記事検索

人気記事ランキング

集計期間:1/1~1/31

2016年 若者人気アルバイトランキング 今年の人気アルバイトの傾向は?

anレポートでは15歳から24歳までの若者を対象に、今年も「やってみたいアルバイトのブランド(店舗)」のアンケートを実施。今回は、その結果を回答者の声とともにランキング形式でお届けします。若者から多くの支持を集めたのは、どんなブランドなのでしょうか?上位に挙がった人気のアルバイトの傾向を参考にしていただき、ぜひ採用活動にお役立てください。

関連:「就活に役立つと思う」バイトランキングはこちら


調査概要
【調査地域】全国(インターネットリサーチ)
【調査対象】15-24歳、アルバイト経験もしくは今後のアルバイト就業意向がある人
【調査期間】2016年8月5日~8月10日
【調査方法】インターネット上のアンケートで、アルバイト希望ブランド(店舗)を最大5つまで選択肢から選ぶ・または自由記入する方式で回答してもらう。昨年と今年の調査の違いとして、今年はアンケート回答方法を選択肢から選ぶ形式を採用。
【有効回答数】2,243サンプル(そのうち、高校生:393サンプル、大学生:754サンプル、フリーター:219サンプル)


人気アルバイト ランキングトップ20位


 15~24歳の若者2,243人に対し「やってみたいアルバイトのブランド」についてアンケートした結果、ランキングトップ20位は以下のようになりました。

2016 人気バイトランキング

 2016年の「やってみたいアルバイトブランド」は、昨年に続き「スターバックスコーヒー」が第1位に輝きました。同じカフェ系ブランドでは、「コメダ珈琲店」が昨年の42位から大幅に順位を上げ14位、「ドトールコーヒー」が18位と今年もトップ20位以内にランクインするなど、根強いカフェ人気が伺えます。また、コンビニ系ブランドも変わらぬ人気を見せました。2位の「セブン‐イレブン」をはじめ、6位「ローソン」、12位「ファミリーマート」が今年もランクインしています。テーマパーク系ブランドでは、「東京ディズニーランド」が3位、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」が11位と根強い人気です。上位3位(「スターバックスコーヒー」「セブン‐イレブン」「東京ディズニーランド」)の顔ぶれ・順位は2015年度調査と全く同じとなり、若者から絶対的な人気を集めていることが伺えます。

 今回大きな躍進を見せたのが4位の「サーティワンアイスクリーム」。また、5位「アニメイト」、7位「タワーレコード」、9位「ブックオフ」といった、若者が興味のある趣味(アニメ・音楽・本)の延長で仕事ができそうなアルバイト先が昨年から大きく順位を伸ばしています。それではここからランクインしたブランドの傾向を、回答者のフリーコメントと共に詳しく見ていくことにしましょう。

働いてみたいと強く思わせる「人」の魅力


 今年もやってみたいアルバイトの上位にランクインしたカフェ系ブランド。アルバイトをしたい理由の多くは「おしゃれ」で「憧れるから」といったものが中心で、男性よりも女性受けの良い職種です。ところが、1位に輝いた「スターバックスコーヒー」では、回答者のフリーコメントを見ると「おしゃれ」一辺倒ではない意見が多く見られ、男性人気も高いのが特徴です(男性別2位)。

 回答者のコメントを見ると、「店員さんの接客態度がいい」「難しそうだけどかっこいい。一人前になれる感がある」「働く人の教育がきちんとなされている」といったコメントが特に多く見られました。おしゃれな店舗の内装・雰囲気や、美味しい商品があることが求職者にとって大きな魅力になっているのは間違いありませんが、それだけではなく、臨機応変な接客で働くスタッフに対する憧れや教育制度に魅力を感じ「働いてみたい」と憧れる人も多いのです。

 「スターバックスコーヒー」同様に、「働く人」に対して高い評価が多いのが3位の「東京ディズニーランド」です。回答者のフリーコメントを見ると、「お客様を喜ばせるという、同じ目標に向かって頑張っているキャストさんの姿が輝いている」「キャストさんの対応、魔法の国の世界観、衣装、全てが小学生の頃から憧れ」「従業員の対応が凄いのでここで働ければ自分もそうなりそう」というように、テーマパークとしての世界観だけでなく、高いプロ意識をもって働く人に、多くの求職者が強い憧れを感じています。

 2位の「セブン‐イレブン」、6位の「ローソン」、12位の「ファミリーマート」など、コンビニのアルバイトは男性を中心に今年も人気です。各社とも共通して「身近だから」「よく行くお店だから」という理由が圧倒的に多いものの、「セブン‐イレブン」では「感じの良い人達が働いているから」「楽しそうに働いているから」と働く人に対するコメントが比較的多く見られたのが特徴です。また、8位の「マクドナルド」でも「てきぱきしているところがかっこいい」「社会の基礎を教えてもらえると学校の先生が言っていた」というコメントが見られています。

 このように、上位にランクインしたアルバイトブランドを見ると、その店舗の雰囲気や商品が好きというだけでなく、「働く人」や「教育制度」に対する高い評価、好印象が伺えます。求職者自身が客として受けたサービス体験や、働いている人が楽しそうだったかを見聞きした記憶が根底にあり、アルバイトを選ぶ際に想起されているのです。中長期的な採用活動においては、既存スタッフへの「人材教育」を強化すること、地道にサービスの品質レベルを上げていき、ブランドイメージを良くしたりファンを増やしたりという循環を生んでいくことが重要だと言えるでしょう。

「楽しそう」「好き」と思わせる仕事は今年も上位にランクイン


 今年大きな躍進を見せたのが4位の「サーティワンアイスクリーム」。特に、高校生女性から大きな支持を集めました。回答者のフリーコメントを見ると「アイスの盛り付けやクレープ作りが楽しそう」「アイスが好き」という理由が中心で、さらに「店員さんがいつも笑顔で楽しそうだから」「服装やお店がオシャレだから」というコメントも見られています。昨年同様14位と根強い人気の「ミスタードーナツ」でも「色んなドーナツに囲まれるのが楽しそう」「ドーナツが好き」という意見が見られています。若年層に対して、こういった「楽しそう」「好き」というイメージは間違いなく募集の際に有利に働くでしょう。

 この他、やってみたいアルバイトとして今年大きくランクアップしたのは5位「アニメイト」、7位「タワーレコード」、9位「ブックオフ」、10位「紀伊國屋書店」、16位「JR東日本」、20位「ジュンク堂書店」です。それぞれ選ばれた理由が「○○(アニメ、本、CDなど)が好きだから」「好きなものに囲まれていたいから」といったものが大多数なのが共通点です。上記のブランドは若者の人気文化がやってみたいアルバイト先として上がっている格好で、話題の新商品にいち早く触れることができることや、同じ趣味を持つ人と交流も大きな魅力であると考えられます。

 なかでも今の世相として、アニメ関連グッズを取り扱う「アニメイト」が5位という高順位を獲得していることが、若者にとってアニメ及びマンガ・ライトノベルといった文化が、(大人が考えるよりも)身近でメジャーなものだと言えるでしょう。しかも男女別では女性の方が上位(男性8位、女性5位)であることから、アニメ文化は男女問わず拡大、浸透しているものと見られます。

 これらの業界でなくとも、例えば「イラスト付きのPOPを描く仕事がある」「店内のBGMの選曲はスタッフに任せている」「同じ趣味のスタッフが多い」といった点が自社のアルバイトでも当てはまれば、若者の採用に役立つ可能性があります。一度自社の状況を見てみるのも一考かもしれません。


【参考】人気アルバイト 回答者フリーコメント集(10位まで)


1位 スターバックスコーヒー

・働いている人が大人っぽくてかっこいいから。
・働く人の教育がきちんとなされているから。
・おしゃれで大人な雰囲気だし、なにより私自身スターバックスのファンなので。
・仕事は大変そうだが、やりがいがあり、ドリンク作りなどが楽しそうだから。
・緑のエプロンをつけたい!全てがおしゃれだから。
・今後のアルバイトに有利になるらしいから。

2位 セブン‐イレブン

・近所にあって、感じの良い人達が働いているから。
・働いている人に活気があるから。
・コンビニで最も利用しているのと、家から通い易い場所にあるから。
・家の近くにあるから。大手だから安心。
・いつも行っているところがとても楽しそうだから。

3位 東京ディズニーランド

・キャストさんの対応、魔法の国の世界観、衣装、小学生から憧れ。
・スタッフの個人個人が輝いているから。
・「常に笑顔!!お客様を喜ばせる!!」という、みんな同じ目標に向かって頑張っている姿が、輝いていて魅力を感じたから。
・沢山の人に夢を与えられる仕事だから。
・従業員の対応が凄いのでここで働ければ自分もそうなりそう。

4位 サーティワンアイスクリーム

・サーティワンのファンでアイス見ているだけでウキウキしそう。
・近くの店舗を見ているとお客様もスタッフも笑顔で楽しそうだから。
・接客をうけて素晴らしかった。
・店員さんがいつも笑顔で楽しそうだから。
・アイスの盛り付けやクレープ作りが楽しそうだから。

5位 アニメイト

・アニメが好きだから、好きなものだらけのところで働いてみたい。
・普段から利用していて、忙しそうだけど好きなに囲まれて楽しそうだと思ったから。
・好きなアニメに囲まれてバイトができ、社員割もあるから。
・アニメが好きであり、その裏方の仕事を手伝えたら光栄だと考える。

6位 ローソン

・普段利用していて、仕事も覚えやすいと思うから。
・感じがいい店員さんが多い気がするので。
・雰囲気が良く、好きなお菓子があるから。
・好きなグループが関わったキャンペーンをすることがあるから。

7位 タワーレコード

・音楽が大好き。音楽に関わった仕事をしたい。
・好きなアーティストがよくタワーレコードでイベントをやるから。
・最新情報や特典の情報が仕入れられる。
・音楽が好きなのでそれに囲まれて仕事がしたいし、イベントもあって楽しそう。同じ趣味の人にも出会える。

8位 マクドナルド

・てきぱきしているところがかっこいい。
・従業員の笑顔が素敵だから。
・時給高くて好きな時間に働けるから。
・社会の基礎を教えてもらえると学校の先生が言っていたので。
・手際よく仕事をこなすことが身につきそうだから。

9位 ブックオフ

・本が好きだから。
・ブックオフをよく利用しているので。
・色んな本を知れて楽しそう。
・私自身良く通い、雰囲気が良い。

10位 紀伊國屋書店

・本が好きでその知識を活かせると思うから。
・本が好きでよく読むとともに、利用回数が多く、本に囲まれていたいから。
・本の種類が多くて好きな本屋さんだから。
・新宿店が私の好きなアニメとコラボしていて、入荷と設置作業が楽しそうだと思ったから。

※すべて実際の若者のコメントであり、内容は事実と異なる場合があります



 以上、人気アルバイトのランキングを見てきましたが、上位にランクインしたブランドには、働いている人に魅力があることや、仕事が楽しそうといった意見が多くありました。このようなイメージを与えられているブランドは、時給や立地といった「条件」に左右されにくい強さがあります。若者に人気のアルバイトの傾向を参考にしていただき、ぜひ採用活動にお役立てください。

メールマガジンにご登録いただくと記事の更新をタイムリーに受け取ることができます。ご登録はこちらからどうぞ

まとめ
  • 上位にランクインしたブランドは、店舗の雰囲気や商品だけでなく、「働く人」や「教育制度」に対する高い評価、好印象が伺える。スタッフ教育の強化、教育制度の整備は中長期的な採用活動において重要だと言える。
  • 「楽しそう」「好き」と思わせる仕事は今年も上位にランクイン。若者が興味のある分野を仕事に取り入れたり、そのような趣味を持つスタッフが職場にもいれば求人原稿や面接の会話の中で採用の一助になりうる。


「anレポート」に掲載されている記事・図表の著作権は、全て株式会社インテリジェンスまたは正当な権利を有した第三者に帰属しています。
当該著作物を利用する場合には、出所の記載をお願いします。
また、編集・加工等をして利用する場合には、上記出所に加え、編集・加工等を行ったことをご記載ください。
WEBサイトに掲載される場合はこちらからお問い合わせください

「an」「LINEバイト」など求人のご掲載、料金のお問い合わせ窓口0120-393-350 [サポート時間]9:30~18:00 土日・祝日及び弊社指定休業日を除く WEBからのお問い合わせ・ご相談はこちら

anに安定的な人材確保をお任せください。

「an」「LINEバイト」など求人のご掲載・料金のお問い合わせ

メルマガ登録

メルマガ限定コラムやサイト最新情報など、採用活動に役立つ情報満載のメルマガをお届けします。

登録する

サンプル・バックナンバーはこちら

メルマガ登録(登録無料)

アルバイトの採用や育成に役立つサイト「an report」から、メルマガをお届けします。
サイトの最新更新情報や、求職者の動向をタイムリーにお届けいたします!

メルマガに登録する(毎月 第1、3火曜に配信)

関連記事はこちら

2017年02月20日 求職者データ <求職者データ>

オープニングバイトの求人で押さえておきたいアピールポイントとは

2017年02月13日 求職者データ <求職者データ>

髪形・髪色自由の求人で若者求職者が知りたいのはその「自由度」 迷う場合は25%が応募を避ける

2017年01月30日 求職者データ <求職者データ>

60歳以上のシニアが希望する人気アルバイト職種・店舗ランキング ~シニアが就きたい仕事とは?~

求職者データの最新記事

ページトップへ

  • 2017 (4件)
  • 2016 (25件)
  • 2015 (9件)
  • 2014 (5件)
  • 2013 (12件)
  • 2012 (10件)
  • 2011 (6件)
  • 2010 (11件)
  • 2009 (13件)
  • 2008 (12件)
  • 2007 (6件)

メディアパートナー

HRpro

HITO総研Report