DiSC理論から見る、4タイプの部下を上手に育てる方法(1)

 前回はリーダー育成の大切なポイントとして「部下を観察し、自分との違いを認め、その部下に合わせた育成を行う」ことの大切さをお伝えしました。今回は部下を分析する際の枠組みとして効果的な「DiSC理論」についてご説明致します。

今回はさっそく、動機欲求に基づく行動パターンをもとに人をタイプ分けするDiSC理論についてご説明したいと思います。そもそもDiSC理論とは、1920年代に心理学者ウィリアム・M・マーストン博士により提唱され、1963年、行動科学者ジョン・ガイヤー博士により、自己分析のツールとして応用されたものです。この理論を用いた人材育成ツールは、全世界84カ国で4500万人以上の利用実績があり、「行動特性分析」のグローバルスタンダードというべき存在になっています。

DiSC理論ではこの人間の行動傾向を「D、i、S、C」すなわち、「D」=主導型、「i」=感化型、「S」=安定型、「C」=慎重型の4パターンに分類します。自分や他者がどのパターンであるのかを理解し、自分と他者の違いを把握することで、意志疎通をより円滑に行えるようになります。リーダー候補者のタイプをこの4パターンに沿って考えることで、より適切な対応を取れるようになるのです。

それではここから、それぞれのタイプについてご説明していきます。

(1)D=主導型(Dominance)タイプ

(1)D=主導型(Dominance)タイプ

からコントロールされることを嫌がり、自分で仕切りたがる傾向があります。意思決定が速く、自分なりのやり方で結果を出そうとし、人に対して言いたいことをはっきり言います。一方で、ルールや細かいこと、また全体のチームワークにはあまり関心がありません。

【特徴】

・結果を直ちに求める
早く成果を出そうとし、何が必要なのかをすぐに考える。
・行動を起こす
悩んだり考えたりするよりもまず行動を起こす。
・挑戦を受けて立つ
困難、プレッシャーにたじろぐことなく立ち向かおうとする。
・意思決定が速い
買うか買わないか、やるかやらないか、意思決定が速い。
・現状に疑問を投げかける
マニュアル化されたやり方、既存のパッケージを当たり前と考えず、自分のやり方、自己流を主張する。
・権限を求める
ひとの指示を受けることや決裁を受けるのを嫌がり、自分で仕切ろうとする。

【適切な関わり方】

Dタイプのリーダー候補には、チャレンジしたくなるような目標を明示してあげることが重要です。「期待している」ということを伝え、次の大きな仕事へのチャレンジを積極的に促すとやる気が高まります。「成果・結果」に重点を置いてモチベートしていきましょう。

(2)i=感化型(influence)タイプ

(2)i=感化型(influence)タイプ

社交的で人と接することを好みます。感情表現が豊かで、周囲を明るくする力を持っています。その反面、緻密さに欠け、仕事の成果や人に対して厳しさに欠ける傾向があります。

【特徴】

・人と接することを好む
自分から積極的に人と関わろうとする
・周囲を明るくする力を持っている
肯定的で、明るいムードメーカー的存在である。
・表現が感情的である
感情表現が豊かで表現に抑揚もある。
・やる気を起こす環境をつくる
「どうせやるなら楽しくやろう」と人に呼びかけることが得意。
・人を励ます
自ら援助を申し立て、人を喜ばせる。
・楽観的
難しいことでも、安易に引き受けてしまうが、あまり後悔はしない。

【適切な関わり方】

「褒められたい」・「受け容れられたい」という気持ちが特に強いので、気付いたことを言葉に表し、褒めてあげると効果的です。態度・服装など褒める対象は何でもいいです。逆に、存在や働きを無視したり、正確で綿密な業務を求めたり、単調な業務を求めたりするとやる気を失いがちなのでその点に注意しましょう。

次のページへ

ページトップへ

ページの先頭へ