服装自由のバイト・求人情報

服装自由のバイト・アルバイト特集!服装自由で人気のお仕事や体験談など、仕事探しに役立つ情報満載です!

服装自由のバイトで気になること

服装自由のバイトとは

服装自由なバイトは制服や作業服の着用義務が無く、自分の好きな私服で勤務できるバイトです。イベント会場の設営や製品の検品、事務などお客様の前に立たない仕事で服装自由なバイトは多いのですが、カフェ店員やアパレル店員など人前に出る接客業の中にも服装が自由なバイトもあります。着てきた服でバイトができるので、荷物が少なくて済み、仕事が終わったらそのまま着替えずに遊びに行けるというメリットがあります。ファッションにこだわりがあり制服を着たくない人や、バイトの前後に別の用事ででかける機会が多い人にはぴったりです。

服装自由の時給相場、平均賃金は?

服装自由のアルバイトの平均時給は1178円と高めになっています。代表的なのがコールセンターでのアルバイトですが、お客様対応に知識が必要なため高時給で働けます。
¥平均時給(全国):1178円
※2015年9月1日現在の情報です

服装自由のバイトの体験談

良かった体験談
良かった体験談
  • 私はアルバイトしていたスーパーは制服としてエプロンが1枚渡されるだけで 、後は服装が完全に自由でした。学生時代にしていたのですが やはり常におしゃれをしていたい年頃でもあり、仕事さえきちんとしていれば注意はされなかったのでいいアルバイトでした。(20代、女性)
  • 広告代理店の営業事務をしていました。服装自由だったので、買ったばかりのお気に入りの服を着ていくことができ、仕事中もテンションが上がりました。また、仕事後にデートがある日はワンピースにヒールのある靴、ライブがある日はTシャツにスニーカーなどと、仕事後の用事に合わせた服装で出勤ができるのが魅力でした。(20代、女性)
  • 郵便局で事務のバイトをしていました。窓口ではなかったので服装も普段着でよくて便利でした。制服などが有ると、クリーニングをして返さないといけなかったりするのですが服装が決まっていないので、そんな必要もなくてよかったです。(20代、女性)
  • 倉庫内で、検品や梱包などの軽作業をしていました。動きやすい服装なら何でも良かったので、いつも着古したシャツとジーンズで働いていました。化粧もしていなかったです。面倒くさがりの私にはぴったりの仕事でした。(20代、女性)
悪かった体験談
悪かった体験談
  • バーテンダーは結構私服OKですが、雰囲気のあるお店だったので、自由と言ってもお店の雰囲気にあったものを着ていかなければならないので、毎日の服装選びが意外と大変でした。あと、帰宅するとお気に入りの服にお酒のシミができていたのはショックでした。(30代、男性)
  • 百貨店のお中元のピークのシーズンに、1週間だけの受付バイトをしました。服装は自由とのことだったので適当な格好でよいかと思っていたら、百貨店にくるようなお客様の相手だったので、周りはかなりキチンとした格好。自分は当時学生で、シャツやジャケットなんて持っておらず、結局買うことになってしまいました。(20代、女性)
  • 喫茶店で働いていた事があります。個人経営で厳しいルールもなく私服で働いてもokでした。当時まだ若かったこともあり、めいっぱいのおしゃれをして出勤していたのですが、高かったデニムにコーヒーをこぼしてしまい洗っても落ちないはめになってしまいました。それ以来高い洋服は着ていかないようになりました。(20代、女性)
  • 面接時に服装自由と聞いて当初は楽で良いなと思っていましたが、同世代の人ばかりの為いくら服装自由といってもダサいと思われないように気を張っていました。その為、毎月洋服代で働いたお給料は半分になってしまったり、いいことはありませんでした。(20代、女性)

聞いてもOK? 面接で確認しておきたいこと

  • 自分の好きな服を着ての勤務が認められるか聞いて良いの?

    問題ありません。服装自由とは言っても職場ごとに最低限のルールが設けられています。特に飲食店店員など人前で働く仕事に関しては、自由な服装といっても清潔で不快感をあたえない服装でなければ認められません。この場合の服装自由の意味は「好きな服で仕事をする」ということではなく「私服で勤務する」ということだと理解しておきましょう。バックヤードの仕事では本当に好きな服を着用してかまわなということもあります。最初に最低限のルールを確認しておきましょう。

  • 服装だけでなく髪型も自由なのか聞いて良いの?

    ぜひ聞いておきましょう。服装自由のバイトであっても髪型の自由が認められるとは限りません。特に髪の色に関しては自由が認められないこともあります。バンド活動をしながらバイトを探している人にとっては髪型は大きな問題です。採用後に髪型がふさわしくないと言われても困ります。必ず採用前の面接の段階で髪型についてのルールについて確認し、どのような髪型であれば勤務可能なのかを尋ねておきましょう。

  • 勤務中に服が汚れたり破れたりする可能性について聞いて良いの?

    面接時に必ず質問しておきましょう。服装自由の仕事の大半は服が汚れたり破れたりする可能性が低い仕事ですが、中には汚れや破損の可能性がある作業もあります。例えばイベント会場設営などは機材を扱う最中に汚れる可能性がありますし、体を動かすことで私服が汗で汚れてしまいます。作業着や制服が無いからといって服に全くダメージが無いとは限りません。制服や作業服が無いのですから私服の管理や着替え準備も個人の責任になります。