長く働いてくれるのは誰?~「長期勤務」の分析~ (1)

採用活動にはそれなりの時間が必要だ。採用後の人材育成もまた然り、である。
現場で経験をつむほどに、スキルや知識が身に付いた、望ましい戦力が育つ可能性も高いといえるだろう。
また、頻繁に採用を繰り返す場合と、長期勤務可能なスタッフが控えている場合では、シフトの設計など人員計画も異なってくる。このような理由から長期間勤務できる人材を求めたい場面もあるだろう。
では、長期勤務が可能な人材にどうアプローチしていけばいいのだろうか。
また、実際に長く働いている人たちに共通項はあるのだろうか。
今回は、長期勤務を希望する人たちと、それを実践している人たちの意識を追ってみたい。
*)PDF版ではさらにデータの深い解説、
職種別の詳細な「辞めた理由」のデータ紹介などにも触れています。
出力しやすいA4サイズですので、ぜひご活用ください。

今月のポイント

  • 長期勤務の希望者の割合は、主婦とフリーター女性に多い。
  • 長期勤務の魅力は、安定した収入と経験・スキルが身に付くという点。
  • 時間の融通や職場環境、人間関係に配慮することが、離職防止につながる。

INDEX

調査概要

■調査方法:インターネットアンケート
■調査対象:北海道・首都圏・東海・関西・九州在住15~34歳男女
現在、「高校生、短大・専門学校生、大学生、大学院生、アルバイト・パート、派遣社員、契約社員、無職の人」且つ「過去1年以内にアルバイト・パート、派遣社員、契約社員の仕事に就いたことがある人」
■調査期間: 2008年3月
■サンプル数: 8,538名
■ウェイトバック:対象者サンプル数が実際の人口の構成比と異なるため、総務省統計局の「平成14年就業構造基本統計調査」による非正規雇用就業人口に基づき、「属性・性別」ごとにウェイトをかけた。

1 誰が「長期勤務」を希望しているのか?

~安定を望む立場の主婦、安定から先を目指すフリーター女性~

長く働いてくれる人とは、一体どんな人材なのか――。それを探るために、長期勤務を希望する層を多角的に掘り下げみたい。それを進めるにあたり、今回、ひとつの基準として半年以上の勤務を「長期勤務」とすることにした。
ではまず、どんな人たちが長期勤務を希望しているのだろうか。そこで、属性別に希望する就業期間を調べた(図1-1)ところ、半年未満を希望する層が半年以上よりも割合として多かった属性のうち、大学・大学院生はその差が18%ともっとも大きくかった。高校生や短大・専門学生もわずかだが、半年未満の希望が多い。対して、半年以上の勤務を望む割合の方が多かったのはフリーター女性と主婦で、ともに10%以上も上回るという結果となった。

図1-1. 今後の希望契約期間

では、なぜ長期勤務を希望するのだろうか。そこで、半年未満、もしくは半年以上の勤務を希望する理由を見てみると(図1-2)、そのグラフの形の違いから、両者の理由に大きな違いがあることがよくわかる。まず、半年未満を希望する層でもっとも多かった理由は、「いろいろな種類の仕事を経験できるので」の28%(複数回答・この調査結果に関して以下同様)。次いで「嫌なことがあってもすぐ職場を変えられるので」(27%)、「好きなときに好きなだけ働ける仕事が多いので」(25%)、「すぐにお金が手に入るので」(20%)と続く。
一方、半年以上の勤務を望む理由としては、トップとなったのが「安定した収入を得られるので」の32%。以下、「仕事を通じて経験やスキルが身につくので」(27%)、「仕事を通じて人間関係や人脈が築けるので」(21%)、「いろいろな種類の仕事を経験できるので」(20%)などが上位の理由となった。

vol.16 : PDFダウンロード

ページトップへ

2 実際に「長期勤務」している人たちとは……

~長期勤務は、大学生を除けば、総じて希望どおり~

次に、実際に長期勤務をしている人たちの属性を探ってみたい。
属性別に就業期間を調べた結果によると(図2-1)、まず半年未満の方が割合として多かったのは、高校生、短大・専門学生、大学・大学院生、フリーター男性。中でも、大学・大学院生は33%と23%と、10%も半年未満が多かった。対して、半年以上の方が多かったのはフリーター女性と主婦。とくに主婦は、20%から33%と、13%もアップしている。
さらにこの結果を、先の〈1〉で取り上げた、希望する就業期間を属性別に比較した円グラフと比べてみるとどうだろう。
希望期間が半年未満と実際の就業期間が半年未満だった場合については、希望では全体の半数近い46%を占めた大学・大学院生も、実際では33%に落ち込む。主婦とフリーター女性は逆に増え、とくにフリーター女性は9%も割合を押し上げた。半年以上の勤務では、希望よりも実際の方が増えたのが主婦、減ったのが大学・大学院生。ただ、それでも半年未満ほどの大きな変化はなく、その意味で、半年以上の勤務の方が希望と現実に各属性でズレが少ない、と言えそうだ。

図2-1. 属性別の就業期間

vol.16 : PDFダウンロード

ページトップへ

次のページへ

ページの先頭へ