年長のアルバイト・パート従業員と上手にコミュニケーションをとる方法 – 株式会社フォーブレーン 稲好智子

近年はアルバイトやパートの採用に力を入れる企業が増え、退職後の男性や子育てが一段落した女性など、シニア層を戦力として雇用するケースも珍しくありません。一方で、自分よりもはるかに年上のスタッフを部下に持ち、接し方に悩む若い社員や店長も少なくないようです。そこで、株式会社フォーブレーン代表であり、『よくわかるパートタイマー活用の雇用管理』などの著書を持つキャリア・コンサルタント、稲好智子さんに、年長スタッフへの接し方のコツを伺いました!

最初に理解しておきたい、シニア層スタッフを雇用するメリット

「シニア層は大きな戦力になる可能性を秘めています」

「シニア層は大きな戦力になる可能性を秘めています」

コンビニエンスストアやスーパー、百貨店のお歳暮コーナーなどでの接客系、倉庫での商品仕分けなどの物流系、一般事務や経理などの事務系を中心に、シニア層が、アルバイト・パートとして勤務するケースが増えています。

若くして管理職を任されている社員や店長にとっては、まさに“年上の部下”。普段のあいさつにすら気を遣う“やりにくい相手”と感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。そこで、まずはシニア層を雇用するメリットをおさらいしてみましょう。

シニア層のスタッフに期待できる3つのポイント

  1. 定年退職をした人の場合、社会常識があり、これまでに培った知識や経験を生かした働きができる。
  2. 主婦など、子育てを終えた人の場合は、短時間でさまざまな家事をやりくりすることに慣れているので、ムダを上手に省きながら作業をてきぱきとこなせることが多い。
  3. 時間に余裕があることから、残業やシフトの交代をお願いしたとき、快く引き受けてくれる可能性が高い。

シニア層のスタッフは、うまく信頼関係を築ければ頼もしい味方になってくれます。とはいえ、年齢を重ねてきた彼らならではの問題行動があったり、若い社員のふとした言動がトラブルを招いたりすることがあるのも事実。お互いに良好な関係を築くには一体どうすればいいのでしょうか?

具体的なトラブルの事例を見ながら、解決策を探ってゆきましょう。

年長のスタッフが起こしがちなトラブル

今年4月に改正高年齢者雇用安定法が施行されたことにより、これまで社員として勤めていた人が、定年後も同じ社内の他の職場でアルバイトやパートとして働くケースも増えています。

「立場が変わったことを自覚していなかったり、自身を過大評価していたりするアルバイト・パートスタッフもいます」

「立場が変わったことを自覚していなかったり、自身を過大評価していたりするアルバイト・パートスタッフもいます」

なかでも男性に多いのが、社員時代に部下だった人に対して、アルバイトやパートなどの非正規社員になっても以前のように指示を出すなど、立場を超えた行動をとるケースです。または、「これまで面倒を見てきたのだから、これくらい融通してほしい」と、自分のわがままを通そうとする例も。

一方、女性スタッフにまつわるトラブルは、アルバイト、パートとして長年勤務した“現場のヌシ”的な存在がいるときに起きやすいですね。

職種によっては、管理職として新たに赴任した社員が、“現場のヌシ”的なベテランのスタッフから仕事を教えてもらうというのはよくある話。そのような現場ではベテランスタッフがシフトを勝手に組み替えたり、お店の運営方針に口を出したりと、社員に匹敵する権限を振りかざすことも……。社員側も、「この人は業務に詳しいから」と仕事をたくさん任せてしまい、「これだけ働いているのだから、社員並みの給与をください」と言われてしまう事例もあります。

また、女性の年長スタッフのなかには、お子さんやお孫さんの体調不良を理由に休みがちになる人も少なくないようですね。このような行動は、他のスタッフに悪影響を及ぼしたり、業務に支障をきたしたりするおそれがあります。若い社員・店長がこれらの問題を防ぐにはどうすればいいのでしょうか?

事前に契約書を結ぶことが大切!

まず、アルバイト・パートに対して、彼らの仕事は何か、社員の仕事は何かをはっきりと区別すること。そして、それを周知することが大切です。この際は、仕事内容を詳細に記した契約書を作るのがおすすめ。異動した先で契約書が結ばれていなければ、自分が赴任したタイミングで新しく結ぶのがよいでしょう。

というのも、あらかじめルールを作っておけば、先に述べた「これくらい融通してほしい」などのわがままへの「否」も言いやすくなり、ベテランスタッフに仕事を任せすぎることも、権限を超えた干渉も回避できるからです。

休みがちなスタッフには、「お約束した働き方と違います」と伝えて、勤務状況の改善を求めることもできます。年次有給休暇の範囲内で休むのは何も問題はありません。しかし、その日数を超えて休むことが頻発するのであれば、「うちの職場で働いていただくのは難しいと思います」と、ハッキリ伝えるのも大事です。

若い管理職が踏みがちな“地雷”とは

さて、これまで見てきたのは“年長側”に非がある例でした。今度は、若い社員や店長などの“年下側”に問題がある例を見ていきましょう。

仕事の現場では、年齢は関係ありません。指令を出す側、雇用する側が“上”であり、指令を受ける側、雇用される側が“下”。しかし、年下の者が年長スタッフに対してタメ口で話しかけたり、「きみ、きみ」と呼びつけたりすれば、年長スタッフが「失礼だ」と感じても無理はありませんよね。

「当たり前に見えるメールも、相手によっては真意が伝わらない可能性があるコミュニケーション手段なのです」

「当たり前に見えるメールも、相手によっては真意が伝わらない可能性があるコミュニケーション手段なのです」

「その年で、そんなことも知らないの?」「前にも教えたのに、何回言ってもできない」などととイヤミを言うのもいけません。ウソみたいですが、よく聞く話なのです。

また、事務系の職場でしばしば見られるのが、メールで注意するケース。実は、良好な関係を築く上で、これは厳禁と心得てください。特に年長スタッフの場合は、メールというコミュニケーション手段に慣れていない人がほとんど。必要以上にきつく受け止めたり、文面の裏を読んでしまったりして、真意が伝わらないことが多いのです。

さらに、メールでの注意は、内容によってはパワハラに認定されてしまうこともあるので気をつけましょう。問題になるのは「何を書いたか」ではなく、「相手がどう受け止めたか」。そのため、注意をするときは、相手の様子を見ながら、口頭で、冷静に行うがベストです。

これらの失敗を何度も繰り返して、互いの溝が深まっていくと、職場の空気はどんどん険悪になっていきます。現場によっては、スタッフたちが団結し、集団になって社員を無視したり、「あの程度で正社員なの」などと聞えよがしに言うことも……。自分がオーナーであれば、話し合って辞めてもらう道もあるかもしれませんが、普通は自分の一存でスタッフをクビにすることなどできません。どちらかが現場を去るまで、つらい状態が続くのです。

一方で、スタッフの方が精神や肉体に変調をきたし、通院や入院をよぎなくされるパターンもあります。そうして退職に追い込まれたスタッフが、企業と管理職を相手取り、裁判を起こすことも実際にはよくある話です。

一度関係が壊れたら、修復はもはや難しいと思ったほうがいいでしょう。そのためにも、うかつな言動を避け、良好な関係を保てるように努力せねばなりません。

知っておきたい、年長スタッフの注意の仕方・褒め方のコツ

よりよい職場を作るためには、間違ったことをしていたら、その都度注意するのが大切です。年長のスタッフであっても、それは変わりありません。ただし、注意する場合はできるだけ別室に呼ぶなどの気遣いは重要。みんなの前で声を荒げて注意することのないようにしてください。

一方で、よかれと思って褒めたのに、関係がギスギスしてしまった……というのもよく聞く話。「よくできましたね」などの褒め言葉は、年長者相手では失礼に受け取られることもあると覚えておきましょう。褒めたいと思ったときは、「丁寧に○○していただいて、ありがとうございました」「ミスがなくてとても助かります」と感謝の形で表現するのがベストです。

年長スタッフとよりよい関係を築くために

最後に、一歩踏み込んだ信頼関係の築き方をご紹介しましょう。

年長スタッフのなかには、自分の年齢を気にして、疎外感を感じてしまう人も少なくありません。我々が考える以上に、彼らも年を気にしているのです。

そこで、スタッフの年齢に関係なく、チーム一丸となれる目標を考えてみてください。たとえば、「今日の売上目標は○○円です。みなさん、がんばりましょうね!」「今日の作業は、力をあわせて○時までにきっちり終わらせましょう」といった具体的な目標がいいでしょう。もちろん、「笑顔の多いお店にして、この地域一番の店舗になりましょう!」といった抽象的なことでもかまいません。

「そのためには、みなさんの力が必要です。力を貸してください」と話しておくと、スタッフたちのモチベーションアップにもつながります。実際に目標を達成したら、大いに喜びをみなさんで共有してください。「おかげで目標を達成できました。ありがとうございます」と伝えれば、チームの絆はどんどん強まっていきます。

これまでに培ってきた豊富な知識や経験を持ち、多くのポテンシャルを秘めた年長のスタッフたち。その能力を最大限生かせるよう、気持ちよく働ける環境を整え、楽しんで仕事に取り組んでもらえる仕組みを作れるといいですね。

良好な関係を保つポイント7つ

01:チームで楽しく働く!

職場で一緒に働くひとをチームと考え、目標を共有し、一丸となって切磋琢磨する。目標を達成したら「私たち、がんばりましたね!」「次はこの目標にチャレンジしてみましょう!」と、良い循環が生まれる。

02:「人を“使っている”」意識を捨てる

日頃から、スタッフたちは「自分の仕事を助けてくれる人」「企業に貢献してくれる人」と考えるのがベスト。「人を使っている」という意識でいると、知らず知らずのうちに言動に出てしまうことも。

03:年長だからといって、気を遣いすぎない

年長だからといって、気を遣いすぎて注意ができなかったり、接し方に差をつけすぎたりすると、今度は若いスタッフたちが不満を抱くことも。体力面への配慮や敬意を払う以外は、ほかのスタッフと同じく平等に接することも大切。

04:年長スタッフは“人生の先輩”

仕事の上では部下であっても、人生でえば年長スタッフは自分よりもはるかに先輩。いつでも、「自分よりも人生経験の豊富な方として、認めています」という気持ちを忘れずに。

05:どんなことも話し合い、柔軟に対応する

同業種を経験してきた年長スタッフのなかには、「前の職場では○○だったのに、なぜこの職場では違うのか?」と疑問を持つ人も。指摘が筋違いであれば仕組みを説明し、正しければ意見を取り入れるなど柔軟な対応が◎。

06:名前をしっかり呼ぶ

どんなにスタッフ数が多くても、「バイトさん」「パートさん」などと雑に呼ばず、それぞれをきちんと名前で呼ぶこと。個として尊重していることを示すことができる。

07:あいさつ+αを心がける

「おはようございます。昨日は遅くまでお疲れ様でした」「お疲れ様です、今日はあの仕事を終わらせていただいて助かりました」など、あいさつに一言、ねぎらいの言葉などをプラスする。

株式会社フォーブレーン 代表取締役 稲好 智子

稲好 智子 / Tomoko Inayoshi

株式会社フォーブレーン 代表取締役
国の研究機関や国立大学法人の法人化支援業務、企業における人事労務に関するコンサルティング業務を経験し、2005年に株式会社フォーブレーンを設立。人事制度整備や労務問題のコンサルティング、カウンセリング、講演など広く活躍中。著書に『Q&A職場のトラブルこんなときどうする』、『よくわかるパートタイマー活用のための雇用管理』がある。

株式会社フォーブレーン
http://www.fourbrain.co.jp/

ページトップへ

ページの先頭へ