『店長力が上がる』 オススメ本 – Casual Dining 米粉麺 ぶらん 店長 森一生さん

普段からアンテナを高く張り巡らせている店長やエリアマネージャーに、業務課題の解決や自己研鑽、リフレッシュのために愛読している書籍を紹介していただきました。

私たち5人がオススメします

Casual Dining 米粉麺 ぶらん 店長 森一生さん のオススメ3冊

Casual Dining 米粉麺 ぶらん 店長 森一生さん

Casual Dining 米粉麺 ぶらん 店長 森一生さん
今年の5月にオープンしたばかりの、「米粉」を使った創作料理と野菜を中心としたカジュアル・ダイニング。従業員には立教大学時代からの友人も。人のつながりを大事にしているお店です。
東京都港区芝大門2-6-10 ポートビル1F
TEL03-3437-1334

松下幸之助「一日一話」 仕事の知恵・人生の知恵

松下幸之助「一日一話」 仕事の知恵・人生の知恵

PHP文庫/PHP総合研究所著/¥720
一日一話のかたちでまとめられた、松下幸之助さんの語録です。特に「松下は人づくりの会社だ。ものづくりはその先にあるものだ」という言葉が、今まさに自分の身にしみるんです。お店を開店して約1カ月間、がむしゃらにやってきましたが、新たに始まった従業員との関係づくり、店づくり、そして店の味づくりに、日々苦心しています。またこれからはお客様と従業員との間の関係づくりも大切な経営ポイントになってくると思います。そんな今だからこそ、しょっちゅう読み返して学んでいます。

愛されるサービス

愛されるサービス

かんき出版/新川義弘著/¥1,575
今回お店を開業するにあたって、新川義弘さんのセミナーを事前に受講する機会を得られ、圧倒されました。その上でこの本を読んだのですが、特に感銘を受けたのが「3分間ルール」の話。サービスの神様と言われる新川さんは「きっとお客様とかなりのコミュニケーションをとるのだろう」と勝手に想像していたのですが、必ずしもそうではないとわかり、驚きました。お客様との距離の取り方は、自分が今最も悩んでいることのひとつ。同じような悩みを持つ店長さんに、おすすめの一冊です。

人を動かす

人を動かす

創元社/デールカーネギー著、山口博訳/¥1,575
大学生の時に友人に勧められて読んだのがこの本です。もう20年近くの愛読書になっています。特に「人と人との関係は、自分の伝え方ひとつで変わってしまう」ということを学びました。上司の立場で従業員に何かを伝える時、どうしても感情が先に立ってしまうことが多く、いつも反省しています。人は宝です。自分が実際に経営者になってそれを痛感しました。若い頃、自分を支えてくれていた周りの人たちの気持ちが、やっと理解できるようになった今だからこそ、また読み返したくなる本です。

東進ハイスクール 大泉学園校 校舎長 中村天大さん のオススメ5冊をみる >

ページトップへ

ページの先頭へ