト先は「幅広い年代の人が働く(年齢に対する理解)」「スタッフの印象が良い」「誰にでもできそう」の3点が挙げられる。

メールマガジンにご登録いただくと記事の更新をタイムリーに受け取ることができます。。ご登録はこちらからどうぞ

「anレポート」に掲載されている記事・図表の著作権は、全てパーソルキャリア株式会社または正当な権利を有した第三者に帰属しています。
当該著作物を利用する場合には、出所の記載をお願いします。
また、編集・加工等をして利用する場合には、上記出所に加え、編集・加工等を行ったことをご記載ください。
WEBサイトに掲載される場合はこちらからお問い合わせください

ページトップへ

ページの先頭へ