オープニングスタッフのバイト・求人情報

オープニングスタッフのバイト・アルバイト特集!オープニングスタッフで人気のお仕事や体験談など、仕事探しに役立つ情報満載です!

オープニングスタッフのバイトで気になること

オープニングスタッフのバイトとは

オープニングスタッフとは新規オープンをする店の営業準備から開店後に至るまで働くスタッフのことであり、社員を除いて全てのアルバイトスタッフが同じスタートラインに立てるので人間関係が構築しやすく仲間意識が生まれやすいという特徴があります。また、将来その道で食べていきたいと思っている人やチームで連携をとりながら接客を学びたい人には有意義な経験ができます。例えば、飲食店の場合は新規オープンする前に料理をまかないとして食べて味を説明できるようにしておくことがあるなど、お客様へのサービスの質を高めるサポートを手厚くしてくれるのがオープニングスタッフのメリットです。

オープニングスタッフの時給相場、平均賃金は?

レストランやカフェ、バーなどに多いのがオープニングスタッフの募集です。一からお店を築くので研修などの教育やサポートなど徹底されており、新人に指導することも多いため時給を高めにしているところもあります。
¥平均時給(全国):1092円
※2015年9月1日現在の情報です

オープニングスタッフのバイトの体験談

良かった体験談
良かった体験談
  • カフェのオープニングスタッフとして仕事をしました。他の店舗での経験者や未経験者それぞれが知恵を出し合い、マニュアルにあるものから無いものまでを一緒に考えアレンジしたり良いものを作り出していくことができ楽しい職場になりました。(20代、女性)
  • 雑貨店に勤めていましたが店が開店するまでの間、皆で同時に包装やリボン掛け、のしについて学ぶので学校のようで楽しかった。ギフトのお客様にはカードを記入して貰おうなど独自のアイディアも出して皆で売上を上げようと同士のような存在になっていた。実際、開店時の売上も良く臨時手当も出た。(20代、女性)
  • スタートが同じなので、指導を受けて実践するにあたり、大きな差が無く、気軽に働けました。また、当時高校一年生でしたが、オープニングスタッフには主婦からフリーター、学生などさまざまな年齢の方がおり、仕事やプライベートを通して仲良くなれました。(10代、女性)
  • 都内にあるセレクトショップでオープンから働いていた経験があります。良かったこととしては、マニュアルがしっかり決まっていた訳ではなかったので、仕事をしながらみんなで作り上げていく雰囲気が良かったです。前職でバイヤーをしていた経験が買われて仕入れ業務にも関われたのは良かったです。(20代、男性)
悪かった体験談
悪かった体験談
  • 牛丼チェーン店のオープニングスタッフとして働きました。オープン前に研修があるのは良いなと思って入ったものの年齢も経験もさまざまな人が集まり、やる気もさまざま。社員の人がやたらと怒っている印象でさらに雰囲気は悪くなりこれなら雰囲気ができ上がっている店舗で仕事をしたほうが良かったかもしれないと感じました。(20代、女性)
  • 以前のバイト先では、入ったときにはすでに従業員同士の仲が良く、雰囲気が出来上がっている環境に仲間入りする感じだったので、自分もオープニングメンバーとして雰囲気をつくる側になりたいと思い、カフェのオープニングスタッフを選びました。しかし私が入った時期は二回目の募集だったようで、すでにアルバイトさんが何人か居ました。結果的には先輩としてその人たちに教えてもらったのでオープニングという感じがしませんでした。(20代、女性)
  • 居酒屋のオープニングスタッフをしていましたが、たくさんのメンバーが集まり、みんな同じスタートラインで研修を始めました。オープン当初はアルバイトが慣れていないのと、オープン記念特典などをやっていたこともあって多めの人数でお店を運営していたため、シフトもたくさん入っていました。ですが一ヶ月くらいすると店も落ち着き、だんだんシフトを削られるようになったので、思っていたより稼げずついには辞めてしまいました。(20代、男性)
  • ある商業施設のオープニングスタッフとして、夜間清掃をしていた時の話です。かなり広いフロアのある所で仕事量が多く、みんな同じキャリアのスタートなので道具の使い方に手間取り かなり大変な思いをしました。残業になることも当時は多かったです。(20代、男性)

聞いてもOK? 面接で確認しておきたいこと

  • オープンに立ち合いゆくゆくは社員になりたいと伝えて良いの?

    勤務先の状況により変わるので面接で伝えてみましょう。アルバイトから社員になるケースは多いですし、オープンからのルールや人間関係を知っている人であればなおさらその可能性は上がります。もし現在は社員登用は行っていないと言われた場合でも嫌な顔をせず、「アルバイトとして頑張ります」と伝えれば、やる気を評価され印象アップにつながります。

  • オープニングだけど週1で働けるか聞いて良いの?

    聞いてみましょう。もしも忙しくて出られる日数が少ないなら、最初に言っておかなければトラブルになる可能性があります。とくにオープニングはどのくらい採用すればお店を運営できるかを考えながら面接をしているので、たくさんシフトに入れると勘違いされてしまうと忙しくても出勤をお願いされてしまうかもしれません。少ないよりは多く出られるほうが喜ばれる可能性は高いですが、平日は足りそうだけど土日は人手が欲しいなど、週1,2日だけ働く人を求めている場合もありますので、マイナスになるかもと飲み込まず、こちらの条件をしっかり伝えておきましょう。

  • オープニングだけど短期で働きたいと伝えて良いの?

    確認してみましょう。基本的にはオープニングスタッフには長く働いてお店の中核になってもらいたいという方針があるのでマイナス要素になってしまいますが、勤務先の状況によって、最初の半年だけでもお手伝いしてくれる経験者がほしいなど個別の要望がある場合がありますので、短期間でもどのような点で貢献できるかを伝えましょう。