看護のプロフェッショナル!

専門知識で活躍の場は幅広い

平均時給
1362

平均年齢
34

男女比率
2:8

シフト自由度

3ポイント

未経験OK度

4ポイント

学生歓迎度

1ポイント

オシャレ自由度

1ポイント

特典充実度

10ポイント

社員登用度

4ポイント

an流 データで見る職種
※2015年「an」調べ※グラフは最大値10ポイント

看護師のシゴトとは
医療機関を中心に、医師の指示に基づいて患者さまの診療を補助したり、過ごしやすい生活の援助をすることが看護師(准看護師)のシゴトです。専門学校や短大、大学で知識を身に着け資格を取得することで現場に出てはたらけるようになります。近年は、薬剤師や栄養士などとチームを組んで行うチーム医療を取り入れる医療機関も増加しており、その場合、より高い専門性を求められるようになっています。さらに、助産師などの関連資格を取得することで、活躍の場を広げることもできます。人の命を支える大切な業務ですから、知識だけでなく、強い責任感や協調性が求められます。
特徴
・入院病棟がある場合はシフト制が多い
・病院だけでなく介護施設など、活躍の場が広い
・時短勤務など条件にあった職場を見つけやすい
・需要が尽きることがなく一生のシゴトになる
・クリニックだと夜勤がない

写真で見るシゴト

専門性の高いパフォーマンス

「鎌倉リハビリテーション聖テレジア病院」でも力を入れているチーム医療。1人の患者さまに対して、薬剤師、管理栄養士、理学療法士など、複数の医療専門職が連携して治療を進めていきます。看護師は看護観点で報告を行い、共有された情報を看護の視点から患者さまへ還元します

寄り添いながら見守る

リハビリテーションに関わる医療機関では、患者さまの車いすからベッドへの移動を手伝うトランス介助や、歩行練習の手伝いも重要なシゴト。目的は自立なので、ただ助けるだけでなく自立を促すような接しかたが必要です

笑顔での健康管理

1番大切なのは患者さまとのコミュニケーションです。血圧測定などの健康チェックも、マニュアル通りに行うのではなく笑顔で会話をすることで、信頼関係が築け、また、コミュニケーションを取ることで患者さまの精神状態も知ることができます

グッドポイント

  • 患者さまの意思をくみ取ることで、コミュニケーション能力が養われる
  • チーム医療では、多職種との関わりが多くなり知識が増える
  • 知識が増えて、自分の生活や家族のケアもできるようになる
  • リハビリを通じて回復、退院する患者さまを見る喜び
  • 協調性のあるスタッフが多く、男女ともに活躍できる職場

業界用語辞典

  • DIV/末梢静脈から行う点滴のこと。Drip In Veinの略
  • バイタルチェック/血圧測定などを通して健康をチェックする
  • HD/血液透析。血液をキレイにして体内に戻す
  • ドライウエイト/血液透析後の目標体重
  • 経管栄養/チューブを介して栄養補給を行う方法

取材協力

鎌倉リハビリテーション 聖テレジア病院

神奈川県鎌倉市腰越1丁目2?1

http://www.st-therese-hp.jp/

医療・福祉・介護 のシゴト情報を探す

履歴書&面接アドバイス
「看護師」

履歴書にも面接にも
志望動機のいち例

主婦主夫
看護学校を卒業後、結婚して退職するまで6年ほど看護師として勤務しておりました。現在、子どもも小学校へ入学しましたので、9:00~16:00の時短勤務ではありますが、看護職に復帰したいと思っています。子どもが中学に入学しましたら、フルタイムで勤務ができればと考えています。
経験者
今まで救急病院や大学病院などで勤務してまいりました。昨今の在宅介護に関してのニュースなどを見て、看護師として在宅介護や訪問看護に積極的に携わりたいと思いました。医療施設以外での勤務は初めてですが、さらなる緊張感と責任感を持って臨みたいと思っています。

よく聞かれる質問Q&A
面接の答えかた例

Q1長所と短所を教えてください
質問のワケ自己認知ができているかどうか
A1長所は「人の話をじっくり聞く」、性格的には穏やかです。短所は「マイペース過ぎる」ことです。ただし長所も短所も、シゴト現場では、あまり突出することなく「シゴトモード」に切り替えてはたらくことができます。
それぞれの個性を大切にしながら、より性格や資質にあった職場への配置を考えている場合などに聞かれる場合が多いので、堂々と答えよう!(an編集部)
Q2看護師は一生続けたいシゴトですか?
質問のワケ今後のライフプランを知りたい
A2周囲には結婚・出産を機に退職した人も多いですが、貴院では産休・育休制度が充実しているほか、近隣の保育園にお子さんを預けて勤務されている現役看護師さんが多数いるとうかがっています。将来は私も先輩たちのように、産休・育休を経て職場復帰して、一生看護師としてはたらきたいと思っています。
より長期的な視野で勤務を考えている人は、それだけでポイントアップ間違いなし!(an編集部)

※2015年9月1日現在の情報です。
※制作物に関わる著作権その他の知的財産権のほか一切の権利は株式会社インテリジェンスに帰属するものとします。
※文/氏家裕子 写真/寺島由里佳

関連記事