シニア世代が活躍するドン・キホーテ ~現場を支える新たな人財「ライジングクルー」~ (1/2)

掲載企業DATA:株式会社ドン・キホーテ

株式会社ドン・キホーテ

本社所在地 : 東京都目黒区青葉台2-19-10
代表取締役 : 大原 孝治
設立年月日 : 2013年8月14日(旧ドン・キホーテ設立1980年9月5日)
事業内容 : ディスカウントストアの運営

INDEX

01:開店前の早朝勤務スタッフ「ライジングクルー」

日本最大級の総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」。豊富な品揃えをはじめ、店内に並べられたさまざまな商品の中から掘り出し物を見つける「宝探し」感覚が楽しめる独特の陳列スタイルが人気を博している。
同店を全国にチェーン展開する株式会社ドン・キホーテでは、2014年の7月より、60歳以上を積極採用する早朝勤務パートスタッフ「ライジングクルー」の採用を行っている。開店前に商品を売り場に運んで陳列するのが主な業務内容だ。
例えば冷蔵食品の場合、バックヤードの冷蔵庫から商品を売り場へ運んで陳列したり、陳列の際に出たゴミを分別して片付ける。このような作業を繰り返し、開店前の品出し完了を目指す。

「MEGAドン・キホーテ 東久留米店」で、ライジングクルー導入後の現場も見てきた小長井氏

「MEGAドン・キホーテ東久留米店」で、ライジングクルー導入後の現場も見てきた小長井氏

ライジングクルーの勤務条件は、週2日以上・1日2時間以上。スタッフは定年退職を迎え、第一線を退いた60歳以上のシニア層を中心に主婦や学生、フリーターが在籍している。
ライジングクルーの採用を始めた背景には、より一層サービスを向上させるべく、開店前の品出しの効率を上げる狙いがあったという。

「店舗への商品輸送ルートは決まっています。納品時間が比較的遅い店舗や大型店舗は、開店時間までに品出しが完了せず、お客様を迎えても一部の売り場の商品が足りない状況でした。この課題を改善するため、早朝の品出しスタッフであるライジングクルーの採用を始めました」と語るのは、同社ヒューマンモチベーション本部(現 株式会社 ヒューマンモチベーション・ディライト)人財支援運営部責任者の小長井将氏。
メディアで取り上げられた反響も手伝って、ライジングクルーの応募者数は徐々に増えているという。口コミからの高齢者の応募や、「父(夫)をそちらで働かせたい」という家族からの問い合わせもあるのだとか。スタートから1年余りが経ち、多くの良い変化が生まれたという。

「ライジングクルーの取り組みは、スタッフ全体の労働環境の改善に大いに役立っています。開店直後からお客様を豊富な品揃えでお迎えすることができるようになったのはもちろん、時間帯売上が驚くほどアップしました。品出し専門のスタッフがいてくれることで、社員やメイトが別の業務にあてられる時間も増えました。かなり良い効果が出ていると実感しています」と話すのは、「メイト」ことパート・アルバイトスタッフ採用担当の加納啓子氏だ。
また、当初は予想していなかったメリットも生まれた。原則的にライジングクルーの勤務時間は開店前だが、営業を開始してからも作業を継続することがある。シニアスタッフが現場に立つと、同じ世代の顧客が親近感を抱き、来店しやすくなるという効果があったのだ。

ページトップへ

【次のページ】 採用・戦力化のポイント

1 2 

ページの先頭へ