従業員満足度を重視し、急ピッチで店舗展開する「串カツ田中」 (1/2)

掲載企業DATA:株式会社ノート

株式会社ノート

本社所在地 : 東京都渋谷区桜丘町2-9第一カスヤビル
代表取締役会長 : 貫 啓二
設立年月日 : 2006年12月
事業内容 : 飲食店の経営、FC開発、プロデュース

INDEX

01 「串カツ田中」急成長の要因

正社員からアルバイトスタッフまで、同社の人材採用を担当する伊藤氏

正社員からアルバイトスタッフまで、同社の人材採用を担当する伊藤氏

 2008年の1号店開業から約6年で都内を中心に70店舗まで拡大した大衆居酒屋「串カツ田中」。その店舗展開のペースにはすさまじいものがある。
「串カツ田中」の看板メニューである串カツは、串打ちしたネタに衣を付けて揚げるシンプルな料理。調理スタッフに専門的な技術が不要という業態が、短期間に多店舗化を可能とした要因だ。
店舗を運営する株式会社ノートは、直営店だけではなく、FC(フランチャイズチェーン)店の展開も早期に導入。業務の標準化とマニュアル化を徹底することで、どの店舗でも、同じクオリティの味やサービスを提供することに成功している。
これらの仕組みを活用し、急成長する同店を支えているのが、接客と調理に従事するアルバイトスタッフたちの存在だ。

ページトップへ

02 アルバイト確保につながる自由な職場環境

同店を訪れてまず感じるのが、若いアルバイトスタッフたちの元気の良さである。かしこまりすぎず気取らない接客が、親しみやすい雰囲気を生み出している。
「ありがたいことに、アルバイト採用で苦労している店舗は少ないですね。応募者は大学生やフリーターなど若い人が多いのですが、自由な雰囲気がウケているのか、募集をかければ人が十分集まる状況です」と語るのは、同社総務部の人材採用担当を務める伊藤正弘氏。

自由な職場環境が、活気ある店のムードを作り出している

自由な職場環境が、活気ある店のムードを作り出している

 人手不足の現在、アルバイト採用に苦労している企業が多い飲食店業界にあって、急速な多店舗展開でも人材を確保できているという。その理由を尋ねると、「スタッフにとって楽しく働きやすい職場であることを第一に考え、勤務条件や環境の整備を心がけています。週1日勤務からOKですし、服装に関してもTシャツとエプロンは支給しますが、シューズやボトムス、帽子などは自由です。清潔感がある見た目ならば、髪型や染髪の色にも厳しくなく、ピアスも禁止していません」と伊藤氏。
個性やプライベートの時間を大切にしたい若者には、自由度が高い同店の環境が受け入れられやすいようだ。また、「友達が○○店で働いていて、バイトがとても楽しいと聞いたので応募しました」というように、口コミで集まってくる応募者も多いという。
このような環境づくりの背景には、同社が目指す「従業員満足(ES)⇒顧客満足(CS)⇒売り上げ⇒待遇」のサイクルがある。まずはスタッフが笑顔で働けることが前提であり、その笑顔が顧客に伝わり、「またこのお店に来たい」と思う顧客の満足が売上につながるのだ。売上は利益となり、スタッフの待遇が向上。待遇が良くなると、スタッフのモチベーションもさらに向上するという好循環サイクルだ。
「“シフトが自由”“マニュアル化されていて難しくない”“服装や髪型も自由”といった環境が、アルバイトスタッフたちに働く楽しさを感じる心の余裕を生み出しているのだと思います。その余裕が、心のこもったサービスやおもてなしの接客につながり、さらにはお客さまがリピートしてくれる大きな要因になっているのだと思います」
勤続3年以上ならアルバイトでも海外社員旅行に参加できたり、3カ月ごとに昇給のチャンスがあったりと、人事評価や待遇面でもしっかりと長く働ける環境を整えている。約1年前に正社員登用制度も整備し、すでに4名の実績を生んでいる。
【次のページ】 スキルとやりがいを向上させる「串カツ検定」

1 2 

 

ページの先頭へ