お客さまにぴったりの

美しい着こなしを提案!

平均時給
907

平均年齢
24

男女比率
2:8

シフト自由度

5ポイント

未経験OK度

9ポイント

学生歓迎度

3ポイント

オシャレ自由度

4ポイント

特典充実度

10ポイント

社員登用度

4ポイント

an流 データで見る職種
※2015年「an」調べ※グラフは最大値10ポイント

アパレル販売のシゴトとは
ファッションに敏感な若者の間で特に人気のおシゴト。お客さまと笑顔でコミュニケーションを図り、要望に合ったアイテムをご案内します。服装のコーディネートを頼まれることも多く、幅広い商品知識やセンスが求められます。満足していただけたときの達成感や充実感は格別。一見華やかな職業ですが、立ちシゴトのため結構ハード。品出し・検品など裏方のシゴトもこなさなくてはなりませんが、大好きなファッションに囲まれているのは何より楽しいもの、お客さまとの交流も充実感いっぱい。さまざまな年齢層、職種の人と会話する機会に恵まれるので、人と接することが大好きな人にぴったりの職業です。
アパレル販売の特徴
・さまざまな職業・年齢層の人と接客する
・お客さまにきれいな着こなしを提案する
・清潔感・明るさ・丁寧さが大切
・人と話すことが好きな人に向いている
・立ちシゴトなので意外と体力が重要

アパレル販売のシゴトの詳細

笑顔が第一!レジでの接客

スーツやネクタイを提案するのと同じくらいに、レジでの接客は明るく笑顔で接することが大切。買い物の締めくくりに「楽しかった」とお客さまに満足してもらえると、再来店にもつながります。ジャケットなどは型崩れしないようハンガー付きの専用バッグへ入れます

お客様目線でディスプレイ作成

実際のコーディネートをイメージしやすいように、マネキンに服を着させてディスプレイを作成。ジャケットの生地や色に合わせて、シャツやネクタイを選び、きれいな着こなしを提案します。雑誌のスーツ特集などを参考に、着こなしのヒントを得ることも

商品の仕入れ業務

「ハンディ」を使い、バーコードを読み取る作業。ほかの店鋪からの在庫の問い合わせや、納品された商品をデータ入力する際に行います。多いときにはスーツ200着シャツ100枚など納品されることもあり、素早い作業すが求められます

アパレル販売のグッドポイント

  • 接客を通じてコミュニケーション能力が高まる
  • 就職活動の際には「差が付く」着こなしも可能
  • ビジネスマナーを習得できる
  • 目上の人への接客を通じて社会性アップ
  • 丁寧な言葉遣い、敬語をマスター

アパレル販売の業界用語辞典

  • ハンディ/「ハンディターミナル」のこと。商品のバーコードを読み取る機械。
  • VP/Visual Presentationの略。ディスプレイのことなどを指す。
  • フェイス/スーツとシャツなどを合わせてコーディネートをつくること
  • テーラー/紳士服の仕立て屋さん、または注文服店のこと
  • クリアランスセール/在庫品一掃の大売出しのこと

取材協力

ザ・スーツ カンパニー

東京都中央区銀座四丁目2-15 塚本素山ビル1F・2F

http://www.uktsc.com/tsc/shopinfo/detail/11

販売 のシゴト情報を探す

履歴書&面接アドバイス
「アパレル販売」

履歴書にも面接にも
志望動機のいち例

学生
アルバイトを通じて、社会人になったときに役立つコミュニケーションスキル、ビジネスマナー、スーツの着こなしを身に付けたくて志望いたしました。はたらきながら多くのことを吸収していきたいです。
未経験
ファッション誌を読むのが好きで、自分も人にきれいな着こなしを提案できるようになりたいと思い、志望しました。また、実際に商品を扱いながら、ファッションに関する知識を今までよりもさらに深めていきたいと思います。

よく聞かれる質問Q&A
面接の答えかた例

Q1どんな人がこのお店の洋服を着ると思いますか?
質問のワケブランドへのイメージを理解しているかどうか
A1さまざまな年齢・職業の人が着るクラシカルなデザインのブランドだと思いますが、特に20代後半からの洋服にお金をかけられる世代の人が選ぶという印象です。
お客さまに着こなしを提案していくアパレル販売は、ブランドに対して正しいイメージを持っているかどうかが重要。「清楚」「クラシカル」など、的確にブランドイメージを捉えていると好印象(an編集部)
Q2洋服に興味はありますか?
質問のワケファッションへの関心度の確認
A2ファッション誌を読むことが好きで、普段の服装にも気を使っています。洋服は、その人の第一印象を決める際に非常に重要で、自分がどんな人間かを人に伝えるための手段だと思っています。
当たり前のことだが、洋服に関心がないと、お客さまへの提案もさることながら、スムーズな接客が難しいことが考えられる。高時給や駅チカ家チカといった理由だけで応募してくる人か、本当にファションに興味がある人かどうかを試していることも(an編集部)

※2015年9月1日現在の情報です。
※2016年12月26日更新
※制作物に関わる著作権その他の知的財産権のほか一切の権利は株式会社インテリジェンスに帰属するものとします。
※文/吉田彩乃 写真/渡邊春信

関連記事