北米ツアー最終日の熱狂をレポートせよ!5 Seconds Of Summer with ONE OK ROCK LIVEレポ海外特派員 急募!
急募!LIVEレポ海外特派員募集!


ワン・ダイレクションのワールド・ツアーに同行し、世界的人気を得たポップ・ロックバンド、ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーと日本を代表するロックバンド、ONE OK ROCKの2バンド北米ツアー最終日にセントポールにある会場Xcel Energy Centerへ行き、その熱狂模様をレポートする海外特派員LIVEレポーターを募集。
多数の応募から選ばれた1名が海外特派員として潜入したレポート記事が遂に公開!

今回、非常に協力的にサポートしてくれたバンドメンバーや海外ファンのために、急遽特別に英語の翻訳テキストも入れることとなった。熱狂的なライヴの模様をぜひチェックして欲しい!

Back in July, there was a fly-away contest to go see a world-wide famous pop rock band “5 Seconds of Summer” and Japan’s No.1 rock band “ONE OK ROCK” at Xcel Energy Center in St. Paul, Minneapolis (USA). Out of a number of applicants, one lucky girl was chosen and here is her “tour report”. Special thanks go out to all the help and kind support from the band members and the US fams. (And that is why we’ve written English translation below. )




開演3時間前の午後4時。 早くも会場前はこれから行われるサウンドチェックを待ちわびる現地のファンたちで賑わっていた。

4 PM. Just 3 hours before the show was supposed to start. There were already so many fans waiting to get in for the sound-check viewing outside of the venue, mostly girls in their early 20’s.


20代前後の女子を中心に、5SOSのトレードマークである黒スキニーを履く者、マイケルの髪色を真似て緑髪にした者や着ぐるみを纏った者など、皆思い思いのファッションを身に纏っており、ライブへの気合が窺える。

There were fans wearing 5SOS signature style - black skinny jeans, girls with green hair just like Michael, and fans wearing costume… all of them were dressed respectively to represent how much they love 5SOS.


開演前の会場にはサウンドチェックに参加できる特別チケットを手にした一部のファンしか集まっていないにも関わらず、彼らの登場を待ちわびるファンたちの凄まじい熱気が立ち込めていた。

Here we were, in an empty stadium before the show time, it was already filled with excitement by a few very lucky fans who won the tickets to view the sound check of 5SOS’s show.


係員の煽りで盛り上がりもピークに達し、5SOSの掛け声が響く中、ついにステージ上に彼らが登場した。 会場中に轟く歓声。
颯爽と笑顔で登場し、「Out Of My Limit」を歌い上げると彼らはステージの先端までやってきて腰を下ろし、ファンとのトークタイムが始まった。運よく選ばれたファンたちは彼らに思い思いの質問を投げかける。
「コンサートを主催できるとしたら誰をゲストに呼ぶ?」「5SOSを知らない人に初めて聴いてもらいたい曲は?」「高校時代の思い出は?」などの質問に冗談を交えながら答え、終始リラックスムードでトークが行われた。
最後の質問を終えると、「If You Don’t Know」、「Catch Fire」を歌い上げ、1時間あまりのサウンドチェックイベントは本番への期待を残して終了した。

We heard an announcement which hyped us to the max when we had been already anxious to see the guys on stage, just as we started screaming “5SOS”, they finally came on stage.
Cheers of joy filled up the whole stadium.
They walked up on stage with big smile and after finished singing “Out Of My Limit”, they all sat at the edge of the stage and began a talk session with fans. We were not only lucky to see their sound check but to be able to ask a few questions!
“Who would you want as a guest if you had a total control of the production of your concert?” “Which song would you recommend someone who has never heard of 5SOS to listen to first?” “What do you remember the most about high school?”
They answered all of our questions sincerely and very friendly, and joked here and there to make us laugh.
They sang 2 more songs, “If You Don’t Know” and “Catch Fire”, after the talk session and the special 1 hour sound check viewing event had to come to an end with even more higher expectation and excitement for the actual show that was about to start.



多くのファンが一度退場し本番開演に備える中、ミート&グリート券を手にしたわずか10組ほどだけが会場に残される。荷物を預け、舞台裏に通される頃には私の緊張はピークに達していた。私の順番は一番最後。彼らの待つ部屋からはファンたちの悲鳴が漏れ聞こえ、ミーグリを終えて戻ってくる彼女たちは顔を真っ赤にし、抑えきれない興奮を友達と叫びあっている。
全てのファンが退場し、いよいよ次は私の番。震える手でドアを開けると、メンバー全員が並んで笑顔でこちらを出迎えてくれた。
「…Hi!」挨拶を交わし、日本から来たことを告げると「わぁ、よく来てくれたね!」「疲れてない?」など優しい言葉をかけてくれる。
「マイケルは日本のアニメが好きで、ドラゴンボールZやポケモンも見ていたようですが、みなさんポケモンGOはやっていますか?」と尋ねると、ルーク、カラム、アシュトンは首を横に振る中、さすがのマイケル。自身のスマホでポケモンGOの画面を見せてくれた。
「君はONE OK ROCK好き?」今度はメンバーからの逆質問。
大きくウンウンと首を縦に振り、「何度もライブに行ってます!」と答えると「僕たちも大好きだよ。素晴らしいアーティストだ。」と返してくれた。ONE OK ROCKとの親交の深さが窺えた。
楽しい時間はあっという間に過ぎ、記念の写真撮影を終えると最後にメンバー全員がハグをしてくれた。
「ライブ、楽しんでね!」
憧れの大スターを前に緊張していた私をあたたかく、優しく迎え入れてくれた。

Among our lucky fans who got to see the sound check, there were even more lucky 10 pairs of fans who received the meet & greet tickets, including myself. We were asked to stay while others were escorted out the stadium. We were asked to leave our belongings with the staff then escorted to the back stage. My heart was pounding. I was the very last in line. There were sounds of fans screaming and crying of joy coming out of the room and each one of them coming through the door with their face all red and were all screaming and cheering with their friend with excitement how amazing it was what just happened in that room.
Now all the other 9 pairs had gone, it was my turn. I opened the door with my shaky hand, and there they were…. all of them greeting me with big smiles!
“Hi!” When I told them that I came from Japan, they told me how excited to see me coming all the way from Japan to see them, and even asked me if I wasn’t tired and if I was okay…. They were very concerned and sweet to me.
“I heard Michael loves Japanese Anime and a fan of Dragon Ball Z and Pokemon…. Are you guys into Pokemon Go?” I asked.
Luke, Calum and Ashton shook their heads NO, but of course, Michael, never disappoint us! He showed me the actual screen of Pokemon Go on his phone!
“Do you like ONE OK ROCK?” Then they asked me a question.
I shook my head YES and said “I’ve seen their several concerts.” And they said “We love them too. They are such a great band.” The way they talked about ONE OK ROCK showed me how close and how much they respected each other.
When you are having fun the time goes by real fast…. We took a photo together and they all hugged me before I left the room and said “Have fun at the show!”
They welcomed me with open arms and made me feel calm when I had a butterfly in my stomach to meet my idol and a big star!!



舞台裏を後にし、会場へ戻るとホールは満員になっていた。
用意された席は最前列のセンター席。身を乗り出せばステージに手が届きそうな距離だ。アメリカンサイズのジュースを片手に開演を待ちわびていると舞台は暗転し、一斉にみなが立ち上がり歓声を上げる。
ONE OK ROCKの「The Way Back」から公演はスタートした。
ステージの先端から左右隅々まで動き回り観客を煽るボーカルのTAKA。会場はすっかり一体となった。激しいヘドバンに応えるように会場が激しく揺れる。
新曲の「Hard To Love」ではスマホのライトで会場が包まれる幻想的な空間の中、みなが彼の歌声に聴き入る。
「Decision」、「Mighty Long Fall」と続き、「5SOSの準備はいいか?」と投げかけ、会場に悲鳴にも近い歓声が鳴り響く中、彼らはステージを後にした。

By the time I came out from the back stage, the stadium was already full of people. The seat I was given was the front row and right in the middle of the section. It was so close to the stage, I could have been able to touch it if I reached my hand over. I was so anxious waiting for the show to start with a big “American size” drink in one hand, then the lights went off and everyone in the audience were on their feet and started screaming.
The opening act, ONE OK ROCK, came on stage and kicked off the show with the song, “The Way Back”.
TAKA, the vocalist was moving all over the stage, left to right, hyping up and working with audience, and they responded him by head-banging so hard that the whole stadium was shaking. The whole place was filled with dreamy lights of smart phone when he started singing a new song, “Hard To Love” and everyone in the audience was so mesmerized by his vocal.
He finished off with “Decision” and “Mighty Long Fall” and before they stepped off stage, as TAKA shouted “Are you ready for 5SOS?!” everyone started screaming and crying of joy for 5SOS!



5SOSコールが鳴りやまぬ中、「Carry On」で遂に5SOSのステージが始まった。会場のボルテージは最高潮。歓声で鼓膜が破れそうだ。「Hey Everybody!」、「Money」、「Voodoo Doll」と続き、会場はさらに熱を帯びる。ファンたちが飛ばすカラフルな風船でステージがポップに彩られる。

While the audience continued calling for 5SOS, they came on stage with the song “Carry On”.Everyone was going crazy with excitement and was so loud that I thought my ear drum would pop! As they sang “Hey Everybody!”, “Money”, “Voodoo Doll”, everyone in the audience were becoming one with excitement. The stage started to get colorful with all those balloons that fans were throwing at the stage.


「Waste the Night」、「Vapor」と続くラブソングでは、胸に手を当てて歌詞を口ずさむ女の子たちにつられて私もメロディーを口ずさむ。「Amnesia」では再びTAKAが登場し、5SOSとのコラボレーションが実現した。切ない歌声に心を打たれる。

When it got slowed down with love songs like “Waste The Night” and “Vapor”, all the girls were singing along with their hands over their hearts, and I started humming the melody. TAKA came out on the stage again to join in the song “Amnesia”, what an amazing collaboration! The heartrending voice struck my heart.


曲と曲の間に行われるメンバーのトークでは、ツアーへの想いやファンたちへの言葉が投げかけられ、観客の心をとらえて離さない。「End Up Here」ではアップテンポなリズムに合わせたジャンプで会場が揺れた。 計17曲を歌い終えたところで、マイケルが締めの言葉を語り始めたが、アンコールを求める歓声で言葉はかき消される。そのパワーは耳が痛くなり思わず塞ぐほどだった。

5SOS never forget to communicate with fans between songs, they continued to tell us how they felt for us and tried to communicate with all the fans. An up-tempo song “End Up Here” made us all jump. Michael started saying good bye after finished singing 17 songs, but it was interrupted by fans cry of plead to give them encore. It was so powerful and loud enough to hurt my ears that I had to cover them.


再び彼らが登場すると、「She’s Kinda Hot」が歌われ、ラストは彼らのデビュー曲である「She Looks So Perfect」で、大盛況の中ライブは幕を閉じた。

They came back on stage for the encore and sang “She’s Kinda Hot” and their debut single “She Looks So Perfect”, and that ended while it was a big success.


実は今回、飛行機が大幅に遅延し、ミネソタに到着するまで成田から丸一日以上かかってしまった。そのことを事前にメンバーに伝えたところ、ライブ中のMCで、「今日は日本からはるばる30時間かけてファンが来てくれているんだ!」とアシュトンが言い、メンバー全員がこちらに手を振ってくれた。ライブの最後には、マイケルがこちらをしっかりと見ながらペットボトルを投げてくれ、ステージから降りた彼からのハグをもらった。
世界を舞台に活躍する大スターなのに、フレンドリーで気取らない気さくな態度と溢れるサービス精神で私たちをあたたかく迎え入れてくれた5SOS。彼らが世界中から愛され、ファンの心を捉えて離さない理由が分かった気がした。
今回のレポート体験を通して、彼らのパフォーマンスの虜になると共に、今まで以上に5SOSのことが好きになった。
最後になりましたが、一生の思い出に残るような素敵な企画に参加させてくださり、ツアー同行のサポートをしてくださったスタッフの皆様に感謝します。
本当にありがとうございました。

森田 由乃

It actually was a quite journey getting to the concert. Due to my flight delay, it did take more than a full day to get to Minneapolis from Tokyo/Narita. Probably because I had mentioned about the journey when I saw them, Ashton suddenly announced to the audience during the concert “There’s a fan who spent 30 hours to fly in all the way from Japan tonight” then they all looked straight at me and waived their hands.
At the end of the concert, Michael looked at me and throw me a bottle of water and then also came off stage to hug me.
They are one of the globally famous big stars/bands but they are so down to earth, friendly, warm and kind, and welcomed us fans with open arms. It made me see why the world love them and what makes the fans to stay loyal to them.
I had always loved 5SOS but as I got to experience this journey as an official reporter for Japan and witnessed their live performance, I have fell in love with them even more.
At last but not least, I would like to thank all the staff members who supported and accompanied me throughout this special report tour. I am grateful that I had such an amazing opportunity to participate in a project I will always remember. Thank you from the bottom of my heart.

Yuno Morita


アーティスト紹介

≪5 SECONDES OF SUMMER プロフィール≫

5 Second of Summer

“5SOS(読み:ファイヴ・ソス)”の愛称で知られるポップ・ロック・バンド、ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー。オーストラリアはシドニー出身。グリーン・デイやグッド・シャーロットなどのバンドに憧れ、2011年、同じ中学校の同級生であったルーク、カラム、マイケルの3人を中心に結成。そして、人生初のライヴを行うため、ドラマーを探していた際にfacebookで見つけたアシュトンを仲間に入れ、2011年12月に現在の形に。(アメリカやイギリスではなく)オーストラリアという、地理的にハンデがある場所に住んでいると自信を捉えていた彼らは、ジャスティン・ビーバーやワン・ダイレクション、ブリンク182やオール・タイム・ロウなどの楽曲を次々とYouTubeに公開し、国内にて口コミで人気を博す。その後、世界中のレコード会社や事務所の争奪戦を経て、2013年、ユニバーサルミュージック傘下のキャピトル・レコードと契約。2014年にデビュー・アルバム『ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー』を発表し、世界76ヶ国のiTunesで1位に輝くだけでなく、全米アルバム・チャート1位、全英アルバム・チャート2位を獲得。昨年2015年に発表した2ndアルバム『サウンズ・グッド・フィールズ・グッド』は、自身初の全米・全英アルバム・チャート共に初登場1位を獲得!今、世界で最も勢いのある要注目バンドだ。

5 SECONDES OF SUMMER 公式サイト:
http://5SOS.jp




≪ONE OK ROCK プロフィール≫

ONE OK ROCK

2005年にバンド結成。エモ、ロックを軸にしたサウンドとアグレッシブなライブパフォーマンスが若い世代に支持されてきた。 2007年にデビューして以来、全国ライブハウスツアーや各地夏フェスを中心に積極的にライブを行う。 2010年に日本武道館、2012年に横浜アリーナ2デイズ開催するも即日ソールドアウトする。 2013年は6枚目となるアルバム『人生×僕=』を発売し、全国6カ所11公演10万人を超えるアリーナツアーを開催する。 2014年には横浜スタジアム2日間、初の単独野外ライブで計6万人を動員する。 さらに2015年はアルバム『35xxxv』を発売し、全24公演26万人を動員のアリーナツアーを成功させた。 そして日本のみならず海外レーベルとの契約をし、アルバム発売を経てアメリカ、ヨーロッパ、アジアでのワールドツアーを成功させるなど世界基準のバンドになってきている。

ONE OK ROCK 公式サイト:
http://www.oneokrock.com/jp/



超バイトとは…

あらゆるジャンルにわたり、思わず挑戦してみたくなる企画「超バイト」!! 今の「じぶん」から一歩踏み出す。その「きっかけ」になるような「超楽しめる体験」をお届けしていきます!!

その他の超バイトはこちらから!

アルバイト情報満載!

その他のバイトはこちらから!

超バイトとは…

あらゆるジャンルにわたり、思わず挑戦してみたくなる企画「超バイト」!! 今の「じぶん」から一歩踏み出す。その「きっかけ」になるような「超楽しめる体験」をお届けしていきます!!

その他の超バイトはこちらから!
このエントリーをはてなブックマークに追加
line

ページ上部へ戻る

an TOPへ戻る