ホテルのバイト・求人情報

ホテルのバイト・アルバイト特集!仕事内容や体験談など仕事探しに役立つ情報満載です!

ホテルでバイトしたい!と思ったら知っておきたいこと

ホテルの時給相場、平均賃金は?

ホテルでのアルバイトのお給料は、覚えることが多く体力も必要なことから、殆どの場合時給は900円を超える高水準であることが多いです。
¥平均時給(全国):933円
※2015年9月1日現在の情報です

人間関係からトラブルまでホテルの体験談

ここが楽!ここがキツい!
  • ここが楽!ここがキツい!
  • ホテルのフロントは外国人やさまざまなお客様が来て、出会いがたくさんありとても楽しいです。長時間の立ち仕事なので足や腰に負担がかかるのがキツいです。(20代、女性)
  • ホテルでのベッドメイクを担当する仕事をしていたことがあります。このベッドメイクのテクニックは一度覚えると自分の家で使うこともできて、ピシッとセッティングできた時の達成感はとても気持ちくて楽しいです。ホテルにお客さんといって行った時に見方が変わりますよ。(20代、男性)
  • ホテルの給仕係は残り物の一流料理を食べられるということがよかったです。しかし、片手で盆と料理と豪華な皿をあわせて3キロ~5キロのものを持ちながらお客様に配っていく作業はかなりの重労働です。(20代、男性)
  • 「満室です」と説明しているのになぜか納得してくれないお客様、酔っぱらって何を話しているのかわからないお客様、来た時からいきなりケンカ腰のお客様等フロント業務は苦労がありました。(20代、男性)
  • ホテルのクロークでバイトをしていました。制服も綺麗でイメージではただ荷物を受け付けるだけの楽なバイトだと思っていましたがキツかったです。重たい荷物を運ぶことが多く大変でした。ただ言葉使いを指導してもらえ、敬語を覚えられたのはよかったです。(20代、女性)
出会い・人間関係
  • 出会い・人間関係
  • フロントの人たちが年が近く、男性が多かったので飲み会が楽しかったです。バイト仲間とお付き合いすることになり、会社には内緒にしていました。(20代、女性 )
  • 働いていた時に先輩にあたる主任の方がとても人間のできている方でした。ホテルのフロントをしていたのですが、出世できる人というのは仕事ができるだけでなく人柄も立派なんだなと感じました。後輩に対していつも気遣いの言葉をかけてくれ、人生の目標となるような尊敬できる人に出会いました。(20代、男性)
  • 小さなビジネスホテルのフロントは基本的に一人勤務。同僚と話す時間はほとんどありません。上司は優しい人だったがあまり会う機会が無く、ひとりでもくもくと仕事ができる職場でした。(20代、男性)
  • 受付、宿泊管理、レストランなどさまざまな業種の方と関われるのがホテルの仕事の魅力でしょう。小規模のホテルを狙えばすぐに顔を覚えてもらえますが、大規模なホテルやブライダルスタッフなどは人数が多く、職場に馴染むのに時間がかかると聞きました。(20代、女性)
  • セクションごとに分かれて仕事をするので、ベルマンはベルマン同士でグループができていました。仕事の愚痴を言い合ったり変わったお客様の話をしたりと次第に打ち解けていき、バイト後期にはプライベートで飲みに行くほど仲良くなれました。(20代、男性)
トラブル・失敗談
  • トラブル・失敗談
  • 宿泊されているお客様が、暇をもて余してフロントに「売店のお土産品の種類が少ない」等とクレームをつけきたので、「厳選したお土産だけを用意しています」と言ったら、何も言わずにお部屋に戻られました。どクレームをつけるお客様もなかにはいます。(20代、女性)
  • 部屋にチェックインしてすぐに部屋の清掃にクレームをつけて部屋を変えてくれと言われることがあります。ホテルの部屋は、髪の毛一本落ちていることも許されず、フローリングやお風呂場の床もコロコロをかけて綺麗に掃除をするのですが、たまにお客さんが満足できないクオリティがあり、トラブルになることがあります。(20代、男性)
  • 予約をしていないのに空室に納得してくれないお客様は厄介。好意で他のホテルを紹介しているのに「そこは料金が高すぎるからダメ」と言われても。とにかくクレームが多い仕事なので頭を下げることがありました。(20代、男性)
  • ホテルの予約が女性客2人なのに、セミダブルベッドの部屋で予約が入っていた。案の上予約間違いで、当日お客様がベッドが別々の部屋にしてほしいと言ってきたが、部屋が空いてなく、簡易ベッドを入れることで納得してもらった。(20代、女性)
  • ホテルの受付でアルバイトをしていましたが、忘れ物関係のクレームはとても面倒でした。ホテル中探しても見つからないのに納得してもらえず、駅に問い合わせたところ電車の中で忘れ物が発見されていた時もありました。(20代、男性)

応募のイロハ…電話・履歴書・職務経歴書・面接

  • 志望動機をしっかりと伝え、そこで自分ができることをアピール

    面接時に必ず聞かれることは、志望動機です。アルバイトであっても、ホテルの顔となるわけなので、自分たちホテルに合っているか、どんな職場が適正かの判断をされます。志望動機はあらかじめ考えておき、丁寧に面接官の目を見て自分の思いを伝えましょう。ホテル側もホテルの仕事が好きな人と一緒に働いて欲しいはずです。将来自分がホテル関係のビジネスをやりたいと考えている場合にも、将来のビジョンを伝えると良いでしょう。

  • 自己分析を行い、長所、短所を明確にしておく

    長所や短所も面接時に聞かれる項目の一つです。誰にでも得意、不得意があって当たり前なので、包み隠さず自己分析した自分を面接官に伝えましょう。その際に、短所の表現に注意し、改善点をそえることを意識しましょう。たとえば「決断力にかける」という短所がある場合にも、「慎重派で石橋を叩いて渡るタイプ」と柔らかい表現にします。一つ表現を変えただけで、人に与えるイメージは大きく変わります。そこから、より成長するためにこんなことをやっていきたいという改善点をそえるとより、考えのしっかりした人という印象を与えることができます。短所があるかないかよりも、短所を理解し、改善する姿勢があるかが大切です。

  • 見た目から丁寧さをアピールする

    意外と見落としがちなのが、見た目です。人のイメージは第一印象でほとんど決まるといわれるほど、初対面の印象は大切です。そのため、清潔感があるきちんとした服装で面接に臨みましょう。ホテルの面接はスーツで行くのが一般的です。ホテルは丁寧な対応が必要とされますので、採用側もそのような人材を求めています。見た目からも丁寧な印象を持たれるよう、シャツのボタンは上まで閉める、すそをきちんとしまうなど身だしなみに注意しましょう。