なぜ、働き方を変えるのか?雇用形態別:仕事の選択基準 (1)

アルバイト、派遣社員、契約社員、正社員。雇用形態の選択は、その後の働き方に大きく影響を与える重大なもの。何を求めるかによって、選択が違ってくるだろう。
さらに、たとえば同じ契約社員希望でも、現在アルバイトとして働く者と現在も契約社員として働く者とでは、求めることが異なるかもしれない…。何を求めて、雇用形態を変更 または継続したいのか・・・。
そこで今回は、”現在の”雇用形態にも着目したうえで、希望雇用形態別のニーズを探ってみたい。

今月のポイント

同じ雇用形態を希望していても、現在どの雇用形態かによって、その希望理由は異なる。

INDEX

調査概要

■調査方法:インターネットアンケート
■調査対象:北海道・首都圏・東海・関西・九州在住15~34歳男女
現在、「高校生、短大・専門学校生、大学生、大学院生、アルバイト・パート、派遣社員、契約社員、無職の人」且つ「過去1年以内にアルバイト・パート、派遣社員、契約社員の仕事に就いたことがある人」 で、今後も「アルバイト・パート、派遣社員、契約社員」での就労を希望している人
■調査期間: 2007年2月
■サンプル数: 6,941名
■ウェイトバック:対象者サンプル数が実際の人口の構成比と異なるため、総務省統計局の「平成14年就業構造基本統計調査」による非正規雇用就業人口に基づき、「属性・性別」ごとにウェイトをかけた。

1 現在の雇用形態/希望の雇用形態

男性フリーターの6割は「正社員」を希望

まず、非正規雇用者の 現在の雇用形態と希望の雇用形態から見ていこう。
属性別に現在のアルバイト・パート、契約社員、派遣社員の分布をみると(図1-1)、どの属性でも「アルバイト・パート」がもっとも高い。特に学生(高校生や大学生)では90%以上、主婦では80%近くにのぼる。一方フリーターは、男女とも60%前後で、その分「派遣社員」と「契約社員」の比率が高い。フリーター男性では「契約社員」、フリーター女性では「派遣社員」が多い傾向だ。
次に、希望の雇用形態を見てみよう(図1-2)。学生(高校生や大学生)では「アルバイト・パート」希望が突出。一方フリーターでは、「アルバイト・パート」は2~3割程度で、「正社員」の希望が最も高い。特にフリーター男性では6割以上だ。主婦では、「アルバイト・パート」が過半数を占めるものの、「派遣社員」が2割、「契約社員」が1割弱、「正社員」が2割弱と分散傾向が見られる。

vol.6 : PDFダウンロード

トレンド DATA はPDF版でもご覧いただけます。
PDF版では今回ご紹介した「希望雇用形態別:仕事選びのポイント」の他にも、「希望雇用形態別の希望職種」と「現在の雇用形態別の希望職種」を、詳細なデータとともに解説しています。ぜひご活用ください。

2 アルバイト・パート希望者が、仕事選択時に重視するポイント

時間の融通やイエチカを最優先できるのがアルバイト・パート

ではここからは、希望の雇用形態別に、その雇用形態に就く際の重視点を探ってみたい。まずは、 アルバイト・パート希望者から(図2-1)。希望者全体(棒グラフ部分)でもっとも多かったのは「給与が高いこと」(16%)。以下、「時間の融通がきくこと」(14%)、「勤務地が自宅から近いこと」(12%)、「仕事内容に興味が持てること」(9%)と続く。
次に、これらを現在の雇用形態別に細かく見ていこう(折れ線グラフ部分)。同じアルバイト・パート希望者であっても、現在の雇用形態によって重視点も異なるかもしれない。

〈現在の雇用形態別〉

●現在も「アルバイト・パート」の場合

「アルバイト・パート希望者」の約9割を占めるのが、この「現在もアルバイト・パート」の人たち。給与のほか、時間の融通やイエチカ(家や学校から勤務地が近いこと))も重視するのは、まさに「アルバイト・パート」らしい特徴といえる。

●現在は「派遣社員」の場合

「アルバイト・パート希望者」の5%程度を占める。重視項目トップは「時間の融通」(18%)で、「給与が高いこと」(14%)をわずかに上回っている。平均的に時給が高いと思われる派遣社員が、アルバイト・パートへと転向するのは、ずばり時間の融通を最優先してのことなのだろう。

●現在は「契約社員」の場合

「アルバイト・パート希望者」の2%程度を占める。重視項目「時間の融通」が突出(26%)。以下、「勤務地が近いこと」(22%)、「給与が高いこと」(15%)と続く。たとえ時給が高くないとしても、時間の融通やイエチカに魅力を感じて、アルバイト・パートへの転向を考えている姿が想像される。

vol.6 : PDFダウンロード

トレンド DATA はPDF版でもご覧いただけます。
PDF版では今回ご紹介した「希望雇用形態別:仕事選びのポイント」の他にも、「希望雇用形態別の希望職種」と「現在の雇用形態別の希望職種」を、詳細なデータとともに解説しています。ぜひご活用ください。

ページトップへ

次のページへ

ページの先頭へ