紺野彩夏

AYAKA KONNO
モデル・女優

「自分だけの個性を磨きたい」
次の夢の実現に向けた
今の私の目標です

CMや雑誌で活躍し、その透明感あふれる美しい姿が「白き妖精」と話題の紺野彩夏。2016年には女性ファッション誌『Seventeen』の専属モデルとなり、2017年1月には初出演映画『恋妻家宮本(こいさいかみやもと)』が公開と活躍が目覚ましい。ビジュアルだけでなく、新たな才能と存在感を放ち始めた、ネクストブレイク必至の若きイツザイの今に迫る。

監督からの超難問
背中で怒りを表現!?

映画『恋妻家宮本(こいさいかみやもと)』では、責任感が強く、友だち思いの少女・菊池原明美(通称メイミー)を演じました。台本を読んだときに、メイミーの性格が自分と似ていて、共感できる部分がたくさんあり、ぜひこの役を演じてみたい! と思ったので、オーディションに受かった、と聞いたときは本当にうれしかったです。この作品は私にとって初の映画出演作です。本格的に演技に挑戦する初めての経験となりました。印象に残っているのは、監督から「背中で怒りを表現してほしい」という指示のあったシーンです。怒りを背中で表現するなんて考えたこともなかったので「それっていったいどんな背中なんだろう???」と悩みまくりました。カメラが回る前に、メイミーの心情を深く考えながら、自分の身の回りで起きた「腹立たしいこと」を思い出して怒りを溜め込み、スタートがかかったら一気に背中で発散……したつもりなのですが、観てくださった人にメイミーの怒りが伝わるといいなと思っています。楽しかったのは教室のシーンです。クラスというものがあると、本当の学校と同じで一人ひとりに役割ができてくるんですよ。この子はお調子者、この子はしっかり者、ちょっと静かな子などなど、しばらく一緒に過ごしているとキャラクターができてきます。シゴトの枠を超えて本当のクラスメイトのようになっていく様子はとてもおもしろかったです。ほかにも、主演の阿部寛さんの、演技に対する姿勢を近くで見ることができたことや、天海祐希さんからアドバイスをいただいたことなど、役者として勉強になることばかり。この貴重な経験を活かして、これからもお芝居の幅を広げていきたいです。

部活とシゴト、どっち?
迷った末に出た答えは!?

芸能界デビューは赤ちゃんのとき。記憶があるのは幼少期くらいからです。当時は、現場に行くと同じ年くらいの子どもたちも多く、友だちに会うために遊びに行っている感覚が強かったと記憶しています。シゴトって楽しいなという気持ちが芽生え始めたのは小学校の3、4年生くらいから。かわいい洋服を着て、髪をセットして、メイクもしてもらえる、キラキラした時間。ほかの友だちは経験していない特別感もちょっとうれしかったですね。初めて迷いが生じたのが中学1年生のときです。部活に入るかどうかで、ものすごく考えた時期があります。部活に入らないと一緒に帰る友だちもいなくなっちゃうし、クラスの話題にもついていけないかもしれない。でもシゴトをしながら部活をしたら、どっちも中途半端になってしまいます。たくさん考えた結果、部活はあきらめてシゴトに集中することにしました。理由は、その当時から雑誌『Seventeen』の専属モデルになりたい、という夢があったからです。

彩夏ならコレ!
「らしさ」、探し中です

念願の『Seventeen』専属モデルになれたのは2015年、高校2年生になっていました。あの日、急に事務所から呼び出しがあったから「私、何か悪いことした?」とドキドキしたことを覚えています。事務所に到着すると応接室に通されて『Seventeen』の専属モデルに決定したと伝えられました。実は、高校2年生というのは『Seventeen』専属モデルのスタートとしては遅い年齢なのですが、それでも頑張れるかどうかと聞かれたのです。もちろん答えは「やりたい!」。うれしくて涙しちゃいました。この日までは『Seventeen』専属モデルになることが目標。その後は、自分の個性をどう表現していくかを考えています。たとえばですが、私はセーラームーンが好きとか、ファッションだったらシンプルなものがお気に入りだけど、シンプルな中にも最近の流行りがちゃんと入っているようなコーディーネートができるとか……。彩夏だったらコレ! とみんなにすぐに思い出してもらえるようなアイテムやキャラを研究しているところです。それを確立して、『Seventeen』で特集を組んでもらうことが目下の目標です。2017年は受験生、進路を決める節目でもあります。私は大学に進んで英語の勉強をしたいと考えています。英語が堪能になったら、きっとシゴトの幅も広がると思います。海外の俳優さんにインタビューするような新しいことにも、どんどん挑戦していきたいです!

キテる!アガる!おしゃれアイテム

キュートな黒のタイトスカート!
最近買った黒のタイトスカートがお気に入りでヘビロテ中です♪大きな花柄の刺繍が2つあって、シンプルに見えて、すご~くかわいい。ダスティピンクのベロアの長袖シャツにレースアップシューズなどで合わせています。シゴトのときに着て行くと気分もヤル気もアガっちゃいます!