コンビニスタッフのバイト・求人情報

コンビニスタッフのバイト・アルバイト特集!仕事内容や体験談など仕事探しに役立つ情報満載です!

コンビニスタッフでバイトしたい!と思ったら知っておきたいこと

コンビニスタッフの時給相場、平均賃金は?

地域によって差があり、時給800円~が相場ですが地方では最低時給に近いことも珍しくありません。深夜や早朝などは時給が25%程高くなります。
¥平均時給(全国):829円
※2015年9月1日現在の情報です

人間関係からトラブルまでコンビニスタッフの体験談

ここが楽!ここがキツい!
  • ここが楽!ここがキツい!
  • 夜勤で入っているとお客さんが来なくてすごく暇な時間帯があります。その時はすぐ時計を見てしまってすごく時間が経つのが遅く感じます。適度にお客さんが来てくれた方がいいです。(20代、男性)
  • 駅から徒歩15分と立地が良くないコンビニエンスストアのアルバイトはお客が全然来ないのでとにかくラクです。することといったら掃除と商品の棚出しと見切り品のロスくらいでした。(10代、女性)
  • 上司に新商品のPOP描きを任され、その商品の売れ行きが地域の店舗でNo1になると達成感がありました。接客は楽しかったですが、地味に頭だし(売れて陳列が乱れた商品を整える作業)をいかに早くキレイにできるかをバイト同士競いました。繁華街にある店舗だったので、酔客に汚されたトイレ掃除は辛かったです。(20代、女性)
  • 地域密着型の店舗だったのでスタッフ同士やお客様ともフランクな会話を楽しむことができました。しかしコンビニエンスストアと一言で言っても業務内容には接客以外にも発注や納品、陳列作業、店舗の清掃も含まれているのでさまざまな業務を覚えるのが大変でした。(10代、女性)
  • 夜勤に勤めているせいか、真夜中になるのにつれてお客様が減るのでその分、楽になります。ですがたまに何時までも忙しい時もあり、その時にレジ打ちを間違えマイナスを出し、自腹で立て替えなくてはいけないところが凄くつらいです。(20代、男性)
出会い・人間関係
  • 出会い・人間関係
  • 夕方の時間帯は高校生か大学生の女の子が入っていました。夜勤で入るので引き継ぎの時にいつもあいさつしていました。そのうちお金を稼ぐ事より女の子とあいさつすることが目当てになっていました。(20代、男性)
  • 曜日指定のシフト制だったので一緒に勤務する人が毎回同じだということもあり、先輩はもちろん後輩と仲良くなるのに時間がかかりませんでした。業務に支障が無い程度での雑談をする中でお互いの距離が縮まり、月に2~3回は一緒に食事をしたり勤務先を退職した今でも連絡を取り合える間柄の人とも出会いました。(20代、女性)
  • バイトスタッフ同士は歳が離れていても気さくで仲がよく、事務所では会議といいつつ雑談をしました。人に見られるバイトでもあるので、皆見た目に気を使いオシャレでした。まれにお客さんから電話番号を渡されたりという面白い経験もしました。(20代、女性)
  • コンビニエンスストアの早朝の時間帯でバイトしてました。毎朝同じお客さんが私のレジに並んでくれて、お互いにお互いを認識し始めた時、お客さんからメアドが書かれたメモ用紙を受け取ったりしたことがありました。スタッフ間も仲良く、時間帯が違うとあまり顔は合わせませんが、定期的に飲み会があって、交流するのが楽しかったです。(20代、女性)
  • コンビニエンスストアで働く人の年齢層は幅広いので、色々な方と出会えます。高校生や主婦の方、ダブルワークをされている方など、普段の生活では知り合えなかっただろう人たちと友人になれました。飲み会などもよくあり、普段友人と話す内容とは違うので、とても新鮮です。(20代、女性)
トラブル・失敗談
  • トラブル・失敗談
  • 酔っぱらったおじさんがお酒を買いに来ていきなりレジ前で缶ビールを飲み出しました。さすがに注意したらお前も一緒に飲めと言われ飲酒を強要されました。店長を呼んできて対処してもらいましたがすごく嫌な思いをしました。(10代、男性)
  • 商品の袋への詰め方にこだわりのあるお客様は意外と多く何回かご指摘をいただいたことがありました。せっかく購入していただいたものを気持ちよく持ち帰っていただきたいと思う気持ちで、自分が気になったお客様には自分から声をかけてお客様の希望を伺うようになりました。(20代、女性)
  • 当時プリペイド携帯電話がコンビニエンスストアで販売が開始されて、すぐにはスタッフへの説明や教育が行き届かなくて、あまりシステムを理解しないうちに販売し、お客さんもあまりシステムを知らなくて電話の開通ができなくて、強面のお客さんが「どうして使えないんだ!」怒鳴り込んでくるという大クレームになってしまいました。(20代、女性)
  • 空港に届ける宅配便を扱っているのですが、フライト日を確認せずに受け付けてしまい、間に合わないことが発覚。飛行機に荷物が間に合わないと困るとクレームになってしまい、店長自らお客さまの荷物を車で空港まで運ぶトラブルにまで発展してしまいました。確認を怠って、多くの人に迷惑をかけてしまいました。(10代、女性)
  • レジ裏で揚げているフライドチキンは、揚げてから3時間のみ販売可能なのですが、処分するのを忘れてしまい、4時間以上経過したものをお客様に提供してしまいそうになりました。店長には厳しく指導されました。(10代、女性)

応募のイロハ…電話・履歴書・職務経歴書・面接

  • 年齢や性別に対する違いはない

    コンビニエンスストアスタッフの面接では、年齢や性別はほとんど問題になりません。下は10代の高校生から上は70代まで、幅広い年齢の人がコンビニエンスストアスタッフとして働いています。年齢を理由に面接で落とされることはほとんどありません。男女の性別に関しても面接では問題になりません。深夜に若い女性が一人で勤務する、といったような場合は考慮されますがそうでなければ面接で性別を気にする必要はありません。

  • 真面目で誠意を持って働ける人が優先的に採用される

    コンビニエンスストアスタッフのアルバイトにはいろいろな人が応募してきます。雇用主が求めているのはコンビニエンスストアの仕事を的確にこなしてくれる人材であり、真面目な人を率先して採用しようと考えています。アルバイトの経験が無かったとしても、真面目で誠心誠意働いてくれる人材であれば面接で好印象を与えることができます。仕事に関しては採用後に覚えればいいのですから、真面目で誠意ある対応を心がければ採用に大きく近づきます。

  • 勤務シフトの希望条件はわかりやすくはっきり伝えましょう

    コンビニエンスストアスタッフの採用で必ず聞かれるのがシフトに関する質問です。週何日働けるのか、どの時間帯に働けるのかは絶対に尋ねられますから、希望の勤務日や時間帯は明確に答えられるように準備しておきましょう。「平日週〇日働きたいです」「午後○○時までに上がれる勤務時間を希望します」というように希望を述べておくと、雇う際のシフト調整を考えやすくなります。あまり細かく伝えると融通が利かなくなってしまいますから、多少の余裕を持たせて希望を伝えましょう。