13,000人の高校生バイトが活躍する「すかいらーく」のスタッフ育成術 (1/2)

掲載企業DATA:株式会社すかいらーく

株式会社すかいらーく

本社所在地 : 東京都武蔵野市西久保 1-25-8(三鷹 第3オフィス)
代表取締役会長 : 谷 真
設立年月日 : 1962年4月
事業内容 : フードサービス事業全般、その他周辺事業

INDEX

01 13,000人もの高校生スタッフを活用

「ジョナサン」や「ガスト」など、多くの人に親しまれるファミリーレストランを運営する株式会社すかいらーく。ホールやキッチン業務をはじめ、現場は多くのアルバイト・パートスタッフに支えられており、そのうち高校生は約13,000人。近年、増加傾向にあり、同社の現場を支える力強い存在となりつつある。

クルー採用チームのリーダー杉原氏

クルー採用チームのリーダー

杉原氏

「高校生を採用する大きなメリットは“素直さ”。労働経験が少ない彼らは、どこかのカラーに染まっておらず、こちらの指導内容が伝わりやすいのです。特に、最近の高校生は真面目な子が多いですね」と語るのは、人財本部でクルー採用チームのリーダーを務める杉原康仁氏。

反対に、高校生スタッフを雇うことで生まれる難しさもある。どの学校もほぼ試験期間が重なるため、試験が近づくと一斉に休みに入ることだそう。そんな問題では、事前の対策が有効だという。

「テストの時期は、フリーターや主婦の方々にお願いして人員を補っています。事前に試験期間を把握して他のスタッフにフォローをお願いしておくと、みなさん協力的に動いてくれます」

学校の試験のほかにも、高校3年生は大学受験が近づいてくる。ほとんどの高3生は夏休み前に退職してしまうという。急な人材不足に陥らないために、同社ではスタッフへ後輩や兄弟といった友人・知人を紹介してくれるように声かけも実施している。

ページトップへ

02 採用面接では高校生の“表現力”よりも適性を重視

高校生スタッフの採用面接では、大学生や社会人がもつ“表現力”を求めないことが重要だと杉原氏は言う。

「彼らくらいの年代の子たちは、自分の考えを上手に表現するスキルがまだ備わっていません。明瞭な受け答えをできないことが多いように感じられますが、それは働くなかで身につければよいものなのです」

高校生の採用面接をする時に、コミュニケーション能力の高さや自己アピールの得手不得手を採用の判断基準とすると、適性をうまく見抜けずに、貴重な人財を採用しそこねてしまう可能性がある。

「すかいらーく」では、すべての採用面接で、全社共通の質問項目をもとに、応募者の適性を判断しているという。まずは、同社が大切にしているお客様へのサービスやメニューのこだわりなど理解してもらえるかを確認。次に“時間が守れそうか”“人に迷惑をかけることについての意識はどうか”などを会話を通して見極めていく。

「緊張して質問にうまく答えられなくても、一般的な常識や、“人にサービスを提供するという意識”を持っていると感じられれば採用します。スタッフになった子たちの社会性やコミュニケーション能力を、一緒に働きながら引き出していきたいですね」

また、同社は採用決定の際に応募者本人だけでなく、保護者へも電話連絡を入れているそうだ。

高校生スタッフを採用する時は、保護者への配慮も忘れない

高校生スタッフを採用する時は、保護者への配慮も忘れない

「親御さんに一言ご挨拶をしておくだけで、きちんとした職場だと安心していただけますし、こちらも『大切なお子さんをお預かりする』という意識がさらに強くなります」

アルバイト先に子どもを預けることへの不安を持つ保護者は多い。企業側のちょっとした気遣いで、企業と保護者間のつながりが保たれる。そうすることで、「無断欠勤をする」「退職時、いきなり連絡がつかなくなる」など、勤怠や離職時のトラブルを回避し、問題があった時も保護者と連携して相談できるというメリットが生まれるのだ。

【次のページ】 スタッフ育成にオリエンテーションブックを活用

1 2 

ページの先頭へ