記事検索

人気記事ランキング

集計期間:4/1~4/30

職種・業界別:就業者分析 ~フード関連職種編~ (1)

求職者にとって職種とは、仕事選びの起点となりうる重要な要素。雇用側にとっても「自分達の職種を選ぶ人は何に惹かれ、何を嫌うのか?」というように、求職者を職種という点から分析することは、同じく重要。そこで今回は、職種ごとに違う求職者動向を探ってみよう。この4月号では、学生からフリーター、主婦まで、幅広い求職者が勤務を希望している飲食関連の職種を特集する。

今月のポイント
  • 飲食系職種は全般的に女性から高い支持
  • 仕事選びのポイントは職種ごとに大きな差が
  • 続いているのは「時間」の都合
調査概要
■調査方法:インターネットアンケート
■調査対象:北海道・首都圏・東海・関西・九州在住15~34歳男女
現在、「高校生、短大・専門学校生、大学生、大学院生、アルバイト・パート、派遣社員、契約社員、無職の人」且つ「過去1年以内にアルバイト・パート、派遣社員、契約社員の仕事に就いたことがある人」 で、今後も「アルバイト・パート、派遣社員、契約社員」での就労を希望している人
■調査期間: 2007年2月
■サンプル数: 6,941名
■ウェイトバック:対象者サンプル数が実際の人口の構成比と異なるため、総務省統計局の「平成14年就業構造基本統計調査」による非正規雇用就業人口に基づき、「属性・性別」ごとにウェイトをかけた。
1.女性から高い支持。フード系希望者の構成とは?

 ではフード系職種の希望者について、その属性構成比から確認しておこう(下表(1-1))。
 グラフ中の「フード系希望者全体」というのは、「レストラン・カフェのウエイター・ウエイトレス」「ファーストフードのスタッフ」「キッチンスタッフ」「居酒屋・バー」の希望者を合算したスコアをあらわす。フード系全体では男性3割・女性7割、特に女子大学生(24%)・女性フリーター(25%)が合わせて半数を占めている状況だ。
 フード職種を細かくみていくと、「レストラン・カフェでのウエイター・ウエイトレス」「キッチンスタッフ」で特に女性の多い傾向が見られる(それぞれ女性が8割・7割)。「レストラン・カフェ」では女子大学生、「キッチンスタッフ」では女性フリーターが3割強と多いのが特徴的だ。一方で「ファーストフードスタッフ」「居酒屋・バー」では比較的男性が多い(4割前後)。「ファーストフードスタッフ」では男性フリーター、「居酒屋・バー」では男子大学生がそれぞれ多い傾向だ。


表1-1 フード職業希望者 属性構成比

 では、こうしたフード系職種の希望者は、もともとはどのような仕事に就いていたのだろうか。それぞれの前職(現在就いている仕事も含める)の割合を示したのが下表(1-2)だ。
 フード系希望者全体では、4割弱が前職もなんらかのフード系に就いているほか、「スーパー・デパート・量販店スタッフ」や「事務」「コンビニスタッフ」「商品検査・仕分け」などが比較的多い。
 さらにこまかく見ていくと、たとえば「レストラン・カフェでのウエイター・ウエイトレス」希望者では2割が前職も同じ「レストラン・カフェ」というように、それぞれリピート層が2割以上を占めている。なかでも「ファーストフードスタッフ」「キッチンスタッフ」でリピート割合が高い傾向がみられた。

表1-2 フード職種希望者 前職
PDF版ダウンロード
トレンドDATAは、PDF版でも閲覧可能です。
出力しやすいA4サイズですので、ぜひご活用ください。

vol.10 : PDFダウンロード

ページトップへ

2.シフト重視=短時間希望ではありません:ウェイター・ウェイトレス

 ここからは、フード系の職種をもう少し細かく分解し、一つひとつの職種について、その層の重視点や辞める理由・続ける理由を見ていこう。

 まず「レストラン・カフェでのウエイター・ウエイトレス」から。
 表(2-1)は、レストラン・カフェでのウエイター・ウエイトレスを希望する層が 仕事選びの際に重視するポイントTOP10だ。
 重視度トップは「時間の融通がきくこと」(17%)。以下「給与が高いこと」(15%)、「店長や社員の人の雰囲気がよいこと」(11%)とつづく。
 特に1位のシフトへのこだわりは、フード系希望者全体と比較しても高いことが分かる。

表2-1 仕事選びの重視ポイント

 では、実際にレストラン・カフェでウエイター・ウエイトレスとして働いたことのある人は、どのような理由でその仕事を辞め、あるいは続けているのだろうか。下表(2-2)(2-3)に、辞めた理由・継続の理由をランキング化してみた。
 辞めた理由のトップは「店長や社員の人の雰囲気が悪いから」(24%)で、2位以下の項目を大きく引き離して高い。また3位に「働いている人になじめないから」(16%)がランクインしているように、人間関係が大きく影響しているようにみえる。また、TOP10のなかに「1日に働ける時間が短いから」(8位10%)があがってきている点は、この職種だけに見られる特徴だ。前述したとおり、仕事選びの際にはシフト最重視ではあるが、働く時間が短すぎても、それはそれで辞める原因になってしまうということなのだろうか。
 一方、この仕事を続けている理由として最も高かったのは「勤務地が自宅から近いから」(35%)、「時間の融通がきくから」(33%)。以下「店長や社員の雰囲気がよいから」(29%)・「働いている人と仲がよいから」(29%)と続く。イエチカ・シフト・人間関係という3点が、継続するうえで大きなポイントとなっている。

表2-2 辞めた理由 表2-3 続けている理由
PDF版ダウンロード
トレンドDATAは、PDF版でも閲覧可能です。
出力しやすいA4サイズですので、ぜひご活用ください。

vol.10 : PDFダウンロード

ページトップへ

3.選ぶポイント、辞める理由、双方に給与がからむ:ファーストフードスタッフ

 では次に「ファーストフードスタッフ」をみてみよう。
 この仕事を希望する層が重視することトップは、「勤務地が自宅から近いこと」(17%)、ついで「時間の融通がきくこと」(14%)。特に「勤務地が自宅から近いこと」へのこだわりは、フードを希望する層全体と比べてみてもかなり強いといえる(フード計では8%)。また、5位・6位にランクインしている「1日に働く時間が短いこと」(7%)、「1週間あたりの勤務日数が少ないこと」(5%)、「知名度の高い会社であること」(5%)へのこだわりも、ほかのフード職種希望者よりも強そうだ。一方で、「給与が高いこと」(8%)、「仕事内容に興味がもてること」(5%)への重視度はそれほど高くなく、フード職希望者全体に比べてかなり低い。

表3-1 仕事選びの重視ポイント

 では、このファーストフードという職種、実際はどのような理由で辞めたり続けたりしているのだろうか。下表(3-3)(3-4)をみてみよう。
 辞めた理由トップは、「給与が低いから」(24%)。わずかではあるが2位の「店長や社員の雰囲気が悪いから」を上回っている。辞めた理由として給与がトップにでてくるのは、実はこのファーストフードだけに見られる特徴のひとつである(ほかのフード職はいずれも、人間関係に関することがトップなのだ)。重視度では「給与」へのこだわりが特に低いこの“ファーストフード”層で、辞めた最大の理由が「給与の低さ」というのは大変興味深い。仕事探しの際は気にしていなくても(あるいは期待していなくても)、実際に働き始めると、それが原因で辞めてしまう ということなのだろうか。
 一方で、続けている理由の1位は、「時間の融通がきくから」(50%)。2位以下の項目を大きく引き離してのトップだ。TOP10 のなかに「1日に働く時間が短いから」(8位17%)がランクインしているという点からも、シフトや勤務時間数に関することが、仕事を続けるうえでポイントになっている様子がうかがえる。

表3-2 辞めた理由 表3-3 続けている理由
PDF版ダウンロード
トレンドDATAは、PDF版でも閲覧可能です。
出力しやすいA4サイズですので、ぜひご活用ください。

vol.10 : PDFダウンロード

ページトップへ

次のページへ
「an」「LINEバイト」など求人のご掲載、料金のお問い合わせ窓口0120-393-350 [サポート時間]9:30~18:00 土日・祝日及び弊社指定休業日を除く WEBからのお問い合わせ・ご相談はこちら

anに安定的な人材確保をお任せください。

「an」「LINEバイト」など求人のご掲載・料金のお問い合わせ

メルマガ登録

メルマガ限定コラムやサイト最新情報など、採用活動に役立つ情報満載のメルマガをお届けします。

登録する

サンプル・バックナンバーはこちら

メルマガ登録(登録無料)

アルバイトの採用や育成に役立つサイト「an report」から、メルマガをお届けします。
サイトの最新更新情報や、求職者の動向をタイムリーにお届けいたします!

メルマガに登録する(毎月 第1、3火曜に配信)

関連記事はこちら

2017年05月22日 求職者データ <求職者データ>

カフェで「働きたい」と思っている人たちの【4つの特徴】

2017年05月15日 求職者データ <求職者データ>

居酒屋で「働きたい」と思っている人たちの【4つの特徴】

2017年05月8日 求職者データ <求職者データ>

レストランで「働きたい」と思っている人の【3つの特徴】

求職者データの最新記事

ページトップへ

  • 2017 (11件)
  • 2016 (25件)
  • 2015 (9件)
  • 2014 (5件)
  • 2013 (12件)
  • 2012 (10件)
  • 2011 (6件)
  • 2010 (11件)
  • 2009 (13件)
  • 2008 (12件)
  • 2007 (6件)

メディアパートナー

HRpro

HITO総研Report