記事検索

人気記事ランキング

集計期間:2/1~2/28

ゆとり世代における4タイプ別傾向と対策 (1)

わがまま、常識がない、向上心がなく安定志向…、なにかと批判の多い“ゆとり世代”。
「働く」ということに対して、実際にはどういった就業意識を持ち、そして、どういった特徴を持っているのだろうか。
ゆとり世代の特徴を捉えた上で、戦力化するにはどういった対応が有効か、その検証を行いたい。

今月のポイント
  • 一口に“ゆとり世代”といってもその傾向は一様ではなく、「自己中ハリキリスト」・「こつこつ指示マチスト」・「慎重ためらイスト」・「流され甘んジスト」の4タイプに分かれる。
  • “ゆとり世代”を育成する際は、4つのタイプに基づいた対策が重要になってくる。
調査概要

【インターネットリサーチ】
■調査対象:
北海道、首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)、東海(愛知)、関西(大阪、京都、兵庫、滋賀)、九州(福岡)在住
かつ 1年以内に非正規雇用に就業した22歳の男女
■調査時期およびサンプル数
・2010年3月(サンプル数 488名)
・2008年3月(サンプル数 688名)

【インタビュー】
■調査手法:
対象者を会場に招いて1対1のパーソナルインタビュー
■調査対象:
首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)に在住
かつ 1年以内に非正規雇用への就業経験または求職活動経験がある15~22歳の男女を同条件の23~34歳の男女と比較
■調査時期:
2010年7月
■サンプル数
37名(うち、15~22歳は22名)

※尚、本文における“ゆとり世代”の定義は、
1987年4月2日生まれ(2003年度の第1学年から学年進行で実施された学習指導要領における高校教育をはじめに受けた年代)以降を定義している。

1.実はやる気に溢れる“ゆとり世代”

2008年との比較にみる“ゆとり世代”の特徴

 いわゆる“ゆとり世代”に対し、仕事を探す際の重視点や仕事に対するスタンスなど、その就業意識を探った。非ゆとり世代(2008年3月に22歳だった層)と比較すると、最も差が出た回答は「将来に不安を感じる」で56.8%。非ゆとり世代の回答が86.5%だったのに対し、29.7ポイント以上も減少する結果となった。全体の半数以上が不安を感じているとはいえ、リーマンショック前の2008年3月と比較して不安が減少しているのは意外であるが、将来に対して楽観的な層が増えているという表れかもしれない。

 次に差が出たのは、「できれば働きたくない」という回答。非ゆとり世代は僅か12.4%であったが、ゆとり世代の回答は38.1%と25.8ポイント上昇している。しかし、決して仕事に後ろ向きな傾向ばかりではない。3番目に差が出た回答として「仕事(またはアルバイト)はお金を得るための方法だと割り切っている」が、2008年の66.0%に対し、ゆとり世代の回答は44.5%と、21.5ポイントも減少している。そのほか「いろいろな仕事を経験したい」 、「ひとつの仕事を長く続けたい」、「仕事を通して、自分の目標や夢を実現させたい」などの項目にも上昇がみられ、仕事に対して積極的に捉えている傾向がうかがえる。

 また、今回この調査とは別に、実際に16-22歳のゆとり世代22人にインタビューを実施したところ、ここでも「やれるなら色々な仕事をしてみたい」「次の仕事はずっと続けるつもり」など、アンケート調査の結果を裏付けるような発言も多く見られた。

図1.ゆとり世代の就業意識: 「ゆとり世代」と「非ゆとり世代」における意識の差
2.インタビューから見えてきた、4つのタイプ

調査から浮き彫りになった4つの傾向とは

 ゆとり世代の調査やインタビューを行ううちに、彼らの仕事観や特徴は決して一様ではなく、4つのタイプに分類できることが分かった。

その分類を表したのが下の図である。

図2.ゆとり世代の4つのタイプ慎重ためらイスト 自己中ハリキリスト 流され甘んジスト こつこつ指示まちスト

 まず大きく分けられるのは、「自分の意思や意見に忠実」か「他人の意見に従順」かという縦軸の分類である。

 インタビューの中でも、前者には「家の近くでシフト自由・服装自由な小さい自営業のお店の販売が良い」(20歳女性フリーター)など働きたい仕事内容や条件、雰囲気などが明確に定まっていたり、「自分に合う仕事が無くても一切妥協はせず、新しい募集が出てくるまで待つ」(20歳男子大学生)などこだわりを捨てない層がいた。一方で、後者は「親が見つけてくれたのでバイトに応募した」(18歳女子高校生)、「やりたい職種は特になく、変なものじゃなかったら何でも良い。」(16歳男子高校生)など自分ではあまり考えず周囲の意見に従う発言が多くみられた。

 次に分かれたのが、自発的なアクションを起こすか否かという横軸の分類である。

 積極的にアクションを起こす層は「自分に合う仕事を見つけるために、数多くのサイトを毎日欠かさず全部見る」(19歳女子大学生)、「お店が自分に合いそうか、気になれば見に行った」(19歳女子大学生)、「やってみて、だめだったら考える」(16歳女子高生)という回答があったのに対し、そうでない者は「受付などをやってみたいが、自分には難しそう」(20歳 女性フリーター)、「携帯販売やアパレルに憧れはあるが、知識がないので自分には厳しそう」(19歳 女子大学生)などアクションに結びつかない発言がみられた。

次のページへ

ページトップへ

「an」「LINEバイト」など求人のご掲載、料金のお問い合わせ窓口0120-393-350 [サポート時間]9:30~18:00 土日・祝日及び弊社指定休業日を除く WEBからのお問い合わせ・ご相談はこちら

anに安定的な人材確保をお任せください。

「an」「LINEバイト」など求人のご掲載・料金のお問い合わせ

メルマガ登録

メルマガ限定コラムやサイト最新情報など、採用活動に役立つ情報満載のメルマガをお届けします。

登録する

サンプル・バックナンバーはこちら

メルマガ登録(登録無料)

アルバイトの採用や育成に役立つサイト「an report」から、メルマガをお届けします。
サイトの最新更新情報や、求職者の動向をタイムリーにお届けいたします!

メルマガに登録する(毎月 第1、3火曜に配信)

関連記事はこちら

2015年09月28日 企業事例集 <企業事例集>

デジタルコンテンツを活用し、人材定着を目指す「デニーズ」の教育システム

2015年06月22日 求職者データ <求職者データ>

女性スタッフに恋バナや連絡先を聞くのは「あり」なのか?「うざい」と思われるコミュニケーションの境界線

2015年05月27日 求職者データ <求職者データ>

女性スタッフへの褒め言葉はこれでばっちり!「言われて嬉しい一言」に関する調査

求職者データの最新記事

ページトップへ

  • 2017 (6件)
  • 2016 (25件)
  • 2015 (9件)
  • 2014 (5件)
  • 2013 (12件)
  • 2012 (10件)
  • 2011 (6件)
  • 2010 (11件)
  • 2009 (13件)
  • 2008 (12件)
  • 2007 (6件)

メディアパートナー

HRpro

HITO総研Report