デジタルコンテンツを活用し、人材定着を目指す「デニーズ」の教育システム (1/2)

掲載企業DATA:株式会社セブン&アイ・フードシステムズ

株式会社セブン&アイ・フードシステムズ

本社所在地 : 東京都墨田区八広一丁目25番12号
代表取締役 : 大久保 恒夫
設立年月 : 2007年1月10日
事業内容 : レストラン事業、ファストフード事業、給食事業

INDEX

01 教育用ハンドブックを細分化

株式会社セブン&アイ・フードシステムズが運営し、全国各地にチェーン展開するファミリーレストラン・デニーズ。現場では、「パートナー」と呼ばれるアルバイト・パートスタッフ約15,000名が活躍している。そのうち、学生が約6割、残りの約4割はフリーターと主婦が占めている。店舗運営において、パートナーの協力が必要不可欠である同社では、どのような人材活用を行っているのか。
「パートナーの採用はもちろん大切ですが、その後の定着が大きな課題でした。新人スタッフは、業務が予想以上にハードであると感じて、入社後すぐに辞めてしまうケースも少なくありません。そこで、パートナーの定着を図るには、業務指導の徹底と、スタッフ間のコミュニケーションが不可欠だと考えました。せっかく入社してくれた方たちのために、企業側は働きやすい環境づくりを常に工夫していかなければなりません」と語るのは、同社執行役員であり、人事部長を務める大塚祥子氏。

「新人用ハンドブック」はイラストや写真を豊富に使って、見やすさを重視している

「新人用ハンドブック」はイラストや写真を豊富に使って、見やすさを重視している

 

デニーズでは、数種類の教育用ハンドブックを使う。そのなかで、新人教育のためのマニュアルは、接客・調理と業務別に分かれており、40時間を目安として修了するよう構成されている。例えば接客編のハンドブックには、顧客の出迎えの流れやオーダー時に使うハンディーの操作方法などが、多数のイラストや写真を交えながら、項目別にわかりやすく記載されているのだ。
新人パートナーは「自分を成長させたい」「新しいことにチャレンジしたい」という気持ちが強く、「仕事を教えてもらえない」という理由で辞職してしまう人が多いという。このような事態を改善するために、同社は新人教育・指導を担当する「トレーナー」専用のハンドブックも制作した。トレーナーは、基本的に先輩パートナーが日替わりで担い、複数名で協力しあいながら新人の指導に当たる。
トレーナー用ハンドブックには、業務の教え方をはじめ、パートナーのモチベーションを上げるための褒め言葉や、反対に「でも・どうせ・だって……」といった、スタッフのやる気を低下させるNGワードが具体的に盛り込まれているのが特徴的だ。

ページトップへ

 

02:「eラーニング」でいつでも学べる環境づくり

業務習得を効率化する「eラーニング」システム

業務習得を効率化する「eラーニング」システム

 パートナー育成のために、同社が近年新たに始めたもう一つの取り組みが「eラーニング」だ。このシステムは、各店舗に配布したタブレット端末から、ハンドブックと連動したコンテンツを閲覧できる。レジの使い方などを動画で確認することで、より効率的に業務内容を学習してもらう狙いがある。さらに、選択式の簡単なテストで、スタッフ自身がどこまで業務を習得したか確認もできる。
「このシステムが導入されたことで、トレーナーに教わる時間以外でも、パートナーが業務について自習できるようになりました。また、途中でトレーナーが代わっても、パートナーがどこまで業務の習得を進められているのか一目でわかり、スタッフ教育が以前よりスムーズになったという報告を受けています。ただし、『eラーニング』での自習も業務の一環なので、休憩中に使うのは原則禁止し、勤務時間中の余裕がある時に活用するよう周知しています」
店内の制度が変わる時や新メニューの提供がスタートした時など、本社と店舗間での速やかな情報共有も可能となった。スタッフが業務内容をスムーズに理解できるのはもちろん、現場の声を聞きながら、不足しているコンテンツを補ったり内容を改善したりできる点が、「eラーニング」ならではの大きなメリットとなっている。

ページトップへ

【次のページ】 “スタッフの教え方”を教育することの必要性

1 2 

ページの先頭へ