「導きのまくら」とは

元ニートの森翔太と現役ニート達が開発したニートの、ニートによる、ニートのためのまくら。ニート達が立ち上がるための仕掛けが詰まったまくらである。

「導きのまくら」完成

メンバーの感想

導きのまくらをつくりあげたニートメンバー達。今回のプロジェクトを通して、彼らの中で変わった事はあるのだろうか。

オバK
内田さん

ニートである事が前提で募集。まさにバリアフリーであり、次世代の求人!短い間とはいえ、「働く前に色々考えすぎて動けない自分」という事を交流して気付きました!思い切って一歩を踏み出す。ブルース・リー師匠の言葉がやっと理解出来ました! 『Don’t Think. Feel!』それでは、May the Force be with you…フォースと共にあらん事を。

おさげ
松井さん

社会で働く事は容易い事ではありませんが、それでも今回のプロジェクトのように自分のスキルや人間性が認めて貰える場所は必ずあるはずだと思いました。メンバーに決まる前から自分に勤まるかどうか不安でしたが、このプロジェクトを通して自分が出来そうな事はどんどんやろう!と意欲的になれた気がします。

社長
山田さん

森さんをはじめとした様々な方々と枕製作に取り組んでいき、人と一緒に物を作ることのなかった自分にとって非常に新鮮で本当に楽しい時間でした。何よりこれまで就職したいと思ったことは人生で一度もなかったのですが、ものづくりに関する技術などを今一度磨いて真剣に就職活動に取り組もうと思いました。

MAD
澤さん

このプロジェクトに参加して、前の自分よりかは前向きになったと思います。プロジェクトメンバーの特技などを聞いて技術力の高さや経験の多さに驚かされ、はじめて経験する仕事の現場を見て、まだまだ知らない世界があると実感しました。この経験を生かして、いい仕事に就けれるようがんばりたいと思います。

STANND UP NEET PROJECTを見てどう感じましたか?
あなたもベッドから立ち上がって一歩踏み出しませんか?

このプロジェクトについて

ニートや非リアと呼ばれる若者たちにも、もっと外に出て欲しい。自分の力を自分以外の人のために発揮する喜びを知ってほしい。その思いを叶えるために、元ニートで、いまや引っ張りだこの森翔太氏をリーダーに迎え、ニートを立ち上がらせるためのプロダクト制作を、実際のニートを交えて行うプロジェクト。

森翔太緊急記者会見

メンバー紹介

プロジェクトリーダー

森翔太

映像監督/俳優/ディレクション。元ニート
全編自画撮りのドキュメント的映像や、自作ガジェットをフューチャーした映像、ディレクションもつとめたドラマ的な演出映像など、様々な作品を制作。代表作「仕込みiPhone」の動画は、YouTubeにて通算約400万回再生され、国内外のテレビメディアで取り上げられる。
好きな言葉:愛するよりも愛されたい

【Twitter】
【HP】http://morisatoh.jimdo.com/

ローマ

田中さん

ニート歴?年。
一年半で1000本もの映画を見るほどの映画好き。
その中でやりたいことが見つかり、
今回の募集を何かのチャンスと感じ応募。
写真撮影が趣味。

おさげ

松井さん

ニート歴1年5ヶ月。
絵画からメディアアートまで幅広く勉強し、
デザイン留学経験もあるハイスペックだが、ニート。
ニートである自分を肯定した方がいいとの考えで参加。
好きな言葉:ねんね

オバK

内田さん

ニート歴1年。
心霊映像を作っていたのでこのあだ名に。
毎日早く起きるものの、散歩や掃除以外にすることがない。
たまに自主映画を作っては一人で喜んでいる。
このままでは自分が本物の幽霊になってしまうという危機感から応募。
好きな言葉:Don't think,feel.

社長

山田さん

ニート歴1年6ヶ月。
そもそもバイトの面接にほとんど行ったことがない。
火を吹くロボットづくりに関しては自信あり。
カフェに行ったり、スポーツをテレビで観戦したりして過ごしていたが、
かねてからシンパシーを感じていた森さんのツイートを見て、応募。
好きな言葉:がんばろう!

MAD

澤さん

ニート歴1年4ヶ月。
いわゆるオタク。MAD動画とプラモづくりが得意。
夕方には起床するが、そこからインドアな時間を過ごしている。
このままではいけないと一念発起し、応募。
好きな言葉:戦わなければ生き残れない!

Twitterにいるみんな

そう、このプロジェクトは、上のプロジェクトコアメンバーだけではゴールできないだろう。Twitterで意見をくれるみんなの存在が必要。ヒントになりそうな意見やアイデアは、#こんなまくらがあれば二度寝しない をつけて投稿してほしい。

プロジェクトのゴール

ニートたちが立ち上がれない理由は、ついついダラダラしてしまうベッドにある!そんな仮説のもと、森翔太を中心に実際のニートたちと企画会議を重ねて、「導きのまくら」を制作。それぞれの特技やスキルを活かし、制作に挑んだニート。「導きのまくら」の開発を通し、彼ら自身も一歩踏み出すきっかけとなる「何か」をつかんだようだ。

メンバーたちの心境の変化を見る

今後の流れ

あなたの意見が
プロジェクトを後押しする。

正しく表示されない場合は下記のリンクより最新のブラウザをダウンロードしてご使用ください。
・最新版Internet Explorerはこちら
・最新版chromeはこちら
・最新版safariはこちら
・最新版firefoxはこちら