職種別:辞める理由・継続して働く理由 (1)

 一度は選んだ仕事を辞める時、そこにはどのような思いがあるのだろうか。
理想と現実のギャップを感じたか、生活環境の変化があったのか、今回はそのような離職理由を職種ごとに紹介する。また継続の理由もあわせて掲載し、安定した労働力確保のヒントとしたい。

今月のポイント

  • 仕事を続けている理由の上位は「家から近い」か、「やりがいを感じる」か。
  • 仕事を辞める理由は続けている理由と連動しているとは限らない。

INDEX

調査概要

■調査方法:インターネットアンケート
■調査対象:北海道・首都圏・東海・関西・九州在住15~34歳男女
現在、「高校生、短大・専門学校生、大学生、大学院生、アルバイト・パート、派遣社員、契約社員、無職の人」且つ「過去1年以内にアルバイト・パート、派遣社員、契約社員の仕事に就いたことがある人」
■調査期間: 2008年3月
■サンプル数:北海道938s・首都圏2888s・東海1879s・関西1904s・九州925s 合計8534s
集計データについて:上記5エリア内においては、人口構成比にあわせるため平成19年度労働力調査のデータによりウエイト補正をおこなった。
そして、これら5エリアを合算した。

1 職種別  継続して働く理由と辞めた理由  TOP5

今月のトレンドデータでは、非正規雇用に従事している人たちが、どのような理由でその仕事をずっと続けているのか、あるいは反対に辞めてしまうのかという理由を、職種別に探っていきたい。まずは、職種別に、それぞれの継続理由・辞めた理由の上位5項目を一覧にしてみた(表1-1・1-2)。詳細は次章以降にまとめてあるのだが、まずは全体の違いを見てみよう。継続理由(表1-1)の1位として、圧倒的に多くランクインしたのは、やはり「イエチカ」。しかしそんななかで、〔医療・福祉〕〔講師・インストラクター〕〔営業〕では、「やりがいのある仕事だから」がトップに躍り出ている。また〔クリエイティブ〕でも、「仕事内容に興味が持てるから」がトップ。これらの職種では、2位以降においても仕事内容に関することや給与に関することが、多くあがっている。一方で、「イエチカ」がトップの〔オフィスワーク〕〔フード〕〔販売〕〔軽作業・ラインスタッフ〕〔配送・物流〕では、仕事内容もさることながら、シフトや勤務時間数・人間関係に関することが目立つ。継続して長く働く理由は、その仕事内容によって違いがありそうだ。

表1-1. その仕事を現在も続けている理由

では、反対にその仕事を辞めた理由は何だろう。表1-2にtop5をまとめてみた。〔オフィスワーク〕〔医療・福祉〕〔フード〕〔販売〕では、「店長・社員の雰囲気が悪いから」と人間関係にかかわることが1位。一方、〔クリエイティブ〕〔講師・インストラクター〕では「給与が低い」がトップ。そして〔軽作業・ラインスタッフ〕では「楽でない・疲れる仕事だから」、〔配送・物流〕では「長い期間働ける仕事ではないから」がそれぞれ1位。仕事内容によって、その仕事を辞める理由もさまざまだ。必ずしも、先にみた“継続して働く理由”の裏返しにはなっていない点も興味深い。それでは、次章からは、もう少しこれらの理由を詳しくみていくことにする。

表1-2. その仕事を辞めた理由

vol.15 : PDFダウンロード

ページトップへ

2 〔オフィスワーク〕継続して働く理由と辞めた理由

では、早速〔オフィスワーク〕から見ていこう。表2-2が「オフィスワークを続けている理由」(現在オフィスワークに従事している人に聞いた結果)であり、表2-3が「オフィスワークを辞めた理由」(もっとも最近に辞めた仕事がオフィスワークの人に聞いた結果)である。参考までに、表2-1に「現在オフィスワークに従事している人(続けている人)の属性分布」も掲載している。これをみると、オフィスワークを継続する理由トップは「勤務地が自宅から近いから」。以下、「自分でもできる仕事だから」「時間の融通がきくから」と続く。また、2割近くで6位に「楽な・疲れない仕事だから」がランクインしているのも、オフィスワークの特徴と言える。一方、辞めた理由トップは「店長や社員の人の雰囲気が悪いから」そして「仕事内容に興味が持てないから」。また3位に「やりがいのある仕事ではないから」も入っている。人間関係だけでなく、その仕事への興味・やりがいを感じられるかどうかが、辞める・辞めないの基準になっているようだ。

表2-1. その仕事を続けている層の属性分布

表2-2. その仕事を続けている理由top15

表2-3. その仕事を辞めた理由top15

vol.15 : PDFダウンロード

ページトップへ

3 〔クリエイティブ〕継続して働く理由と辞めた理由

それでは次に〔クリエイティブ〕を見ていこう。クリエイティブの仕事を続ける理由(表3-2)トップはずばり「仕事内容に興味が持てるから」。そして2位には「やりがいのある仕事だから」、4位には「資格・技術が身につく仕事だから」がランクインしていることから、やはりその仕事内容が非常に重要なポイントになっていることが分かる。 一方、クリエイティブを辞めた理由は、トップが「給与」、そして「店長や社員の人の雰囲気が悪いから」「長い期間働ける仕事でないから」と続く。 その仕事内容の特殊性から、自分の興味・やりがいを満たせたり、スキルが習得できることが魅力となっているクリエイティブ。ただ、給与や人間関係への不満は、辞めることにもつながる要素になっているようだ。

表3-1. その仕事を続けている層の属性分布

表3-2. その仕事を続けている理由top15

表3-3. その仕事を辞めた理由top15

vol.15 : PDFダウンロード

ページトップへ

次のページへ

ページの先頭へ