外国人のバイト・求人情報

外国人のバイト・アルバイト特集!仕事内容や体験談など仕事探しに役立つ情報満載です!

外国人でバイトしたい!と思ったら知っておきたいこと

外国人の今どきバイト事情

外国人のアルバイトは「日本語が不自由でも働ける」「人手不足でとにかく人材が欲しい」「外国人であることが望ましい」の大きく3つのパターンに分かれます。 工場のライン作業や皿洗いなどは、仕事に特に日本語を必要とせず日本語力が低い外国人でも働ける仕事です。日本に来て間もない留学生などが初めて就く仕事に向いています。飲食店など人手不足の業界では、外国人が貴重な労働力として活躍しています。マニュアルが整備されていて研修も行われるので、未経験の外国人でも問題なく働けます。外国語教師やモデルなどは、外国人であることがプラスになるので、給与も高く人気の仕事です。 どのアルバイトでも外国人だからといって特別扱いはありません。言葉の壁はあっても日本人と同じ時間に仕事をし、同じ待遇で働くことになります。

外国人のバイトの出会い事情 体験談

良かった体験談
良かった体験談
  • カナダから留学してきて、外国人歓迎のカフェで働いていました。僕の他にも外国人が何人かいて、寂しくなかったですし、日本人のアルバイトも英語が好きな人ばかりで、バイト後にみんなでコーヒーを飲みながら話すのが楽しみでした。(20代、男性)
  • 中国から日本に来てだいぶ言葉もなれた頃に、コンビニのアルバイトを始めました。周りのアルバイトは外国人だからという偏見なしに接してくれました。新人の高校生には日本人だと思われていたほどで、なんだか嬉しかったです。(20代、男性)
  • 都内にあるイタリアンのお店で働いていたのですが、カナダから来た留学生が海外からのお客様にも英語で難なく対応していました。私も一応は英語を話すことができるのですが、やはりネイティブの人には気後れしてしまいます。彼と一緒に入る日は安心できました。(20代、男性)
  • 語学学校で、私は日本語とタイ語を教えていました。外国人の多い職場だったので、休憩時間にはみんなでいろんな国の話が聞けたり、言葉を教えてもらえて良かったです。外国人が多い事で、バイトをしている間に色んな国の語学講師の人たちと友達になれてラッキーでした。時には色んな国のお菓子が食べられたりもしました。(20代、女性)
悪かった体験談
悪かった体験談
  • 夜勤の仕事でホテルのベッドメイクの仕事をしていたことがあります。夜勤は基本的に当時二人体制だったのですが、 日本語のわからない中国人の女性が入ってきて、 二人きりにされてしまったことがあります。仕草で仕事を教えるしかなくて大変な思いをしました。(20代、男性)
  • 私が学生をしていた頃、飲食店で働いていました。日本語が話せる外国人が何人かいて、多国籍な職場です。一番困ったのは文化の違いです。出勤時間に関して結構ルーズな文化もあるらしく、本人いわく日本人が時間に厳しいらしいです。(20代、女性)
  • わたしは中国から来た留学生で、ファーストフード店で働いていましたが、やはり日本語が聞き取れない部分が多く、お店に迷惑をかけてしまうことが多かったです。ゆっくりなら聞き取れるのですが、お昼時などお客さんがたくさんくるときは皆早口が多いので周りの人に教えてもらいながらやっていました。すごく申し訳ない気持ちになり、、勉強が必要と思いました。(20代、女性)
  • 日本の文化が好きで、ロシアから日本に留学してきました。色々なお話が聞きたいと思い、バーのアルバイトを受けて採用されました。店の人はとても優しく楽しかったのですが、みんなで盛り上がっている会話に笑うことができず、文化の違いを感じました。日本のアニメや本をよく見ていて自信があったのですが、まだまだ分からないことが多く悔しかったです。(20代、女性)

聞いてもOK? 面接で確認しておきたいこと

  • 多少日本語が不自由でもやる気や元気があれば問題なし

    外国人でも応募可能なアルバイトであれば、求人先企業も外国人対策をそれなりに考えているはずです。日本語が不自由でも働けるよう職場は整備されていますから、言葉の壁やハンデを気にする必要はありません。求められているのは日本語力よりもやる気や元気です。日本人以上にやる気があってバリバリ働く人材であれば、日本語に難があったとしても問題なく働けます。言葉のことはあまり気にせずに、バイトに対する積極的な姿勢とやる気や元気をアピールしましょう。

  • 外国人ライバルたちとの差別化で競争を勝ち抜く

    外国語講師のアルバイトは、外国語に堪能な外国人に人気のアルバイトです。日本語に不慣れな外国人でも高い給与がもらえるバイトですが、求人は少なく競争率はかなり高めです。出身地が大きな武器になるので、アメリカやイギリスなど英語講師として需要が高い地域の出身者は積極的にアピールしましょう。モデルの仕事は容姿やスタイル次第で、自分磨きに力を入れて美しさを高めておけば仕事も増えます。髪の手入れをしっかりしておくと面接で好印象を与えられます。

  • 具体性のある志望動機が印象アップの大きな武器になる

    志望動機を聞かれたらなぜそのアルバイトを選んだのか、アルバイトに採用されたら何をしたいのかを具体的に述べましょう。単に「お金を稼ぎたい」という志望動機では、この仕事ではなく他の仕事でもいのではないかと言うことになってしまいます。面接官も「日本のこういうところが好きだからここでこんなことを学んでみたい」という明確な希望がある外国人を積極的に採用してあげたいと感じるものです。