他社との差別化&離職防止につながる ユニークな福利厚生やスタッフ向けの制度

掲載企業DATA:KeepAlive株式会社(キープアライブ)

KeepAliveロゴ

本社所在地 : 東京都台東区台東4-8-5 T&T御徒町ビル7階
代表取締役会長 : 西田 陽介 成田 敦
設立年月 : 2006年7月
事業内容 : ITコンサルティング・システムインテグレーション事業

 

掲載企業DATA:株式会社Plan・Do・See(プラン ドゥ シー)

Plan・Do・Seeロゴ

本社所在地 : 東京都千代田区丸の内2-1-1
代表取締役会長 : 野田 豊加
設立年月 : 1993年4月
事業内容 : レストラン・バンケット(ウェディング)・ホテル等の運営、企画

 

INDEX

 

スタッフの人手不足や離職に悩む企業が多いなか、安定的な雇用や離職防止のためにはいったい何をすればよいのだろうか? そこで有効な手段の一つが、「福利厚生の充実」や「スタッフ向けの特典といったユニーク制度の導入」だ。一般的に正社員向けの制度と思われがちな福利厚生だが、今回は、アルバイト・パートスタッフに対しても、魅力的な福利厚生やスタッフ支援制度の充実を図っている企業2社に話を伺った。また、独自の制度を展開する5社の企業事例も紹介する。

01. スイーツ会・動物園の年間パス発行で“差別化”(キープアライブ株式会社)

ITコンサルティングやWebサイト構築・デザイン事業を請け負うKeepAlive(キープアライブ)株式会社では、「毎週金曜午後3時にスイーツ会を開催」「上野動物園の年間パスポートを発行」という独自の福利厚生制度を導入している。
「制度を始めたのは、創業翌年の2007年です。求人媒体で募集をかける際、横並びになった企業との差別化につながる取り組みができないかと思ったのがきっかけ。求職者がどの会社に応募しようか迷った時の決め手になれば、と考えたんです。また、面接で“求職者の緊張を和らげるネタ”として活用する狙いもありました」と話すのは、代表取締役の西田陽介氏。
小規模な企業の場合、他社との差別化を図りたくても、コストや時間をかけて社内制度を整備するのは現実的ではない。「2人で始めた小さな会社だからこそ、できることはないか」と考えて、このような福利厚生を思いついたそうだ。
「毎週金曜のスイーツ会」には正社員を含む全スタッフはもちろんのこと、一緒に仕事をしているパートナーや顧客が参加することもあるという。
「“スイーツに対して妥協をしない”のがコンセプト。コンビニ菓子など、どこでも買えるものは避けています。個人では購入を迷ってしまうようなものを中心に選んでいます」と西田氏は話す。例えば、有名高級ケーキ店の商品全種やホールケーキのほか、休日は行列ができる人気店のスイーツを用意しているそう。スタッフを喜ばせるために、スイーツ選びには工夫を怠らない。
もう一つの福利厚生である「上野動物園の年間パスポート発行」は、台東区にある同社ならではの制度だろう。会社の近くに同施設があるため、年間パスポートを申請すれば、好きな時にいつでも動物園に行くことができる。
このような福利厚生制度を取り入れることで、アルバイト・パート募集にどのような成果が見られたのだろうか。
「導入したばかりの頃にアルバイトを募集した際、例年の5~6倍の応募がありました。初めて求人広告を出した影響もありますが、人事担当者から、『スイーツ会や年間パスポートに対して反響があった』と報告を受けています。また、『スイーツ会』は、仕事で関わることがない人たちとも顔を合わせる機会となるので、対人関係が広がるとアルバイトスタッフたちにも好評です」
また、同社では年1回の社員旅行も開催している。基本的にスタッフ全員で話し合って目的地を決め、アルバイトを含めた全社員が参加するスタイルだ。協力会社やクライアントが参加することもあるという。
「前回の社員旅行は札幌でした。選んだ理由は、産休から復帰した女性スタッフの実家が札幌だったこと。女性スタッフは札幌まで子どもと一緒に行き、実家に預けることで社員旅行に参加することができました。スタッフの事情を考慮した柔軟な旅行計画を心がけています」
人材に関する今後の展望について、「雇用形態を問わず、新卒や若手の未経験採用を増やしたいですね。応募の入り口の一つとして、今後も福利厚生制度を役立てていくことができれば」と西田氏は語る。
小さな企業ならではの柔軟な発想から生まれたユニークな制度。社内の風通しの良さを求職者に伝えることが他社との差別化につながり、応募者増加という成果が表れたようだ。

 

 

ページの先頭へ