家庭教師のバイト・求人情報

家庭教師のバイト・アルバイト特集!仕事内容や体験談など仕事探しに役立つ情報満載です!

家庭教師でバイトしたい!と思ったら知っておきたいこと

家庭教師の時給相場、平均賃金は?

お給料は時給換算、もしくは一コマ換算で家庭教師紹介会社や派遣会社により決められます。多くの場合時給1500円以上となります。
¥平均時給(全国):1679円
※2015年9月1日現在の情報です

人間関係からトラブルまで家庭教師の体験談

ここが楽!ここがキツい!
  • ここが楽!ここがキツい!
  • 体力がない自分にはずっと座っていられる仕事なので、その点は楽でした。夏でも冬でも快適な温度で仕事ができるのもうれしいですし、自分が教えて生徒の成績が上がった時かなりのやりがいを感じました。ただ成績が悪ければ悪いほど親の要望が多いことがあるので、そこはうまく対応しないといけません。(20代、女性)
  • 楽なところは、生徒宅での仕事なので、夏は涼しく冬は暖かい事です(稀に、エアコンのない家庭もあります)。そして、座ってできる仕事なので楽です。逆にきついのは、個人のレベルに合わせて指導するので、かなり難しい内容を教えなくてはいけない時があり、予習はもちろん大変ですし、説明にも苦しみます。(20代、男性)
  • 大学生の頃、家庭教師のアルバイトをしました。一番いいところは時給が高いということです。10年以上前になりますが、時給1500円ぐらいありました。座ってする仕事なので体力もそんなに使いません。きついことは、毎回家に上がるので、親御さんに気を使うということなどがあります。(20代、女性)
  • 家庭教師は教えるために事前の準備が必要で、一生懸命すると大変なバイトではあるが、成績が上がると嬉しい上に、感謝されるので達成感もあります。受験前になるとバイトでもとても責任感があるバイトなのでやりがいがあって楽しかった。(20代、女性)
  • 勉強後のデザートとお茶が楽しみでした。生徒さんと仲良くなったので、夕食に招待されたり、お中元などで商品券をもらうこともありました。成績が上がらないときは自分自身の指導が悪かったのかと悩むこともありました。成績が上がらないと生徒さんの保護者の方とはなかなか信頼関係が築きにくいです。(20代、女性)
出会い・人間関係
  • 出会い・人間関係
  • 人間関係は、9割以上が生徒なので、楽しく会話する生徒からほとんど会話がない(指導のみ)の生徒まで色々でした。両親も家庭によっては会うことすらない時もある家庭や、必ずお茶とお菓子がでてくる家庭もありました。出会いに関してはほぼ皆無です。一回だけ姉弟で別々に家庭教師を雇う家庭がありましたが、例外ですね。(20代、男性)
  • 大学生(21歳)の頃、小学校2年生の男の子の家庭教師をしました。普通、家庭教師なんて出会いはありませんが、私の場合はそうではありませんでした。お母さんがとても若く、きれいな女性だったんです。いつも、授業が終わった後、お母さんとお茶をしてお話しをしていたのですがその時間がとても楽しみでした。(20代、男性)
  • 家庭教師仲間にかなりタイプの男性がいて、飲み会で声をかけて食事に誘ってしまいました。とても頭の良い男性で、お付き合いまではいきませんでしたが、バイト仲間としてとても刺激を受けました。(20代、女性)
  • 浪人をしていた時に家庭教師のバイトをしていて、2つ下の家庭教師の後輩と事務所で会い、だんだん仲良くなり1年後にはお互いの教え子が志望校に合格をしたので、付き合う事になりました。(20代、男性)
  • 個人宅での家庭教師のバイトで、女生徒を教えていました。もちろん手はだしませんでしたが、志望校が自分と同じ学校だったので合格をしてから交流を持ちました。(20代、男性)
トラブル・失敗談
  • トラブル・失敗談
  • 契約の時に、元気な先生が良い事が条件でしたが、その家庭で、指導を始める際、緊張して、元気の無い応対をしたせいで、初回で指導が終了してしまいました。また、やる気のない生徒で、うまく話しかけてサボろうとすることがありうっかり話し込み指導時間が少なくなることもありました。(20代、男性)
  • 家庭教師のアルバイトをしていました。生徒さんは小学生でしたので、授業において大抵のことは教えられたのですが、ふいに受ける質問に分からないことがたまにありました。そういった時は適当な答えでその場をしのぎましたが、適正な答えを返答できなくて後悔しています。(20代、男性)
  • 生徒さんの宿題を見てあげていた時に、1問間違えていることに気づかず、生徒さんのご両親から指摘を受けてしまいました。それ以来気をつけるようにしていましたが、生徒さんのご両親からあまり信頼されなくなってしまいました。(20代、女性)
  • 家庭教師バイトの醍醐味と言えば、やはり教え子の成績が伸びていくこと、やる気が出てくることですが、それがない子の場合は辛いです。勉強そのものに気が向いていかない子の担当は正直苦痛で、一生懸命やる分空回りして疲れてしまい、結局辞めてしまいました。(20代、男性)
  • 中間試験の結果次第で継続をしてくれるという条件で個人指導をしていましたが、子供がまったくやる気がなく大変でした。親バカだったので子供は悪くないと言って擁護していました。試験前にこちらから断りを入れて辞めました。(20代、女性)

応募のイロハ…電話・履歴書・職務経歴書・面接

  • 資格がある場合は、面接時に積極的にアピール

    登録制の家庭教師の場合、面接は無く電話での受け答えやメールでの面接によって合否が決まる場合が多いです。そのため、大学で教員養成学校に通っている方は、将来教師の資格を取る見込みがあるということを面接の際や書類提出に明記しておくと合格につながる確率は高くなります。既に卒業して資格を取得している方は、専門教科についても丁寧に記載すると生徒とのマッチングがスムーズにいきます。

  • 勤務可能なスケジュールを詳細に明確に伝える

    家庭教師の仕事はやろうと思えば毎日勤務が可能な仕事ですが、アルバイトでスケジュールが限定されている場合には、確実に自分が勤務できる日と時間帯を登録時や面接時にあっせん業者に伝える必要があります。スケジュールの融通が利きやすい人程、すぐに生徒が見つかるので今すぐにでも仕事をしたい場合には、スケジュールに余裕を持たせて明確に提示すると良いです。2時間でも空いた時間がある場合は、その旨も伝えましょう。

  • 面接時は、電話がかかって来た時からハキハキと丁寧に

    家庭教師は、マンツーマンで人に勉強を教える仕事です。アルバイトであっても生徒や保護者にとってはその教科のプロという目で教え方や生徒への接し方を見ています。教える時に、覇気が無い先生は生徒からも保護者からも印象がよくありません。家庭教師あっせん業者も覇気が無い先生は積極的に推薦できません。そのため面接時には明るくハキハキと大きな声で自己アピールをすると、採用されやすいと言われています。